くぢらちゃんの西へGoGo!東へGo! Rockベースを弾きながら、Harley XR、HONDA NSR、Kawasaki Ninja & KSR、Ducati ストリートファイターに乗る私が、イケイケな奥さん、ケチンボな娘と繰り広げる、楽しい毎日をお届けします。

最近の記事
バルコム広島 福ちゃ…
05/16 13:17
ナイキ エア・ジョー…
05/13 09:43
ラクチン生活
05/10 17:22
Arai アストロ …
05/09 12:23
総本家 しなとらラー…
04/28 12:22
最近のコメント
そうなんですかー。…
くぢらちゃん 04/14 09:29
子供の頃、観音に住ん…
mark 04/14 00:12
いや、恥ずかしながら…
くぢらちゃん 04/11 09:14
かっこいいバイクを選…
mark 04/10 23:08
ぼちぼちさん、おはよ…
くぢらちゃん 03/28 09:22
最近のトラックバック
Firefox ブラウザ無料ダウンロード

ベースブリッジのネジについて

以前、フェルナンデスのPJベースの記事で、
「フェンダーの純正部品で、サドル高調整のネジを売ってたので、短いものに換えました。
右手でミュートするときに、このネジが長いと痛いですもんね。」と書きました。
ちょうど、パーツが手にはいったので少し詳しく書いてみようと思います。  nob.jpg


まず、希望の弦高にしてみます。
ビビルくらい低めにしておいて、"強めに弾いたらビビルな"くらいの高さに上げながらするのが僕流です。
すると、コレくらいになりました。

1.jpg

その状態でのブリッジは、サドルから4~5ミリくらい高さ調整ネジが飛び出しています。
これでは右手でミュートするときに手が痛いです。2.jpg
ピックを使って、大きなアクションで振りぬいたりすれば、手を切ることもあるでしょう。
3.jpg短いネジを使えば、画像手前くらいになります。


スパイラルサドル用のネジは、3.5×10というサイズで、Fenderのものなら420円です。4.jpg
筒型サドル用のネジは、3.0×10のサイズとなります。
以前はなかなか流通してなかった印象ですが、この何年かは大きめの楽器屋さんにはFender純正パーツが置いてあるところが増えましたね。
ネジも、USA用のインチサイズのものもみかけます。
パッケージには該当する機種名があり「JB、PB用」「TE用」という表記がありますが、サイズが合えばどれでも用は足りると思います。
こだわるならブリッジの質感にあわせるためにニッケルやステン素材を選ぶということもできそうですね。

ネジ交換の際には一回サドルの中をグリグリまわしてアタリをつけるとよいと思います。
5.jpgネジのバリが邪魔をして、スムースに回らないことも多いです。
この工程をせずに楽器に組み込んで弦を張った状態では、ネジの頭がサドルにもぐるような場面で不具合になる可能性もあるかと思います。

ちなみに、一部の加工精度が悪いものには、この画像のようにドライバーの溝が中心からひどくずれているものも見受けられます。6.jpg
多少であれば大丈夫ですが、画像のものほどずれていると、ドライバーの先端でサドルのネジ山を傷つけたりしかねません。
正しく加工された部品を使いたいものですね。
日記 | 投稿者 くぢらちゃん 14:43 | コメント(0)| トラックバック(0)
トラックバック
こちらの記事へのトラックバックは下のURLをコピーして行ってください。
コメント
この記事へのコメントはありません。
名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:
<<  2008年 11月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
ホビダス[趣味の総合サイト]
〇Getta Grip 9910 Long Engineer ゲッタグリップ ロングエンジニア【102/202-33vdfdp】

〇Getta Grip 9910 Long Engineer ゲッタグリップ ロングエンジニア【102/202-33vdfdp】