くぢらちゃんの西へGoGo!東へGo! Rockベースを弾きながら、Harley XR、HONDA NSR、Kawasaki Ninja & KSR、Ducati ストリートファイターに乗る私が、イケイケな奥さん、ケチンボな娘と繰り広げる、楽しい毎日をお届けします。

最近の記事
バルコム広島 福ちゃ…
05/16 13:17
ナイキ エア・ジョー…
05/13 09:43
ラクチン生活
05/10 17:22
Arai アストロ …
05/09 12:23
総本家 しなとらラー…
04/28 12:22
最近のコメント
そうなんですかー。…
くぢらちゃん 04/14 09:29
子供の頃、観音に住ん…
mark 04/14 00:12
いや、恥ずかしながら…
くぢらちゃん 04/11 09:14
かっこいいバイクを選…
mark 04/10 23:08
ぼちぼちさん、おはよ…
くぢらちゃん 03/28 09:22
最近のトラックバック
Firefox ブラウザ無料ダウンロード

ROLEX SUBMARINER 5513 60's

60年代のサブマリーナ、5513です。
sub601.jpg

長針のデザインがよく見るサブとは違うのですが、その頃のアメリカ向けではこんなのがあったのだそうです。
このサブマリーナも、プラ風防だけでなく巻きブレスレットがいい感じです。

ちょっと残念なのは、夜光が焼けてないっていうか、焼けない?こと。
すでに光らなくなってるのに真っ白です。

日本でも、いつかの時期には「日本製のブレスをつけて出荷していた」ということがあったそうですから、このモデルも針や文字盤などがアメリカ製なんでしょうか?

数年前に、某ネットオークションで手に入れたのですが、普段は陶器などを出品しているアメリカ在住の奥様が、旦那様の代わりに出品しておられました。
メールのやり取りにも人柄が感じられるような誠実な方でした。
入手当初からブレスのセンター部分がポリッシュなのですが、「これも歴史」と思ってオーバーホールの際もそのままにしてます。
実はこの時計、僕と同い年(のはずのシリアルNo.なのです。
自分と同じ年月を過ごしてきたのかと思うと、感慨に近いものがあります。
リューズとベゼルがやけに大きく見えるくらいに研磨されて小さくなったケースですが、このままにしておこうと思います。

でも、僕は腕が細いので巻きブレスを詰めなければフィットしません。
sub602.jpg
ブレスの側面が段付きになって不細工、というのもあるけど、今となっては歴史的な価値が出てきたアンティークのパーツに後戻りできないことをするのは心苦しい今日この頃です。
こちこちこっちん | 投稿者 くぢらちゃん 13:15 | コメント(0)| トラックバック(0)
トラックバック
こちらの記事へのトラックバックは下のURLをコピーして行ってください。
コメント
この記事へのコメントはありません。
名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:
<<  2008年 11月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
ホビダス[趣味の総合サイト]
〇Getta Grip 9910 Long Engineer ゲッタグリップ ロングエンジニア【102/202-33vdfdp】

〇Getta Grip 9910 Long Engineer ゲッタグリップ ロングエンジニア【102/202-33vdfdp】