くぢらちゃんの西へGoGo!東へGo! Rockベースを弾きながら、Harley XR、HONDA NSR、Kawasaki Ninja & KSR、Ducati ストリートファイターに乗る私が、イケイケな奥さん、ケチンボな娘と繰り広げる、楽しい毎日をお届けします。

最近の記事
バルコム広島 福ちゃ…
05/16 13:17
ナイキ エア・ジョー…
05/13 09:43
ラクチン生活
05/10 17:22
Arai アストロ …
05/09 12:23
総本家 しなとらラー…
04/28 12:22
最近のコメント
そうなんですかー。…
くぢらちゃん 04/14 09:29
子供の頃、観音に住ん…
mark 04/14 00:12
いや、恥ずかしながら…
くぢらちゃん 04/11 09:14
かっこいいバイクを選…
mark 04/10 23:08
ぼちぼちさん、おはよ…
くぢらちゃん 03/28 09:22
最近のトラックバック
Firefox ブラウザ無料ダウンロード

バルコム広島 福ちゃんツーリングで一鶴へ!

05150.JPG
梅雨を目前に、バイクが楽しい季節のおわりも秒読みですが、皆さんバイク乗ってますか?
We face rainy season, that just like count down. Are you enjoying ride your wings?

昨日の日曜は、XR1200を買ったバルコム広島主催のツーリングに参加して四国の坂出に行ってきました。
I visited Sakaide-Sihkoku,joined touring by Hiroshima local H-D dealer's touring.

いつもなら、日曜の朝には雨が降らなければちびっこバイクでスリスリする僕ですが、ツーリングでたっぷりバイクに乗れることがわかっているので、6時半に起きて家の庭を掃除しました。
I always ride mini bike for knee slide in usual Sunday morning with out rain, but didn't then coz ride enough at touring.
Wake up 6:30, I clean up out side my house.


05151.JPG
タカシ・ダビッドソンと待ち合わせてから、集合場所の小谷サービスエリアにて。
Joined with my friend Takasi-Davidson, we arrive start point "Kodani-service area" on Sanyo-exp. way.

この日はせんせいもサポートスタッフで参加しておられて、たくさん写真を撮っていただきました。
My bass instructor "Master Keisuke" there as support staff, he care for our pictures.
05152.JPG
僕とせんせいはOGKのFF4Rを使っていますが、いつもオソロだとモーホ説がウワサでなくなってしまうので、この日は色違いのOGK-FF4Rアストラルでキメてみました。
Master Keisuke and my self using OGK Helmets FF4R. Hesitate rumor as "Homo sexual", haha, I chose Astral colored one.

05153.JPG
被り心地は快適なFF4Rですが、風切り音はちょっとイタダケナイ。この音で疲れちゃう~。
OGK FF4R Helmets has nice fitting feel, but big wind noiz over 110km/h. This big noiz make me tired.

瀬戸大橋の途中、与島サービスエリアから目的地の一鶴までの約40分、せんせいのBuell XB9Sに乗せてもらいました。
I ride Master's Buell XB9S from brake point Yohsima service area to chicken restaurant goal almost 40 min.
05155.JPG
途中で道を間違えてしまい、片手でiphoneのナビを見ながらUターンもしなきゃならなかったのですが、ちいさなXB9Sなら余裕。
Few riders and my self lost our way, and I have to ride one hand for navi searching using my iphone. But there is no stress, small XB9S help my ride.
05156.JPG
1時間ほどお座敷でのんびりして、名物の「ひな」と「鶏めし」をいただきました。うまうま。
We reserved big tatami place and take squab leg and chicken rice. Exelent!
05157.JPG
仲良くしていただいた参加者の方の写メも撮りたかったのですが、迷子になったときのナビで思いのほか電池を消費してしまったのでガマンガマン。
I wish if my iphone has battery enough, take photo about other riders. But navi make worn out power when we lost way. I need save electric power, sorry!

そのまま現地解散でも良かったのですが、せっかくなのでバルコム岡山店の創業際にお邪魔しました。
After lunch, we can go back but visit open anniversary as H-D dealer "Balcom OKAYAMA".

さすがディーラー、かっこいいカスタム車両やハーレーアパレルがいっぱい。
There is so many cool custom H-D and apparel.

僕のお気に入りはサマーコレクションのHalf mile jacketです。
My best choice is new summer selection "Half mile jacket".

05158.JPG
レーシングタイプのジャケットは、ハーレー純正アパレルの中でも細身でなかなかかっこよく、日本人の体型にも合います、、、、、が、このモデルは172センチの僕がSサイズを着ても丈と袖が長いのです。 えかった、ぴったりじゃったら買ってしまうところじゃった(笑)。
H-D racing jacket is good sizing than other H-D jackets for Japanese.
I tried half mile jacket Small size but too long for me, my height is 172cm, but.....
Good, if that jacket was my size, I couldn't stop buying! haha.....

05159.JPG
帰り道はしばらくせんせいと一緒だったのですが、車に割り込まれるうちにはぐれてしまい、青いウルトラのおじちゃんと広島までランデブーで戻りました。
On return trip, spending Master Keisuke but lost him in my site by some cars obstructs keep our formation. When I arrive Hiroshima, my home town, we are just 2, Blue ultra Old man and my self.
051591.JPG
腕の日焼けを見ると、昨日のゴキゲンな時間がよみがえりますー。
Sunburn on my arms remind me yesterday's happy ride.


自由の翼 | 投稿者 くぢらちゃん 13:17 | コメント(0)| トラックバック(0)

Arai アストロ AstroIQ オリエンタル

IQ1.JPG
刺青の和柄がひときわ眼を引く、Araiヘルメットのスタンダードモデル「アストロIQ」の"Oriental"です。
店頭で見たときには「こんな柄のヘルメット、誰が買うんじゃろ?」と思ったのですが、自分でした(笑) え? 中も外もその柄じゃあクドイ? わはは、好みがわかりやすくてええじゃろう。

レプリカ世代真っ只中を過ごした僕は、20代には短い間とはいえバイクの用品店で働いていたので、ニューモデルが出るたびにArai RX-7シリーズを買ったものでした。
しかし、90年代に入るとHY戦争に端を発したバイク自体のブームが停滞期を向かえ、バイク用品業界もそれまでのバブルがはじけたように落ち着きを取り戻しました。

その後、僕は大型バイクに乗り始め、この頃の遺産?のAraiの高級ヘルメットたちを使い続けていましたが、生産から数年経つとヘルメットの内装に使われているスポンジが劣化して、ポロポロとスポンジカスが落ちるようになりました。
その後Araiヘルメットとは出会いがなく、外国製や、ミニバイクで気兼ねなく使うためのヘルメットを経て、Signet-RR以来、10数年ぶりのArai製品の購入です。
IQ.JPG
このモデルをかぶってみて、大きな変化を感じたのは2点。
一つは、ほほパッドの快適さです。
僕はAraiヘルメットはSサイズを愛用してきましたが、これまでのモデルはかぶり口が少々きつく、ほほパッドも一段薄い物に取り替えて使っていました。
Mサイズで厚めのほほパッドを使うという手もあります。
しかし、各サイズ専用帽体のAraiヘルメットですから、安全性と重量を考えると"可能な限り小さい帽体"を使いたいのです。
このアストロIQでは「FCSシステムパッド」のおかげで、ツルリと頭が通るのに、かぶった後はほほパッドがぴったりフィット。
システムパッド内に頬への密着性を高めるベース板を設けて、強く圧迫することなく包み上げるフィット感を実現した。。。。だそうですが、快適です。
このシステムパッドのおかげで、これまでよりも1サイズ小さい物を選ぶことができる人、多いのではないでしょうか。
お店で試着できる場合、是非とも、これまでよりも1サイズ小さいものも試してみることをオススメします。

もう一つが、左右の視界の広さです。
なんでも、左右5ミリずつの拡張によって側方視野がさらにワイドになった、次世代シールド「スパーアドシスIシールド」だそうで。
免許の条件は付いてないものの、乱視と遠視と近視と老眼が絶妙にミックスしている僕はめがねライダーなので、これの恩恵はあまりないのですが、裸眼で見る限り左右の視界はスモールジェットヘルメットと変わらない感覚です。

その他にも、古いモデルでは面倒だったシールドの交換が簡単だったり、エマージェンシー・タブが装備されていたりと、眼からウロコの進化です。

強烈なデザインなでコーディネートが難しそうだけど、ゴチャゴチャッとしてるので、一見「黒系のグラフィック」だと思う程度。
グローブやブーツも、最近は柄が印刷されておしゃれな物が増えましたね。
90年代の始めごろにもそんな流行がありましたし、繰り返しているのでしょうか。
RR5にもこのグラフィックを採用してほしいなー。

自由の翼 | 投稿者 くぢらちゃん 12:23 | コメント(0)| トラックバック(0)

DUCATI Street Fighter スイッチの角度が・・・

SFS00.JPG
デザインコンシャスで存在感もばっちりなストリートファイターなので、今のところ改造する気はさらさらないのですが、一点だけどうしてもガマンできないところがありまして。

それが、左スイッチの角度です。
SFS01.JPG
マルチファンクションメーターの表示切り替えボタンが上下にあり、その間にウインカースイッチがあります。 純正の位置では、表示切り替えボタンは操作しやすいのですが、ウインカーボタンはやたら上を向いていて閉口するほど操作が難しいのです。 ひどい時はホーンボタンを押してしまいます。

ハーレーのXR1200に初めて乗ったときも、左右独立のウインカースイッチにとまどったものですが、あれは他のバイクとインターフェイスが違うことが原因なのであって、スイッチ自体の操作が難しいわけではありません。 ハーレーブランドのちょっとゴツめなグローブをはめていても、ちゃんと操作できます。

さて、このストリートファイターのウインカースイッチですが、右に点滅させる時はいいのですが、左点滅とキャンセルがとにかくやりずらい。
キャンセルにいたってはまともに操作できるのは5回のうち一回くらい。
SFSS0.JPG
キャンセルの時は、丸印の中に見える棒状のプッシュロッドスイッチを押し込まなくてはいけません。
これは、ある程度正確にハンドルバーの中心に向けて押し込む必要があります。 "ちょん"とあたったくらいでは反応してくれませんし、角度が違うと押し込む抵抗ばかりが大きく、なんだかスイッチを壊してしまいそうです。

僕はコーナーでは多少伏せて乗りたいために、ブレーキレバーとクラッチレバーを地面と平行なくらいにしているのですが、これがまたウインカースイッチと手の位置関係と合ってないのです。
ウインカースイッチを押そうと思うと、こんなに親指を上げなくてはいけません。
SFS02.JPG
自然な位置に親指を出すと、そこにはホーンボタン。
SFS03.JPG
じつはこれでも、出荷状態よりもハンドルバーを手前に10度くらい寝かせてあるのに。。。。そのため、ハンドルのバーエンドが妙に下がってこれまた乗りにくい。 幅広のハンドルバーが垂れ下がっている姿は、ちょっとだらしないイメージです。

DUCATI広島の谷口社長さんも「ウチで試乗した人たちも、みんなウインカーボタンを操作しようとしてホーンを"プッ"って鳴らしてたよ。だから試乗車もスイッチの角度を変えてたよ」だそうで。
表示切り替えボタンは運転中に操作することは少なく、ウインカーボタンを操作する比率が圧倒的に高いです。 これはもう、ソチラ優先で。

スイッチを外すにはヘキサゴンレンチを使いますが、右上の
パッシングスイッチ?は下に押し下げたまま作業せねばなりません。
SFS04.JPG

スイッチを外すと、スイッチ位置決めのためのボスがあります。 ハンドルバーの穴はこんな按配に開いています。
SFS09.JPG
こいつを何とかする順当な方法は2つ。
 1、スイッチ側のボスを削る
   メリット ハンドルバーの強度はそのまま
   デメリット ボスを削ることはかんたんだが、スイッチの位置決めのために、滑り止めなどの加工が必要(である可能性が高い)。
         ハンドルバーをがっちり締めこめるようにスイッチボディを削るか、滑り止めのテープをハンドルバーに巻くか、など。
 2、ハンドルバーの位置決め穴をあける
   メリット 加工がかんたん
        操作中にスイッチが動く心配はない
   デメリット ハンドルバーの強度は落ちる
        大きな穴を開けたくないので、一度位置決めした後に変更はむずかしい
ストリートファイターの純正ハンドルバーは肉厚なアルミ製だから強度の心配は少ないと思い、穴あけの方法を選択しました。


穴あけはかんたんだけど、位置の割り出しが肝心。
まずはハンドルバーを自分の乗りやすいポジションに戻し(今回は出荷状態)、ウインカースイッチの位置を検討つけます。 これにより、反対側の穴の位置をどれくらい移動させたいのか決めます。
移動量の目安が決まれば、4.5ミリの小さめのドリルで穴の位置決めをします。
SFS06.JPG
アルミの切子が車体に入り込んだり、塗装面を傷めることを防ぐために、広い範囲で養生します。 また、作業中にクラッチマスターシリンダーにエアかみをさせないため、シリンダーの向きを大きく変えない場所に逃がします。

で、穴はホンの数秒で空きました。
SFS07.JPG

手を添えてみると。。。。
SFS08.JPG
ハンドルバーの穴の中心が8ミリくらいずれたので、スイッチの位置は12ミリくらい下に下がりました。
もっと下げたいのですが、そうするとマルチディスプレイの下側セレクタスイッチが操作しずらくなります。

たったこれだけの作業ですが、左スイッチの操作はぐっと楽になりました。
幅広ハンドルな上に、ややもすると国産SSのセパハンよりも前傾がキツイポジションのストリートファイターですから、街乗りでは無用なストレスを避けたいものです。

さ、気持ちよく乗れるようになったし、どんどん乗るぞぉ!
自由の翼 | 投稿者 くぢらちゃん 12:34 | コメント(0)| トラックバック(0)

DUCATI Street Fighterがやって来た。

nousya7.JPG
実は木曜の夕方には「納車準備できました」と連絡をいただいてたのですが、金曜の雨をさけて、土曜日の夕方に引き取りにいきました。

お金を払ってから、ピット前で車両の説明を受けます。
nousya1.JPG
運転のための基本的なものは普通のバイクと変わりませんが、マルチ・ファンクションディスプレイやDTC (トラクション・コントロール)、データロガーなど聞いただけではワカラナイ説明も一通りしていただきました。

説明いただいたお兄さんが「普通の人が刺青見たら怖がりませんか? 僕は慣れてますけど」って。
きっと、一緒に行ったはーちゃんパパの強面がそう思わせたに違いない。
僕のホトケさんのような人相では怖がる人はいませんから(笑)。

たまたまショールームに黒と白のストリートファイターがいたので、一緒にパチリ。
nousya3.JPG
ポジション・ランプだけ点いてる状態も、1098のヘッドライトみたいでカッコいい。nousya2.JPG

んー、またがってる姿がギコチナイ。nousya5.JPG
自分のなのに借り物みたいじゃ。

付属品は、文庫本より小さいサイズのマニュアル類と、タンデムシートだけ。 これをはーちゃんパパのCBのシート下にいれてもらい、僕は手ぶら。 ハーレーXR1200の納車のときには車じゃないと無理なくらいイロイロいただいた(せんせいありがとうございます)もんですが、今回はアッサリしたもんです。

帰りはほんの15分ほどです。
なにせ試乗したのは1年近くも前なので、はじめてみたいなもの。
乾式クラッチはNSR250Rで慣れてるのだけど、低速トルクが薄くてポジションが独特という印象。
ポジションについて、自分のイメージの引き出しから較べると、Buellライトニングよりもkawasakiの10Rに近いポジション。
純正で付いている車高調整リンクはもっとも低い状態にしてあるのに、やけに腰高で、猫背になるのが難しい。
腰が高いというよりも、ハンドルバーが低いのか。。。。

はーちゃんパパのCBと較べると、それもそのばす。nousya6.jpg
ストリートファイターのハンドルグリップの位置は、CBよりも15センチくらい低いです。
ハンドルバーはトップブリッジ上に取り付けてはあるものの、グリップはフューエルタンクの上面よりもはるかに低い。
一方、タンデムシートの座面はユーノス・ロードスターのルーフの位置に近い。
"Kawasaki 10R"みたいと感じたのはあながち間違いではないみたい。

nousya4.JPG
無事にガレージに納まりましたが、期待と不安が同じくらいの大きさです。
ハーレーの納車のときは、車両を買ったのと一緒に「ハーレーという世界観を共にするコミュニティに参加する」という感じでした。
一方でドゥカティは修行の道にはいったようなストイックさ? スパルタンさ? 感じずにはいられない雰囲気をまとっています。 

どうしたものか~。
自由の翼 | 投稿者 くぢらちゃん 12:14 | コメント(0)| トラックバック(0)

DUCATI Street Fighterがやってくる。

konetaSF.JPG

春は別れの季節? さらに 続:春は別れの季節?

と書きましたが、別れもあれば出会いもあるもの。
我が家にはもうすぐ、新しいバイクDUCATI ストリートファイターがやってきます。

いろんな縁があるものですが、チョッパー党だったせんせいがロードバイクに乗るようになり、NSR250じゃあ、子分のようでいかんですわ。

広島でDUCATIと言えば、DESMOグループDUCATI広島。 
DESMOの谷口社長さんは、実は僕が初めて接したバイク業界の方。
20数年前、これからバイクの免許を取りに行こうというときに「ヘルメット買わなきゃー」と思い立ち、自転車をこいでDESMOのお店に行ったのが始まりでした。
当時、中区の舟入町にあったお店は大きくはなかったけど,他のバイクやさんと違ってキレイなショールームにセパハンのついた速そうなバイクが飾られていたのが印象的でした。
(まだ、カタナ狩りとか言ってた時代ですからね)
それ以来、パーツの削りだしや溶接など、困った時には助けてもらうくせにバイクは買わない(買えない)というお付き合いが20年以上も続きました。 

去年の春に輸入車ショウでストリートファイター試乗させていただいてから気になってはいたのですが、この度やっと、お客様?になることができました。
konetaSFP.JPG
納車までに取付けをお願いした、ラジエターガードとスライダー。

konetaFSM.jpg
ショールームから、上に表示してある画像をiphoneで撮影してくれている谷口社長さん。

正直なところ、バイクに乗ることについては下手の横好きを地でいく僕なので、このバイクを乗りこなせるとは思っていません。
ストリートファイターはネイキッドバイクと言っても、ほとんど起伏のないバーを少し手前に絞っただけのようなハンドルに小ぶりのデジタルメーターの組み合わせです。
乗車姿勢からの眼前の景色は、"タンク、メーター、即地面"という感じ。
先輩のKawasaki ZX-10Rに乗ったとき、ヒップアップなのに顔は地面に近すぎ、怖く感じたことを思い出します。

しかし、40歳をすぎてしばらく経つ僕が、ツナギを着てバイクに乗るのはあと何年でしょうか。
今のうちに楽しんでおきたいな、と思います。
自由の翼 | 投稿者 くぢらちゃん 12:55 | コメント(2)| トラックバック(0)

カーボンヘルメット BANDIT ALIEN2 CARBON再販!?

去年、せんせいに勧められてゲットしたBANDIT ALIEN2 CARBON
bA01.JPG
その時には残念ながら「在庫売り切り次第、終了」とのことだったのですが。

輸入元のバグブロ・ドットコムさんのWebによると
◆◆◆近日販売再開予定!◆◆◆ だそうで!!
気になってたけどアキラメてた方、ワクワクですね♪

近年、何かと話題のカーボンヘルメットですが、やはりコンペティションなロード系やモトクロス系が主流。 ストリート系のジャンルでカーボン製というのは、このモデルだけではないでしょうか? 復活は嬉しいです。
僕が使っているALIEN2は、外観から見た印象以上に上下、左右共に視界が広くて、カッコだけじゃない感じです。

bA00.JPG
ALIEN II CARBON以外のヘルメットもイケてます。
その他のヘルメットのページは⇒コチラ。
XXR MATBLACKのページの下の方にあるライダーの画像、なかなかでしょ!。 日本でも、こんなストリートファイター系のライダーが増えてますよね。

悪そうなだけでなく、IQも高そうで、さすがにドイツの人に人気があるのもわかります。
4輪の走行会なんかで使っても、きっと注目されるでしょうね。
自由の翼 | 投稿者 くぢらちゃん 11:39 | コメント(0)| トラックバック(0)

バイクのコネタ

■ジモトGP何戦目だっけか
11suri0.JPG
春先は仕事が忙しい上に花粉症でさんざんなKSRの膝スリ野郎、こぉちゃんも今シーズン初参戦。
5ヶ月くらいスリスリしてなかったですが、順調な滑り出し。
11suri2.JPG
でも、10分も乗ってると砂埃で目と鼻がぐじゅぐじゅ。 ちょっとカワイソー。

久しぶりに僕も走ってるところをパチリしてもらいましたが。
11suri3.JPG
上体の伏せが足りないし、ハンドルの持ち方もぎこちない。
こりゃダメなはずです。
もっと伏せた状態で、コーナリングスピードに釣り合うようにならないとねぇ。
去年の画像を見ると、明らかに姿勢が低いですよ。
11suri4.JPG
やはり、フォームを確認するって大切じゃ★


■岩国基地 2011 5月5日 フレンドシップデイ中止
konetaFSD.jpg
毎年楽しみにしている方も多い5月5日の岩国基地 フレンドシップデイは、震災復興支援の影響で、今年は開催しないそうです。
もちろん、滑走路を走るサンダーランもありません。

20歳の頃から毎年欠かさず行ってる僕ですが、今年ばかりは。。。。
ちなみに、湾岸戦争の年には10月に振替えて開催されました。

オペレーション トモダチに、岩国からもたくさんの将兵の方が参加いただいているそうです。
早く復興が進み、被災された方々の暮らしが落ち着くことを祈っています。

また、サンダーランを主催、運営してくれているIwakuni Motor Cycle Clubでは、チャリティーイベントもあります。
クリスマスシーズンに施設の子ども達におもちゃをプレゼントするYoys for Totsなど。。。
(Webは去年のものです)
今年は、別の形で参加してみるというのもいかがかな、と思いますよ~。


■初めてのドゥカティ選び
ドゥカティジャパンさんのWebにお邪魔すると、。
ドゥカティ体験ナビゲーションサイト「初めてのドゥカティ選び」ちゅうのがありました。
試してみたい方は、コチラ⇒「初めてのドゥカティ選び」
konetaSF.JPG
僕の結果は、HYPER MOTARD 796。
確かに、そういう選択もいいな、と思います。
イロイロ選択を変えてみると、SPER BIKEだったり、DIAVELだったり。
でも何度やっても、MONSTERやSTREET FIGHTERにはならないんです。
なんでじゃー。
自由の翼 | 投稿者 くぢらちゃん 07:48 | コメント(0)| トラックバック(0)

GPz900R テールランプ

もう20年も一緒にいるニンジャですが、このブログではほとんど紹介したことがないですねぇ。
ninja55.jpg
現在でも人気の車種で、まるでモンキーのようにアフターパーツだけで一台組み上げることができるほどのニンジャですが、僕が乗り始めた当時は足回りの換装もメジャーになる前でした。
時々、「一番気に入ってる改造ポイントはどこ?」と聞かれます。
やはり、倒立フォークやラウンドラジエターなどの大物が目立つので、そんな答えを期待されるのでしょうか。

そんな時の僕の答えは「テールランプ」。
Ninjatail.JPG
点灯すると、2眼なんです。
丸い2眼ではなくて、半円形でちょっとにらんでるような形が気に入ってます。

ベースの部分に、YAMAHA FZ400Rのテールランプ内にある反射鏡をカットして取り付けてあります。
若い頃の僕は、後期型RZ-R、TZR、FZ250Phazherなどに乗っていました。
これらに共通するテールランプは、長方形だけど点灯すると2眼になるもの。
当時、僕にバイクを教えてくれた先生RZ-R(このページ中ほどにある、JPSカラーのRZ-R)
がかっこよくて、真似せずにはいられませんでした。
今だに、各雑誌で見たようなカスタムバイクを含めて思い出しても、このRZ-Rを超えるほどかっこいいバイクは僕の中ではありえません。
ずっと乗ってたスカイラインGT-Rも、NSR250Rも二つ目テールランプ。
そこがお気に入りポイントなんです。

ニンジャの純正テールランプは、長方形のデザインで、当時としては"ちょっとシャープで無機質な"感じが、戦闘機っぽいとか硬派だとか言われたものです。
空冷GPzのデザインの流を汲みつつ、インテグレートされた構築美を取り入れたかったのではないかと思います。
しかしテールカウルにビルトインとしたがゆえに、リヤエンドのデザインにボリュームが大きめ。 良くも悪くもこれがニンジャらしさになっています。
このデザインのせい?おかげ?でフルカウルに負けないボリュームがテールエンドにあります。
もちろん、このデザインも"成功した"デザインだと思います。
漫画「キリン」の中で、テールランプに「KERKER」の文字ステッカーを貼ったニンジャが出てくるシーンなど、覚えておられる方は多いはずです。

しかし、空冷GPzのように「フロントのカウルが有っても無くても成り立つデザイン」ではなくなっています。
僕は、ニンジャのアッパーカウルの造形の秀逸さを認める一方で、あれのために空冷GPzのような「インテグレートされているけどネイキッドもかっこいい」というバランスを無くしてしまったのだと感じています。
今となってはスタンダードなバイクで足代わりにも使える気軽なニンジャ。
でも、当時は高いプレステージを体現し、「世界最速」「孤高の存在」であるイメージを求められたのでしょうから、わざわざカウルを取り外した廉価版を作る必要など無かったはずですね。
実際、アッパーカウルがないニンジャを何度か見たことがありますが、どれも「転んでなけりゃ、こうはしなかっただろう」というフンイキのものでした。
ありゃー、テールランプの話だったのに、寄り道がすぎますね。

もしもう一台ニンジャを手に入れて、まず改造するとしたら。。。。このテールランプと、リヤショック。
自由の翼 | 投稿者 くぢらちゃん 12:14 | コメント(0)| トラックバック(0)

Ninjaちょっとお預かり~ガレージライフ?~

土曜の昼下がり「おまえ今、家におる?」とヤンキーメイトな先輩、ジュンさんから電話が。

「おりますよ」と言って20分もしないうちに、特徴的なビューン、カチカチカチというインラインフォーの音が。
"FCRに集合つけたニンジャじゃわ"と思うと、なんとジュンさん青いニンジャで登場。
ninjaj0.JPG
「ちょっと置いといてクレや。」「へえ。」ということで、ちょっとの間お預かり。
なんでも、車検がずいぶん残ってるのに「もう乗らない」とかで知り合いから売ってもらったとのこと。

たまたま居合わせた(週末はいつも"たまたま"うちにいます)ハーちゃんパパと、乗り比べ。
ninjaj1.JPG
この人たち、いいおっさんなのに身長180以上なのでちょっとヒップアップになってるニンジャもベタ足です。 感じ悪ーい。
FCRのスライドベアリングの音が大きくなってるのと、バックステップ+薄いシートのおかげで膝がキツイのを除けばいい感じの青ニンジャ。

「お前のはやっぱり乗りやすいしトルクの出方がええわ」とジュンさん。
そりゃ、僕のニンジャのエンジンはZZ-RのD型エンジンをベースに、親友の瀬尾くんが自分の手で組んでくれてますから。
フロントフォークも延長しただけでなく、純正よりレートの低いスプリングを使って、ZXRよりも寝たキャスター角度でも初期作動を軽くしています。
スペックエンジニアリングの瀬尾くんは、モーターサイクルドクターSUDAさんで修行していたので、”エンジン屋”というイメージが強いかもしれませんが、2サイクルレプリカ車で峠を走ったりもする人なので、ハンドリングチューニングもばっちり。 頼れるぅ。

しかし、青ニンジャの"ちょっとだけ外側をトレースする"感じの乗り味もなかなか。
ninjaj2.JPG
週末晴れたら、ジュンさん誘って乗ってみよーっと。
自由の翼 | 投稿者 くぢらちゃん 07:48 | コメント(3)| トラックバック(0)

BERiKスライダー ~そんなにヘンですか?~

hen00.JPG
去年の春にはBERiKの新型スライダーを使っていましたが、その後ソラマメ型に戻った僕です。
hen0.JPG
そして。。。。。「そりゃどうなんよ、くぢらちゃん~。」と、お言葉を頂戴しましたが。

そんなにヘンですか?
hen1.JPG
ちょっと斜めになっとるだけじゃないですか。スライダーが。
スライダーがスリへっても、ちょっと高さが稼げるし、アスファルトの継ぎ目やペイントの段差も吸収してくれます。 悪くないと思うんですケドも。。。。。

正面から見ると、向こうの景色が見えるのがヘンだそうです。
hen2.JPG
そう言われれば、自分以外にはこういうことしてる人、見たことないですが。
ちびっ子バイクでのスリスリのスピードは40キロ~60キロくらいのものなので、外れて飛んでいったちゅうことはないです。

ちんまいバイクにフル装備で乗ってる時点でちょっとヘンですが。 ププ。
自由の翼 | 投稿者 くぢらちゃん 07:33 | コメント(0)| トラックバック(0)

ステッププレートが。。。。Ninja250

昼前から雨が降り出した日曜日。
お母さんのイトコのケンちゃんが「屋根の下で作業させて」とやってきました。
なんでも、「マックの前で立ちゴケしたら、ステップが折れた」のだそうで。
poki0.JPG
いやいやケンちゃん、そりゃステップじゃなくて、ステッププレートが割れてますから。

しかしフシギ。
もちろん、もう初心者ではないケンちゃんですから、転んだ時にもとっさに車体を掴み、最悪の事態は避けたそうですが。 おかげでマフラーもカウルもほぼ傷がなかったのです。 ブレーキレバーも曲がりナシ。

よく見るとステップの先端に土がついています。
poki1.JPG
ゆっくりと転倒して、ステップが接地したところは土だったのにステッププレートが折れた、ってことでしょ!?
現場を見てないからなんとも言えないけど、こりゃかなり不運ですね。

社会人の余裕からか、ケンちゃんは削りだしの立派なバックステップキットを買って来ていたので、ちゃっちゃと組み換えてスグに乗れるようになりましたが。
わしは20年以上もバイクに乗って(転んで)きましたが、ベスト5には入るであろう不可解な壊れ方じゃと思いました。

あ、オチがないのう。
しかも、付け替えたカッチョいいバックステップの画像もないわ。
ちゃんちゃん♪

=====================
今更ですが、バックステップの画像発見。
ninjagogo.JPG
一般的なバイクと較べると、とてもピボットに近い高さにステップがあるのですが、下半身のポジションが窮屈とは感じませんでした。
Ninja250のピボットは、一般的なオートバイに較べて、低い位置にあるのですかね?

そしてこのステップ、ポジションが選べるし調整も容易なのですが、、、、。
ブレーキマスターとの連結は差込み式、ブレーキスイッチは接点の金具が露出している構造です。
レースでの使用を考えると、非常に良くできた設計ですが、雨や泥にさらされる通勤で使うことを考えると、ここばかりメンテナンスしてなきゃいけないような。

ま、それがかっこいいんですよね。
あぶないあぶない、少年のココロを忘れるところだったボク。
自由の翼 | 投稿者 くぢらちゃん 17:49 | コメント(2)| トラックバック(0)

土曜日のXR1200~呉龍冷麺と一心うどん~

このところ休日の朝は真面目に? 
doyou0.JPG
スリスリしてる僕ですが、まだ左右のフォーム違いの違和感から抜け出せないでいます。

そんなところに久々、タカシ・ダビッドソン登場。
doyou1.JPG
そろそろ免許をとって一年が経つタカシさん、忙しいながらもバイクライフは充実の様子。

せっかく自由の翼を手に入れたんですから、ふらりとお出かけ。
久しぶりに、東南に舵を切り、呉に行ってみました。
「まだ、呉冷麺は未経験なんですわ。グフグフ。」というタカシ・ダビッドソンをしたがえ、呉冷麺の総本山、呉龍さんへ。
doyou2.JPG
ええでしょ、この頃は広島でもチラホラ呉冷麺をいただくことはできるし、どちらも美味しいですが、やっぱり聖地でいただく本物は格別です。

食べ盛り?の我々は、間髪いれずにすぐそばのうどん「一心」さんへ。
doyou3.JPG
「息子に食べさせてやりたいくらい、やさしいうどんです」ですって。
doyou4.JPG
ほうじゃろう、呉のうどんの半分は優しさでできとるんじゃけ。。。。。アレ?そりゃ頭痛のお薬じゃ。

そして、埠頭で珈琲ブレイク。doyou5.JPG

膝スリも峠も楽しいけど、クルージングも♪
欲張りな土曜日でした。
自由の翼 | 投稿者 くぢらちゃん 12:22 | コメント(0)| トラックバック(0)

NSRたち。 250R、250R-SP、80

はあ、バイク乗りたいなー。
NARBros.JPG
でも、週末の天気予報は良くないのです。
しょぼーん。

こんな内容は、Twitterか。。。。。ポクッ。
自由の翼 | 投稿者 くぢらちゃん 17:43 | コメント(0)| トラックバック(0)

KSRイロイロ

「イロイロって、どれも同じじゃん!」と突っ込んでください。(笑)

手前が膝スリ号、真ん中が2台目のウイリー頑張る号、向こうがアニキのKSRです。
ksrs0
アニキのKSRには、ロングシートとタンデムステップが付いてます。
このロングシート、走るのにも都合が良いですよ。
ksrs1
純正よりも1センチくらい座面が低いのですが、それが滑らかにテールカウル中ほどまで続いていきます。
ハングオフっぽい姿勢をとろうとする場面で、スムースにオシリの移動ができます。(by KSRの膝スリ野郎 こぉちゃん)
ただ、純正のグラブバー?の役目をするストラップをつけると、シートの脱着が難しいです。

左右のタンデムステップは、こんな具合。
ksrs3
右側はリヤ・ブレーキのマスターシリンダーに共締め。
ksrs2
左側は、アルミ削り出しのブラケットでフレームを挟み込み、そこにネジ固定されています。
大人が立ち上がって耐えられるほどの強度はないのでは、と推測されますが、緊急用としては十分ですね。
公道でのタンデムの可否については、各管区の警察の判断で答えは異なるのでは、と推測しています。
自由の翼 | 投稿者 くぢらちゃん 23:01 | コメント(0)| トラックバック(0)

続:せんせいといっしょ~iphone慣れてきた

iphoneの操作にもずいぶんと慣れてきたので、動画からキャプチャをとって保存できるようになりました。
sensei0.JPG

sensei1.JPG
なかなかキマッた膝スリ画像でっす。
最初からできてれば、元のエントリのときにばっちりな記事になったのに~。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
iphoneは、PCで言うところのスプリントスクリーン機能があります。
画面に表示しているものなら、メインボタン+電源ボタンの同時押しでPngデータとして、画像フォルダに保存してくれます。
Pngのままだと、他社携帯にメール添付で送っても見れない場合があるようですが。
画面上での拡大表示とあわせて使えば、トリミングもばっり。 ちょっといい構図の画像に直せます。
自由の翼 | 投稿者 くぢらちゃん 15:02 | コメント(0)| トラックバック(0)

GT-RR32のリヤディフューザー

このブログを始めた当初、一度エントリーしただけのGT-Rのディフューザーですが、コンスタントに検索していただいてます。
僕のGT-Rには、フロントと同じく、リヤにもAbflug社のカーボンディフューザーを付けています。
gtrdf.JPG
フロントディフューザーの記事はコチラ

僕の場合はフロントに較べて、リヤディフューザーの効果は感じにくいです。
「シャシー下面をフラットに近くして、スムースにリヤディフューザーに空気を導かないと効果は半減だよ」とおっしゃる方もおられますよね。
実際のトコ、僕は床面がフラットな車両と較べたことがないのでここのトコロがわかりません。

けれど、雨天走行の時に併走していた友人は「リヤディフューザーのフィンにそって、まっすぐに水が巻き上がっていた」と言っていました。
これは、風は確実にまっすぐに近く後方に抜けていて、左右方向の乱流にはなってないのでしょうね。

フロントと違って、路面とのクリアランスはそこそこあるので、駐車に気を使うほどでは。。。。この10年くらい、コンクリート製の輪止めは稀に20センチくらいの高さの物を見かけます。
やはり、注意するに越したことはないですね。
樹脂製の高さ10cmくらいの輪止めだったらダイジョウブ。

サイドスカートと合わせて、視覚的な重心は低くてかっこいいのですが。。。。。皆さんの期待する記述ができなくてごめんね~~~。
自由の翼 | 投稿者 くぢらちゃん 12:02 | コメント(0)| トラックバック(0)

続:ぴょこん。

2代目?2台め?KSRが予定よりも早く仕上がり、土曜にはせんせいにお願いして引取りに行くことができました。
その後、BERiKでお買い物したのはせんせいのブログにあるとおり。

そこで日曜には、はーちゃんパパと二人でフロントアップの練習に。
途中で、オドメーターが"88888"。10112101.JPG
末広がりでめでてぇや。
今日は無事に怖さを克服できるかも、と期待が高まりますー。

「20年も前にしたっきり」とかなんとか言いながら、うまいことフロントを上げたまま数メートル走ります。
10112102.JPG
僕はといえば、ほぼ思い通りに数十センチ前輪を上げることができるようになりました。
でも、怖さから伏せてしまい、オシリに荷重をかけることができません。
”ウィーン、すとん”の繰り返しです。 練習した経験がある人なら、この情けない感じをわかっていただけるハズ(苦笑)

身長180センチでゴツイ体格のはーちゃんパパが乗ると、サーカスの熊みたいですじゃ。
10112103.JPG
「なんでヤクザにならんかったん?」と尋ねると「健康保険に入れないから」という彼ですが、休みのたんびに凝りもせずこんなおバカな練習に付き合ってくれるナイスガイです。
この場を借りて、「いつもありがとう、はーちゃんパパ!」
自由の翼 | 投稿者 くぢらちゃん 12:19 | コメント(0)| トラックバック(0)

BANDIT ALIEN2 CARBON

bh00
日本で1番最初のストリートファイター系カスタムパーツの通販サイト"バグブロドットコム"さんで扱いのカーボン製ヘルメット、BANDIT ALIEN2 CARBON です。
「おまえ、どんだけカーボンヘルメット好きなん!」と言われそうですが。。。。。
bh01
帽体の後に1450g(XLサイズは1200g。ということは、各サイズとも帽体は共通で、内装でサイズを変えているのですね)と書いてあるので、そうなのでしょうが、かぶってみるともっと軽く感じます。
チンガード部分が大きいのが作用しているのか、重心が低いこともそう感じさせるのかもしれません。
外観から想像するよりも視界が広く、レプリカバイクでの前傾姿勢でも上目使いでしっかり前を見ることができます。
後方を振り向いての確認では、視界に帽体がほぼ見えないくらいに感じます。
そんな作りこみがされているところは、さすがドイツのブランドと思います。

一方で、ベンチレーションはインテーク周辺に風を感じるくらいですが、ディフューザー付きのヘルメットと比べるのはかわいそうです。

僕はOGKだとM、アライだとSで内装を薄めのものに変えるくらいの頭の大きさですが、このヘルメットではSサイズでフィットしました。bh03
クールマックス採用の内装は、取り外して洗うことができます。
画像では見えにくいですが、チンガード内側やネックサポートの合皮部分には"BANDIT"の文字が立体的に入っていて、ちょっと高級ぽいです。

今月いっぱいは、25%OFFだそうです。
在庫がなくなる前に、是非★

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
最近のフラッシュサーフェイス化されたヘルメットでは、耳部分のシールドホルダーを帽体の中に入れ込むために、やや幅広いシルエットの物が多いですよね。
このALIEN2も同様です。
加えて、チンガードの上下長があるために正面から見ると"ちょっと顔が大きい"印象をうけました。
我々日本人は特に、アライヘルメットの卵型のシェルを見慣れているので特にそうなのかもしれませんね。
同じBANDITでも、XXRシリーズのカラーリングモデルのように、ストライプが入っていたりするとまた違う印象なのでしょうね。

長いチンガードのおかげで、口元に巻き込む風は少ないと思います。
僕は寒い時期には、スノボ用のネックウォーマーをつかっていますが、このヘルメットなら立ち襟のジャケットだけでも短時間のライディングは大丈夫そうです。

一方、ちょびっと困ることも。
ワンタッチバックル採用のあご紐は便利でいいのですが、Dリングがないために、車種によってはバイクのヘルメットホルダーにつけることができません。
ワンタッチバックルの雄側の金具に5ミリ×5ミリくらいの穴があいているので、これを利用するしかないようです。

在庫処分ということは、遠からず新製品が出るでしょうから、より進化したALIEN3にお目にかかれるかもしれませんね~。
自由の翼 | 投稿者 くぢらちゃん 22:48 | コメント(2)| トラックバック(0)

ニューマシーンぼちぼち

雑巾で頑張れるところまでは頑張ったので、あとはお店にお願いして整備していただいてます。
newksr.JPG西区庚午のカワサキショップ Kittyさんにお願いしました。
僕も短い間とはいえプロとして整備でお給料をいただいた身なので、作業の大変さ、面倒さはわかるつもりです。
いつもいつもそんな僕の期待を超えた仕事をしていただけるお店です。

週明けには出来上がりそうですが、23日祝日の予報は雨(TT)。
自由の翼 | 投稿者 くぢらちゃん 16:51 | コメント(0)| トラックバック(0)

ぴょこん。

新しいAraiのヘルメットをゲットしてごきげんにスリスリしてるKSRの膝スリ野郎、こぉちゃん
slide00.JPG
白い帽体にスモークシールドは定番の組合わせですが、いつもより凛々しく見えます。

今のところの我々は温泉で卓球してるようなもので、タイムを計るわけでもなければ競争してるわけでもありません。
「中型免許を取ろうか、ミニバイクレースでもしようか」と彼は先を模索中です。

そんな時には息抜きにスリスリ以外のことも。
slide03.JPG
僕もつられて。slide01.JPG
タンクが目前に迫ってくると、なんだかキンチョー★
自由の翼 | 投稿者 くぢらちゃん 12:48 | コメント(0)| トラックバック(0)

せんせいといっしょ~KSR膝スリへの短い道程~

issyo.jpg
久しぶりに僕のベースの先生、西本せんせいとバイクに乗りました。

せんせいはニューマシン、Buellライトニングの購入を目前にして、これまでとは様子が違う感じ。
いつもはKSRの膝スリ野郎、こぉちゃんとの練習ですが、この日はせんせいと一緒。
バイク歴も長く、冷静なタイプのせんせいなので、これまたあっという間にスリスリできました。
せっかく成功までの道のりを画像に保存できたので、ご紹介しましょう。


まず、定常円旋回でクルクルしながら、リラックスして旋回する感覚を掴みます。
1st.JPG
この時にフォームなどを「ああしろ、こうしろ」と言うと、そこに意識がいって力を抜きにくいのです。
とにかく"力を抜くこと"と、"膝スリに必要な速度を保つこと"この2点のみを考えて旋回します。
つま先が開いてる? そんなの関係ない!とにかく猫背でダラーンと旋回します。
ここは、ほんの5分もクルクルすれば終了。


次は、リラックスした状態を保ちながら、膝がすれるフォームを作ります。
2nd.JPG
太ももでのニーグリップは忘れ、力を抜いて「ぺしゃん」とつぶれたようになるイメージで旋回します。
力を抜いたまま、しっかりと重心を落せるようになると速度は上がります。
でも、ちゃんと車体をホールドできていて視線も定まっているので何も言わずにクルクル回っていた時よりも不安感は少ないです。
旋回半径はほぼ変わっていないのに速度が上がり、重心を落としてバランスしているこの状態が、スリスリの必要充分条件だと僕は思います。
漫然と旋回している1枚目の画像に比べると、膝こそ接地していなけど、"乗れてる"感じがするでしょ?
しかし、まだ膝が接地していないために地面と自分との距離が気になります。 姿勢が安定するたびに「あとどのくらいで擦るのか」気になってしまい、地面に視線を落としがち。
これ、「車酔い」みたいなキモチ悪さを引き起こします。
>でも回りすぎで酔って吐きそうになった(TωT)
 byせんせい

今までよりも更に姿勢が低くなり、頭が地面に近づきます。
少しずつ速度が上がる+視点が低くなる=体感速度が高くなる。。。。ので、ちょっと視界が狭くなります。
ここまでできれば、しめたもの。


「バイクを少しづつ寝かせていくのではなく、自分の膝が地面を迎えに行くような感覚で、バイクにぶら下がって」みます。 
3rd.JPG
さらに少し上体を伏せて、シートにふとももしか乗っていない状態になると、"ザッ"と音がしてスライダーが接地します。
初めてのことなのでちょっと緊張し、体に力が入ります。
すると、車体が少し立って膝は地面から離れます。
一呼吸置いてフッと力を抜けば、またまた"ザッ"。
しばらくはこの繰り返しで旋回の軌跡が楕円になり、曲率の小さいところで接地するのを繰り返します。
アクセルを一定に保ち、しっかりと太ももに体重をあずけ続けると、"ザーッ"。。。。。
4th.JPG
再び旋回軌跡は正円に近くなり、外側のこぶしが耳に近づくように体ごと頭が沈みます。

ハイ、出来上がり♪
ここまで、休み休みでもほんの30分です。
あとは、旋回中のつりあった状態を早く再現できるようにするのみ。
半周も旋回すればフォームができ、1周もせずに膝が接地します。
ん~、成功♪♪

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

僕がへっぽこカメラマンのために、ズリズリできてる瞬間のキレイな画像がないのです。。。。
せんせいの名誉のため、キャプチャですが"その瞬間"を。
5th.JPG
もちろん、左もちゃんと。
6th.JPG
うふふ♪

動いてる映像はコチラ。
自由の翼 | 投稿者 くぢらちゃん 12:04 | コメント(0)| トラックバック(0)

続々:こんな按配です。

一気に涼しさが増した僕の街ですが、皆さんのところはいかがですか?
今朝の通勤中に見かけたお姉さんは、長袖&ショートブーツ&日傘という微妙な季節を体現している微妙なスタイルでした。

ほんの先々週の様子ですが、前回のエントリーで >普段は日中には走らないこぉちゃん
というくだりがありましたが、そりゃそうですよね、今年の夏はなにせ暑かった!

日中に走っているように思える画像も、暑さを避けるために早朝なのです。
それでも、暑い。
そんな彼もたまに早起きして明るいときに走ります。
anbai5.JPG
白いメットにプロテクターの上にはこれまた白いTシャツと、一見爽やかそうに見えますが、装備の下は汗ダクです。
240_320k.JPG
快調に走っているように見える僕に欠かせない装備と言えば、、、、、
taol2.JPG
この白くてフワフワのニクイやつ。

240_320.JPG
ゴキゲンで走っているように見える僕に欠かせないのは、、、、、
taol1.JPG
タオル★


でも今週は一気に涼しくなったので、ツナギでゴギゲンに走っていられます。
320240v.JPG
そりゃついついピースしたくなるわっ。
自由の翼 | 投稿者 くぢらちゃん 07:25 | コメント(1)| トラックバック(0)

続:こんな按配です。

久々に、僕のバイクの先生であるミ鶴くんを交えて乗る機会がありました。
前日に仕事でトラブルがあり、「2時間しか寝てないんよ」と言ってもいざ走り始めるとリラックスしてスムースなミ鶴くん。
anbai1.JPG

普段は日中には走らないこぉちゃんも、珍しくおでまし。
そして、NSR初体験★
anbai2.JPG

お二人の按配はどうかというと。
anbai3.JPG
ミ鶴くんは装備が手元になかったので、パンツと靴下以外は僕の(笑)装備で。
HYOD(ヒョウドウ)のライディングパンツ、ST-X HSP706にPUMAのデスモ・GTXブーツの組み合わせ。
下半身だけを見ると、ドゥカティにでも乗っていそうなおよそミニバイクとは思えない組み合わせ。

anbai4.JPG
こぉちゃんは愛用のBERiKのツーピースのパンツとこれまたPUMAシンセティック1000ブーツの組み合わせ。
ふだんの装備は全てBERiKで、GT-Xブーツを使っていますが、「履き替えても全然違和感はないですよ」とのこと。
画像ではキレイに見えるスライダーですが、実はベリックアイズの外側だけが削れているという気合の入りよう。
どのくらい違和感がないのかというと、ブーツを履いてホッピングできるくらいだそうです。
ko2574.jpg
若いっていいよね。

ひとっ走りの後、のんびりモーニングセットを食べて土曜の朝を過ごしたのでした。 
自由の翼 | 投稿者 くぢらちゃん 12:19 | コメント(0)| トラックバック(0)

こんな按配です。

よく「くぢらちゃん、ちびっこバイクで膝スリしてるって言うけど、どんな格好でやりよるの?」と尋ねられます。
だいたい、こんな格好です。
Image2556.jpgkudira57.JPG

これだけ暑い日続きだと1ピースツナギではトイレも不便だし暑いので、
上半身は長袖Tシャツ+バイク用プロテクター+半そでTシャツ。 上に着るTシャツは大量にあるという理由でRock系Tシャツが多いですが、バイクブランド一辺倒でないのも楽しそうでいいでしょ。
下半身はメッシュインナー+2ピースツナギの下だけ+ライディングブーツ。
Image2538.jpg
なんてことはない、皆さんが峠に走りにいくようなスタイルと同じです。
Webオークションではスライダーつきのメッシュパンツなるものが売られていまして、とっても惹かれるのですが。。。このところちょっとムダ使いが続いたのでガマン★

Image2477.jpg
このときは、ちょびっとだけオシャレな感じで
ベイツのスライダー付きパンツにジャージで股を開きやすく改造していただいた物。ブーツアウトなので、ベリックのブーツのスリムタイプを履いています。
この画像では足元がわからんですね。

下半身はほとんどこの組み合わせです。
kudira55.JPG
Image2554.jpg
ベリックの2ピースのパンツ+PUMAシンセティック1000ブーツ。

何事も格好から入るタイプの僕ですけど、アウトレットやWebオークションで安価に入手できるものばかりです。
もっと上手になって転ばず走れるようになれば考え方も変わるのでしょうが、今のところは「転ぶことを気にせず使えるもの」ばかり。
高価なものを使っているとビビッてがんばれなくなりますけ。

それでも、普通の人から見れば「ちんまいバイクでナンと大げさな」って感じですよね。
コンビニには入りにくいので、のどが渇いたら自販機派の僕です。
自由の翼 | 投稿者 くぢらちゃん 08:27 | コメント(2)| トラックバック(0)

OGKカブト FF4

すでにこのFF4の後継モデルであったFF5も廃盤となり、市場にはFF5Vが流通していますね。
去年、カーボンのFF4-Rの記事をエントリーした時点ですでに懐かしい感じの話題でしたが。。。。
凝りもせず、またFF4をゲットしました。
ff41.jpg
こないだのKSRでのスリップダウンで、目立たないながらも長年愛用のSHOEI X-8はチンガードが削れてしまい、ちょっとみすぼらしいことに。
それでもアライのように内装がポロポロと落ちてきたりすることはないので被って走行はできますが、内装は完全にへたってぺたんこ。
Mサイズのはずなのに、FF4のLサイズよりもゆるいのです。

そこでちょいと(ほんのちょいと)フンパツしまして、ヤフオクでげっとしました。
「試着後は仕舞ってました」と前の持ち主の方はおっしゃりましたが、まさにそのトオリで、新品のにおいがします。
FF4-R用にと予備で持ってたMサイズの内装をつければ、ばっちり。

携帯の写メでは写せないのですが、日光の下で見ると帽体の塗装の下にファイバーの網目が透けて見えます。
塗料自体がソリッドの黒ではないのでしょうし、塗膜もあまり厚くないのでしょう。
FF4-Rと同様に、帽体の表面は平滑ではなくファイバーのでこぼこがうっすらと感じられます。
このちょっと透けて見える感じがかっこいいので、シールドのホルダーもFF4-R用のスモークを着けました。 これも、写メではほとんどわかりません。。。。。
ff42.jpgff43.jpg
FF4とFF4-Rでは、後頭部のステッカーの位置も大きさもずいぶん違いますね。
こうしたデザインの妙もあってか、レーシングギヤ独特のスパルタンな感じがします。 旧型とはいえ当時のトップモデルですものね。
やっぱしSHOEIかぶって練習に行こう★
自由の翼 | 投稿者 くぢらちゃん 07:05 | コメント(2)| トラックバック(0)

★祝★KSR初膝すり

KSRの納車前からレーシングスーツを買うという、やる気満々の会社の後輩こぉちゃんでしたが、納車後も続いてやる気満々。
プロテクターにジェットヘルメット、スライダー付きニーパッドを付けると、下に着てるポロシャツが不自然なほど、やる気みなぎるかっこうに。
ko13.jpg
「定常円旋回して~」
「腕は力を抜いて突っ張らないで~」
「そのまま腰をずらして~」
"ペケペケペケ"って感じだったエンジン音が次第に"ミーン、ミーン"と甲高くなると。
ko12.jpg
あっけなく「ゴ~~~~~~~スリスリスリ」。
おいおい、まだ始めて30分経ってないですよ。
あんた、先週まで「どっちがクラッチでしたっけ?」とか言ってたじゃん!!

しまいには8の字しながらスリスリ、切り返しながらスリスリ。
これまで友達のバイクを借りてちょびっと乗ったことしかないとか言ってたわりに、すでに芸達者です。ko10.jpg
何年も膝がすれなくてモンモンしてる人も多いというのに。。。。

「あっけなさすぎて面白くないわ~」。 byはーちゃんパパ
自由の翼 | 投稿者 くぢらちゃん 07:33 | コメント(0)| トラックバック(0)

BERiKの新型スライダー

入梅前に買った、BERiKの新型スライダー、やっと使えました。

軽量で、中心に埋め込まれたマグネシウムと、この特異な形状のために路面を滑るような感じが新鮮です。
slide
ソラマメ型が"ジュルッ"という感じで多少の食いつき感をもって路面に接するのに比べれば、この硬質な滑走感はレース向なのでしょう、スライディングのためのロスが少ないと思います。 

厚みは旧型とあまり変わらないと思うのですが、旧型に比べればスライダーと路面が"点"で接触しているからか、フォームが乱れていると膝カップやすね部分が接地しそうに感じます。
slider.jpg
もうちょっと外側というか膝の側面寄りに取り付けたほうがよさそうですかね。
ソラマメ型ならば、ベストな位置から多少ズレていても接地面積が広いからか、どこがどう地面と接触しているかなど気にせずにスリスリしている気がします。

どっちでもいいや、次の新型は火花が出るやつ希望★
自由の翼 | 投稿者 くぢらちゃん 21:33 | コメント(0)| トラックバック(0)

★祝★ KSR-1納車!

会社の後輩のこぉちゃん、KSR-1をゲットしました。
ksr0.jpg
「KSRを買って膝すりできるようになる」のが目標のこぉちゃんはバイクを買うと決めたら、即、ツナギも購入。
ko1
やるのぉ。

納車と同時にタイヤもロード用タイヤに交換し、楽しみにしてたのに雨模様の今日。
明日の予報も微妙ですが。。。。。
ksr10
明日天気になーぁれ!
自由の翼 | 投稿者 くぢらちゃん 18:26 | コメント(1)| トラックバック(0)

NSR80のテールカウル交換

僕のNSR80はいわゆる"後期型"になる直前の93年くらいの型だそうで、スラントカウルに6本スポークホイールだけど、テールカウル&シートは前期型のカクカクしたやつが付いていました。
Image1748.jpg
この前期型テールカウルは見た目はNSRらしくてグー!なんですけど、いかんせん座面の前後長が短いのです。
バックレストを取り外すと少しは楽になるのですが、これが付いているとお尻をずらすのも難しかったのです。

そこで、後期型のテールカウル&シートを付けてみました。
nsrseat0.jpg
これで、元から付いていた純正の外装はアンダーカウルとフロントフェンダーだけ。
つぎはぎでちょっとかわいそうな見た目になってしまいました。

なにせ、フレームに固定する方法がまるっきり違うので、テールカウルのマウントを新設せねばなりません。
そのため、テールカウルのマウントステーのために配線の取り回しを変えます。
赤いところを前後逆にひっくり返します。nsrseat2.jpg
こうすると、CDIモジュールのタンク寄り(画像では左側)の部分にスペースができます。


ヤフーオークションでゲットしたマウントステーを取り付けます。nsrseat3.jpg
リヤフェンダーの一部に干渉するので、ニッパーか金ノコでそのあたる部分を切り取ってください。

さらに、後期型シートも少しだけ手を入れます。
nsrseat4.jpg
画像の赤丸部分のゴムを取り外し、シートレールにのっけるための出っ張りを切り取ります。
この部分がマウントステーに干渉するためです。

あとは、純正ボルト2本を使ってシートカウルを固定するだけです。
nsrseat5.jpg
横から見るとシート下にリヤフェンダーがはみ出てるし、後ろから見ればシートカウルとテールランプにもちょっと不自然な隙間ができます。
キレイに取り付けるには、シートカウル内側を幾分削らなければならないと思います。
さらに、この後期シートは一体整形のためか起伏にとぼしくて安っぽいです。
でも、この状態で乗ってみると、前期型シートカウルよりも前後に動くことができて具合がいいです。

ああ、梅雨明けが待ち遠しい。。。。。。
自由の翼 | 投稿者 くぢらちゃん 19:13 | コメント(0)| トラックバック(0)

続:Let's Ride!

ちょうど露の晴れ間になったので、ソフテイルデラックスのタカシさんと呉に行ってきました。
takashi
タカシさんはその後あっという間に大型免許を取り、無事にソフテイルデラックスも納車されたのでした。
午後からもバイパスからワインディングとけっこうな距離を乗りましたが、デカいソフテイルをものともせずヒラヒラと走ります。

一方、我が家にもニューフェイス。
notmonkey
110ccの中国製モンキーもどき、2人乗りバージョンです。
お母さんとユカリさん、ドキドキしながら初タンデム。
狭い路地では内輪差?のために少し大回りしなければなりませんが、乗って乗れないことはない、だそうです。
どんなもんかね?
自由の翼 | 投稿者 くぢらちゃん 00:01 | コメント(0)| トラックバック(0)

続:おらが街にもボスコモト

おらが街にボスコモトができて半年が過ぎ、すっかり御用達に。
bosco
いつもニコニコお出迎えしてくれる姉さんたちを、パチリ。

何故かこのごろスライダー(僕の世代はバンクセンサーと呼びたい。。。)がよく減るので、新しいのを買いに行ったのですが。
こないだ新型が出たばかり
bosco2
(左が従来のもの、右が取り外しにベンリな取っ手付き)なのに、
さらなる新型が。
bosco1
まだ使ってないのでなんとも言えませんが、ひっくり返して使えるソラマメ型も捨てがたい。
「新しいやつは中央にマグネシウムが埋め込まれてて、よくすべるのに火花が散りません」とお姉さん。

いや、僕は他に芸がないので火花歓迎です。
自由の翼 | 投稿者 くぢらちゃん 23:39 | コメント(2)| トラックバック(0)

★祝★初ツーキング♪

このところ、休日の早朝にバイクでぶらぶらする機会がなかった僕ですが、今日はユウキッチ新車で始めての通勤なのでお供することに。

バイパスを快調にトバすユウキッチ。1200X1
実物は、画像よりも迫力のある黒で、リムストライプやリヤサスのオレンジが精悍なかんじですよ。

ほんじゃが、どうもわしのXRちゃんが引き立て役のようでイカン1200X2。。。。。。
自由の翼 | 投稿者 くぢらちゃん 23:22 | コメント(0)| トラックバック(0)

XR1200X 納車 おめでとう~♪

とは言っても僕が買ったワケではないです。
Mayuhime先生のだんなさま★おめでとうございます★
XR1200X.JPG
僕のXRではショボかったステムナットも黒いコーティングだし、なんといっても足回りの充実度がウラヤマシ。
早く梅雨が明けないかなぁ。
自由の翼 | 投稿者 くぢらちゃん 17:17 | コメント(0)| トラックバック(0)

のんびり日曜日

父の生前は、ムスメと一緒にグループホームにお見舞いに行き、その後でこのちっちゃいビーチで砂遊びして帰るというのが日曜の朝の定番でした。
このところ足が遠のいていたのですが、ムスメが「大きいバイクに乗って出かけたいんだよ」というので、久々に砂遊びセットを持って出かけました。
Image218.jpg
しばらく遊んでいると、お弁当を持ってピクニックみ来るヒト、ワンコとフリスビーをするヒト、海パン一枚で読書して日焼けにはげむヒト。。。。。。
Image2190.jpg
お昼が近くなると、ヨット教室の子供達が戻ってきました。

さらに、おうちを追い出されたハーちゃんパパも。Image2194.jpgImage2193.jpg

我が家でお昼ご飯を食べた後は、ハーちゃんパパと郊外にハンドルを向けます。
住宅地を抜け、峠を越え、たっぷり走るとまた海辺で休憩。Image2196.jpg

帰り道に先輩のジュンさんちに寄ると、せっせとバイクを修理してます。
Image2198.jpg
早くしないと良い季節が終わっちゃいますよ!
自由の翼 | 投稿者 くぢらちゃん 10:01 | コメント(0)| トラックバック(0)

広島輸入バイクフェア 西区マリーナホップ

早朝でも肌寒いこともなく、バイク日和だったのでちょいと早起きしてKSRに乗っていました。
Image2171

お昼前にはお友達家族もそろって昨日8日と今日の9日に西区観音のマリーナホップで行われている「広島輸入バイクフェア」にお邪魔しましたよ。
Image2176
ハーレー、ドゥカティ、KTMなどなど世界中から「広島で買える」輸入車がずらり。
Image2173
ひときわ目をひくBimota DB7。 シートレールはなく、カーボンモノコックのリヤエンドがシャープです。

500円払うと好みの2台を試乗させていただくことができます。
お母さんは、ハーレーのV-ROD。Image2179
身長163センチと女性としては恵まれた体格のお母さんは、さらに4センチくらいかかとがあるエンジニアブーツを履いていたのですが。。。。
フォーワードコントロールが標準のV-RODでは足が伸びきってしまいます。
女性が乗っているとかっこいいのですが、自由に操るには慣れが必要でしょうか。

僕はBimota DB6とDUCATI ストリートファイターをお願いしました。
P1020238
強いて言えばBimota DB6の方が乗りやすいと感じましたが、DUCATI ストリートファイターのワイルドかつ流麗なデザインも捨てがたい。
Image2182

DESMOの谷口社長さんによれば、「DB6は本当にバランスがよくて"乗りやすいを形にしたバイク"。  ストリートファイターだとトラクションコントロール搭載の上級モデルに人気が集中してるしそれなりに値引きもできるんだけど、標準車も十分以上でオススメ」とのことですよ。

試乗の際は、500円を支払って、免許証の提示が必要です。
「免許忘れてきた」「普通二輪免許しかない」という方はNGです。
しかし、ヘルメットやグローブは貸していただけますよ。
試乗コースは駐車場内の指定ルートを一周だけなので、速い人では10秒、のんびり乗っても20秒ほど。 じっくり乗りたい人は各ディーラーさんに改めてお邪魔するほうがよいかも。。。。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

夕方からはバルコム広島の中古車フェアへ。
16日までの成約だと、"5万円分のパーツサービス特典"があるそうです。
特に高年式の中古車は保障もばっちり、それなりに新車との価格差もありますからねらい目ですよね。
Image2185
これ! 初期モデルのV-RODはミッドコントロール仕様。
最新モデルに比べるとちょっと細めのリヤタイヤと相まって、見た目以上に乗りやすいそうです。

Image2187
この日の僕のお気に入りはスポーツスター883Rのカスタム車。
ローダウンされた車体にドラッグバーが雰囲気です。

入梅までの今の時期、バイクに乗るのは本当に気持ちいいですね。
明日はどこに行こうかな!
自由の翼 | 投稿者 くぢらちゃん 09:31 | コメント(0)| トラックバック(0)

続:岩国基地 フレンドシップデイ 2010

週間予報での天気が崩れるという見方に反して、例年にないくらいの暖かい朝でした。

8時くらいにはモンゼンゲートに着きたかったので、6時集合としました。 大勢のツーリングにはつき物でなかなか予定通りにいきませんでしたが、事故もなく無事に基地内に入ることができました。
Mayuhime先生、今日が免許取得後たった3度目の公道でしたが、幅のひろいドラッグスターで果敢にすりぬけもこなし快走。
iw00
バイクで基地内に入るには、「モンゼンゲートから、6時から9時まで」というのがお決まりのパターンのようです。

バザーや展示のエリアに入るには少し時間があったので、フードコート内のタコベルで腹ごしらえです。iw01

バザーエリアに入ると、毎年恒例のオミヤゲをゲット。
基地に所属する部隊のTシャツとワッペンです。
Tシャツはどれも2000円くらいでオミヤゲにはぴったりです。
アメリカサイズでちょっと大きめなので、標準的な体型の人ならSサイズでちょうど良いと思います。
iw03
これまた、お約束で飛行機の前でパチリ。
iw02
曲芸飛行の飛行機にまじってフェラーリなんかも展示してありましたよ。iw04


今年はサンダーランがなかったので、12時くらいには基地を出ました。
渋滞をさけて、弥栄ダム~蛇食峡~廿日市とプチ・ツーリングとしました。
基地で一緒になった友達も合せて、20台くらいの大所帯になりました。iw05
最後の休憩はせんせいのおうちに寄らせていただき、あとは一気に市街へ向かいました。

去年は夕方に土砂降りがありましたが、今年は終始天候に恵まれました。
4時前には市内にたどり着き、今朝からのアレコレを振り返りながらウダウダ過ごしました。
毎年、何かしらネタになる出来事はあるものですが"これが岩国ツーリング"という感じです。

P.S 「10時ごろに着いても、モンゼンゲートからバイクに乗って入れたよ」と聞きました。
入場者数が多くなければ、柔軟に対応していただいてるのですね。
毎年エスコート&誘導してくださるIMCの方たちに感謝しなきゃ。
自由の翼 | 投稿者 くぢらちゃん 21:10 | コメント(0)| トラックバック(0)

Let's Ride!

桜が散ってもしばらくは不安定な天気が続いていましたが、ゴールデンウィークは晴れ続きのようですね。
去年から僕の身の回りは二輪免許取得やリターンライダー続出ですが、ムスメのお友達のお父さん、タカシさんもまた教習所へ。

これまでスクーターに乗った経験しかないそうですが、なかなかリラックスして堂々と乗れてます。
Image2138

腕は突っ張らず、背中も自然に丸くなっていて、乗れてる感じでしょ~。
Image2139

バイクに乗り始めて23年の僕ですが、こうして教習風景を眺めていると初心を思い出して背筋が伸びる思いです。

タカシさんは仕事に教習に忙しい毎日ですが、時間を作ってはバイク用品を見たり、バイク屋さんに行ったり、、、、、今が一番楽しいときでしょうね♪
自由の翼 | 投稿者 くぢらちゃん 23:23 | コメント(0)| トラックバック(0)

岩国基地 フレンドシップデイ 2010

もうGWも目前、長期休暇がとれる人はすでにわくわくモード?ですよね。
例年5月5日に山口県岩国市の岩国基地で開かれるフレンドシップデイ、くぢらちゃん家族も楽しみにしています。
kudira090505.jpg
去年は過去最高の入場者数だったそうで、滑走路をバイクで走ることができる"サンダーラン"も参加者が多くて希望者全員が走ることはできなかったそうです。

今年もバイクに乗ったまま、モンゼンゲートから基地内に入ることはできますが、サンダーランはないのだそうです。

このブログにも、遠く愛知から来ても走れなかったというコメントをいただきました。
残念ですが、以降は「基地内へのバイクの乗り入れさえも禁止」とならないようにマナーを守らねばなりませんね。

サンダーランがないのなら、スクーターかミニバイクで行くのもいいかなと考えています。
岩国駅周辺は例年、朝の7時には渋滞ですし、帰りも宮島口を過ぎるまではとてもすり抜けなしではやってられないような混雑であることが多いです。
今年も岩国でみなさんにお会いできるのを楽しみにしています!
自由の翼 | 投稿者 くぢらちゃん 07:48 | コメント(0)| トラックバック(0)

ハーレーのバルコム広島 スプリングフェスタ

今日と明日の2日間、南区出汐の広島産業会館で、ハーレーの新車&中古車を展示している"スプリングフェスタ"をやってるということなので、スポーツスターを検討している先輩家族と、くぢらちゃん家族でぞろぞろとお邪魔しました。

受付を済ませると、もみじ饅頭で有名なやまだ屋さんのハーレー饅頭?をゲット。
Image1917
先輩が見積もりしてもらう間、うちのムスメは塗り絵ヌリヌリ。
Image1910
さらに、XR1200Xの上でパチリ。
Image1912

家族で出かけてもイロイロ楽しめるし、イベントならではの特典もあるそうですよ。
見るだけのかたも、ゼヒ♪
バイクの趣味と言えば、ともすればお父さんダケで過ごしがちですが、家族で楽しめるイベントもいいものですよね。
自由の翼 | 投稿者 くぢらちゃん 23:09 | コメント(0)| トラックバック(0)

続:バイクな一日

こないだMayuhime先生とご一緒したばかりなのですが、またまたキレイなお姉さんとご縁がありました。

今回は、せんせいの奥様と練習がてらプチ★ツーリングです。
奥さんはこれまでもスクーターに乗る機会も多く、車の運転も達者なのでバイクも難なくこなし、およそ初心者って感じの運転ではありません。
ちょっと山口智子さんふうなフェミニンな笑顔からは想像できないのですが、奥さんヤリますわ~。

少しだけ交通量の少ない流通団地で練習したあと、区画の小さな住宅街をジムカーナっぽく走ります。
鈍い光のアルミタンクに写る奥さん、堂々としてます。Image1800.jpg

後半は、広場で僕のニンジャに乗ってみました。
一気に大型免許まで取ったので大型バイクもばっちりです。
ヘルメットのカラーが合ってるからか、まるで自分のバイクみたい。
Image1797.jpg
こうして、免許をとって日が浅い方と一緒だと、いつもの道もなかなか新鮮です。
普段何気なくできていることを説明しようとするのですが、どうもうまく言葉にできません。
よく、"教えることは自身の勉強だ"と言いますが、まったくそのとおりですね。
限定解除をしてからもうスグ20年たちますが、日々精進の僕です。
自由の翼 | 投稿者 くぢらちゃん 14:26 | コメント(0)| トラックバック(0)

バイクな一日

寒い日が続きましたが、皆さんお元気ですか?
ネタはたまるのにエントリーはまとまらず、気が付けば1ヶ月以上も放置していました。

chibi
今日、ムスメはちびっ子料理教室のためにお母さんとお出かけだったので、いささか手持ち無沙汰でした。

年末にNSR80に縁があり、KSR同様にスリスリしてみようと出かけました。
KSRでは無造作にクラッチをつないでも余裕で発進できるし、2速で切り返しながら安定して膝がすれますが、どうも思うようにいきません。
nsr801
困ったときの神頼みと、エルフ高須店にお邪魔しました。
「NSR50のフロントフプロケットを付けるとちょっとローギヤードになるから、これで試してみてね」とのこと。
KSRのようなするどい発進とまではいきませんが、ずいぶん低速が力強くなりました。
しかし、その状態でもトップスピードは100Km/h以上です。
もっと下に振ってもいいような気がします。

午後からは、Mayuhime先生の免許取得後、初練習です。
交通量の少ないところを選び、一般車に混じっての運転になれるよう走ります。
さすがガッツの人Mayuhime先生、あせらず堂々と走ります。
寒さをしのぐのにコンビニで休憩しましたが、余裕の笑顔です。
mayuhime3
夕方にはご主人とも合流し、もうひとっ走りしました。

そうそう、20日に先生の本が店頭に並ぶそうで、1冊いただきました。
mayuhime
デモトレもサボリ気味のダメ生徒な僕です。
あ、サインもらい忘れた~(TT)。。。。。
自由の翼 | 投稿者 くぢらちゃん 00:03 | コメント(0)| トラックバック(0)

続:スタマタキス バイク用チャイルドシート

思いのほか仕事も家事も早く済んだので、なんとかXR1200にも着かないものかとジタバタしてみました。
Image1642
グラブバーを利用して前方へのズレを防ぐハーネスはウインカーステーに。
着くことは着いたのですが、上下を固定するためのハーネスはテールカウルの下を通すしかなくて、リヤタイヤが大きくストロークするとタイヤに当たりそうです。
Image1644
そもそも、ムスメの足がタンデムステップに届きませんでした。。。。。。。
ツメの甘さよ~。
自由の翼 | 投稿者 くぢらちゃん 22:42 | コメント(0)| トラックバック(0)

スタマタキス バイク用チャイルドシート

スクーターではいつもタンデムしている娘なので、ためしにニンジャにも着けてみました。
stamatakis1

stamatakis2
このスタマタキスのチャイルドシートはシートとグラブバーを使って固定する仕組みです。
画像ではわかりにくいのですが、シート前部(タンク後端)に向かうハーネスで後ろへのズレを防ぎ、チャイルドシート真下にも持ち上がりを防ぐハーネスがあります。 さらにグラブバーに2本のハーネスを通して固定します。
いつもスクーターにつけていたので、ニンジャ用にハーネスの長さを調整して、約5分で取り付けしました。

後ろはグラブバーに固定するようになっているので、XR1200には無理っぽいです。
絵面的?にはハーレーでタンデムするほうがいいかなー、と思いますが。。。。

曇っていて肌寒かったですが、お約束のビーチに。
stamatakis3
ムスメは身長が伸びたので、タンデムステップに足が届きます。
もうちょっとで4歳になりますが、普通の3歳よりは身長が高いのです。
画像のヘルメットはアライのものでXXSサイズ、グローブはFOXでユースのXXSサイズです。 どちらも少し余裕がありますが、ブカブカで用をなさないということはありません。

お尻も前にむかってずれにくく、BW'sに着けたときよりも具合が良い様子。
まだ3歳なのでちょっと遠くに出かけると眠たくなるのですけど、たまにはニンジャでお出かけもいいかなー。
自由の翼 | 投稿者 くぢらちゃん 19:48 | コメント(2)| トラックバック(0)

久々、バイクな一日でした。

秋口から公私共にあわただしく、今月には身内に不幸があったために楽器は弾かず、バイクもせいぜい2時間くらいの時間を区切ってチョビチョビ乗ってるだけという3ヶ月をすごしていました。

しかし誰にも平等に一日は24時間しかないのだし、ここはヒトツ踏ん張ってみましょうと思い、やっとニンジャの車検を受けました。
我が家の居候(最近は彼女ができて登場回数は減り気味)、レイちゃんに背中を押されてぶらりとバイクの日となりました。

まずはニンジャを引取り、今日オープンのボスコモト広島店さんへ。
Image1625
レイちゃんは愛車、CBR1000でがんばる時に備えようとスーツを試着。
ベリック、アレンネス共にサイズもタイプも豊富ですが、身長185で貫禄もつき始めたレイちゃんはさすがに選り取り見どりとはいかず。
Image1627
着心地を確認するためにまたがらせていただけるアプリリアRSとプラダのサンダルは、ボスコモトさんおなじみの風景ですね。
お気に入りだった真っ黒のアレンネスのスーツは、ちょっと小さくてアキラメ。

お昼に坦々麺をいただき、お次は僕のベースの先生、西本先生がおられるバルコムさんへ。
Image1628
早速ボスコモトさんでゲットしたICONのジャケットを着てハーレーにまたがってゴキゲンです。
視線の先には、お隣にはそれぞれ黄色と白にペイントされたXR1200が。
Image1629
グッと個性的で目をひきますねえ。
もちろん、つや消しブラック塗装が迫力のXR1200Xも。
Image1633
前後のサスペンションがグレードアップされても標準のXR1200と2万5千円しか違わないんです。 クヤシー!

さらに、883Rもシルバー、ブラック、オレンジと3色揃い踏み。
Image1632
スポーツスターファミリーの生産打切りの噂もチラホラ聞きますが、こうしてスポーツスターに囲まれていると現実味がないです。

さらに中古パーツ屋さんや用品店さんをハシゴして、たっぷり半日バイク浸けとなりました。
忙しさのせいにして引きこもっていてもサエナイですし、すっきりリフレッシュできた土曜日でございました。
自由の翼 | 投稿者 くぢらちゃん 01:04 | コメント(0)| トラックバック(0)

おらが街にもボスコモト?

10月にもメルボルンに行った僕ですが、福岡空港発着だったので、鳥栖に~。
もちろん、ボスコ・モト鳥栖ストア&アウトレット店さんにお邪魔しました。
クルクル&スリスリの先生、ミツル君のグローブをゲットし、店内でもクルクルグッズを拝見しました。
Image1505
子供用のツナギもたくさんで、うちのムスメはバイクなんて乗れないとわかってても買ってあげたくなります。

いつもお世話になってる姐さんにお願いし、愛車V-MAXと一緒にパチリ。
Image1507
黒いホイールとカーボンサイレンサー、シルバーの車体の硬派なこと。
女性に"男前"と使い始めてズイブンたちますけども、本当に男前な姐さんです。

そうそう、僕の街でもアレンネスのエンブレムがついたサービストランポをキャッチ!
場所は広島市南区仁保でして、以前はSuper Bobcatがあった場所です。
11月21日のオープンを目指してがんばっておられるとのことですよ。
浜松をオープンして間もなくて本当に精力的ですよね。
それって、僕の街でもボスコモトのスペシャルセールが。。。。。。ってこと!?
Webでのお知らせが待ちきれないですね。
ワクワク☆★☆★☆★
自由の翼 | 投稿者 くぢらちゃん 21:56 | コメント(0)| トラックバック(0)

モミマツ「どんぐり村ツーリング」お見送り隊

暖かさがもどり、ライダーには良い季節が続いていますね。
皆さんもバイクな休日をお過ごしですか?

ちょっと早く目が覚めたのでXRに乗ってうろうろしていた僕です。
Image1589
      (画像は美化されたイメージです)

モミアゲスピードさんの前を通りかかると、ちょうどボスがツーリングに向かうためにエンジンをかけたところでした。
集合場所のコンビニまでお供して、プチ・ツーリングキブンです。
Image1550
15分ほどで待ち合わせ場所に着き、コンビニ前でパチリ。
ボス、たかぶるキモチを左手で抑えてスマシ顔です。

コーヒー&パンをやっつけてると、ぞくぞくとお客さんたちが集まってこられました。Image1580

昭和なコイキさがかっこいいモミスピの面々ですが、、、、僕だけカブトムシのような格好。
Image1582    (ふたたび、都合よく美化されたイメージです)

「こりゃいかん」と思い立ち、スゴスゴ退散しました。
すると偶然、通勤中のせんせいとご一緒できました。

早起きは三文のトク、な日曜の朝でした。
自由の翼 | 投稿者 くぢらちゃん 11:26 | コメント(0)| トラックバック(0)

晴れ、時々スリスリ。

しばらく娘の部屋にしまいっぱなしだったKAWASAKI KSR-Ⅱですが、ちょっと活躍していただくことに。

友達のD-1選手、ミ鶴くんは元プロライダー。
いろいろと話が弾み、「NSRよりも気軽に楽しめそう」ってことで、 KSR-Ⅱを引っ張り出しました。

ksr11
ん、、、、ジェットヘルだし、ブーツはピンクだし、やる気があるんだかないんだか。

小一時間ほどクルクルと走り、スライダーもけずれてまいりました。
ksr3
BERiKのスライダーは"ジュルジュル"と溶けるように削れてゆき、いかにも擦ってる感じがします。
ksr4
一方、HYODのスライダーは硬質で"シャーッ"と地面の上をすべってゆく感じです。 BERiKと比べると硬くて長持ち。
調子に乗ってクルクル回り続けていると、"ズズッ"と膝が引っかかる感触が。。。。。BERiKのスライダーが減りすぎて、ベースのベルクロテープを擦ってしまいました。

次は白いスライダーにしてみようかな♪
ksr2
自由の翼 | 投稿者 くぢらちゃん 23:39 | コメント(0)| トラックバック(0)

続 カーボン バイカーヘルメット

去年も同じタイプのバイカーヘルメットを紹介しましたが、凝りもせずまた。。。。
araicarbon1

前回の物のコメントに"おそらく、アメリカACC社製かな?"と書いたのですが、どうやら今回のものがジャパンドラッグさんで扱っているアメリカACC社製ではないかと思います。 一番下のカーボンバイカーズヘルメット ドロップテールにそっくりです。
じゃあ前回のものはドコ製だったのか、、、、。
お安くゲットしたのですが、全体に傷が多かったのでなんとか隠せないものかとジタバタしてみました。

araicarbon2
ダクトとステッカーはArai製ですが、帽体はもちろんArai製ではなく、、、、、。

これも前回のものと同じくあご紐の取り付けが2本なのでしっかりしたホールド感です。
どうせがんばって走るときにかぶるものではないので、いや、そもそも公道走行は違法ですから、笑えるくらいおバカなものにしようとアレコレ考えました。 でもなんかふっきれていない感じ。。。。。
僕にはユーモアのセンスはないみたいです。

自由の翼 | 投稿者 くぢらちゃん 22:01 | コメント(0)| トラックバック(0)

OGKカブト FF4R Flame & Astral

なんでですかね、書こうと思って書けないネタってありまして、この記事も半年以上寝かせてました。
ま、仕事じゃないんだし、ユルシテクダサイ。

いくつかカーボンヘルメットについて書きましたが、2輪用カーボンヘルメットといえばこれは避けて通れないネタですよね。

と言っても、発売はもう4年も前ですし、メーカーが推奨する期限は切れてます。

けれど、このカーボン柄、やっぱり抗いがたい。。。。
画像ではわかりにくいですけど、星柄の部分は粗いスパークルシルバーで塗装されていて、カーボン地とのコントラストもなかなかです。
お盆前に、Astralのディフューザーに誤ってヒビをいれてしまい、メーカーに修理に出しました。
「チェックの結果、実用限度を超えていると判断した場合は修理できません」と言われましたが、大丈夫だったようです。 ホッ。

FF-5が発売になってずいぶん経ちますし、販売当初には「1年くらい待てばFF-5にもカーボンモデルが出るんじゃないか」と思っていた皆さんも、すでにアキラメモードでしょ?
修理を依頼した際に、担当の方に「FF-5にもカーボンモデルが出ますか?」と聞いてみましたが「今のところ予定は無いです、問合わせはけっこういただくのですが」とのことでした。

後発のAstralの方がカーボンが見える面積が多いような気がします。
けれど、Flameの白いラインを配したデザインもなかなかで、レーシングスーツを着てレプリカやスーパースポーツに乗るなら、こっちかなあ。


使用感について比べたくなるのはアライのディフューザー付きモデルですよね。
あくまでもアライに比べれば、ですが全体の印象は「ちょっと軽い気がするけどあんまり変わらないなあ」くらいです。
でも、シールドの交換は断然FF-4のほうがラクチンです。
シールドを全開にして、ホルダーのボタンをグッと押してシールドを引き抜くだけですから。

FF-5はSHOEIのようにシールドとホルダーが一体になってるから違う方法なのでしょうね。

これは無理な相談でしょうが、できることならS、M、Lの帽体を作りわけていただきたいです。
FF-4はS~Lまでは同じ帽体、XLだけ別の型だそうです。
コストはかかるけど、コンパクトな方が利点が多いこともありますし。
いや、でも内装を取り替えるだけでS~Lまで対応できるのも大きな利点ですね。

オーストラリアのスーパーバイクレースでも、OGKライダーがいましたよ。

自由の翼 | 投稿者 くぢらちゃん 18:31 | コメント(0)| トラックバック(0)

AGVヘルメット GP-PRO

ゆうべから風邪でふせってる僕ですが、昨日の朝はまだまだ元気でした。
我が家のお騒がせ居候、レイモンドの長男、カイト君にバイクの乗り方を教えちゃったりして。
さすがサッカー選手のカイト君、30分もすれば狭い駐車場でも2速に入れられるほど。
kaitonsr
NSRにまたがって、ニコニコパチリ★

そんな僕の最近のヘルメットは、これです。
agv00
ロッシさんのレプリカでも有名な、AGV GP-PROです。

agv01
ディフューザーだけでなく、ネックパッドにもメッシュ部分があってなんだか高そうな仕上がりです。
マトモに買えば6万以上だもの、インポートってことを差し引いてもそれなりのクウォリティってことなのでしょうか。

agv03
最近のエアロフォルムな帽体は、トップ部分に段差があるものが多いですよね。
ゴルフボールのでこボコと同じ役目で、ここで発生する小さな乱気流がベアリングの役目をすることで、表面の空気抵抗を少なくするんですって。

Mサイズってことで買ったこのヘルメットですが、ちょっとゆるかったので内装にスポンジをはさんでみました。
よく、"ヨーロッパのヘルメットは小さめ"と言われますけども、やはり試着の上での購入をオススメしますよ。
自由の翼 | 投稿者 くぢらちゃん 13:59 | コメント(0)| トラックバック(0)

BERIK ツーピースのパンツをブーツアウトに~

BERIKのカンガルーツーピーススーツを買ったのですが、せっかくなのでパンツをブーツアウトになおしていただきました。
ツーピースで、”LS2-4493K-BK”という品番です。 
ツーリングなど長時間着ることも多いでしょうから、ワンサイズ大きいものを選びました。
するとやっぱり、ちょっとハヤリのブーツアウトにしたくなりまして。

ストレートジーンズのようにすそを絞らない感じがかっこいいと思うのですが、
「本来はブーツが膝カップの固定を手伝っているのに、ブーツアウトではそれができません。すそがあまって膝カップが固定されていないと、転倒時にプロテクションがずれて危険なので」とお店のお姉さんにアドバイスをいただき、ほどほどなタイトシルエットにしました。 さすが、レーシングギヤの専門店★
BERIKSUIT3

バイクに乗るとこんなです。
BERIKSUIT4
ブーツアウトにするだけではなくて、裾を6センチ長くしています。 それでちょうどくるぶし部分までの長さです。
もしも裾を長くしなかったとしたら、ちょっとチンチクリンではないですか。。。。。。?

最近のブーツはふくらはぎにスライダーが付いたり、すねのプロテクションが分厚いものも多いので、そんなブーツでブーツアウトにしても、ロッシのようなピタピタな感じにはなりません。
あれは専用のふくらはぎ部分がちょっとしかないショートブーツのような専用ブーツがあり、しかも転倒時のすそのねじれを防ぐために内側がマッジックテープでしっかり固定してあるんですって。
スタイリッシュにいきたいなら、ゴツいレーシングブーツに合わせずに、ふくらはぎ部分がスリムなブーツに合わせて採寸していただいてください。
採寸時に、ご自身のブーツを持参してサイズ合わせができればバッチリですね。

ちなみに「競技に出るならお勧めしないです」とのこと。
なぜなら転倒した場合に、すねやフクラハギ部分の裾が破れる可能性が高いからです。
穴が開いたり、破損したままのスーツでは、装備検でNGになりますからね。

ありゃ、ツーピーススーツの話じゃなくて、スソの話になっちゃった。
自由の翼 | 投稿者 くぢらちゃん 23:20 | コメント(0)| トラックバック(0)

HJC カーボンジェットヘルメット AC-3

相変わらずカーボンヘルメットにハマリ気味の僕です。
いつかは本格的なジェットヘルメットがほしい、本格的ジェットならAraiのSZシリーズしかない!と長年思い続けてきた僕ですが、この度のカーボンブームでコロリとくらがえ。

しかも、いいタイミングでヤオクにリーズナブルなのが。。。。なんでも、「買ったけどサイズが合わなかった」そうで♪
HJCは韓国製で、現在は米国シェアNo.1だそうです。
これ、日本人としてはちょっと複雑なキモチです。

さて、標準の状態では白バイ野郎ジョン&パンチみたいなバイザー付きジェットヘルです。
hjcac-3-1
しかし、バイザーを持ち上げると。
hjcac-3-2
リリースレバーを前方に押し、バイザーを斜め上に引っ張ると、スポリと取れます。
取付け部分のシールドベースはこんなです。hjcac-3-3

逆の手順でシールドをつけると、スポーティーなルックスになります。
一粒で二度オイシイ★
hjcac-3-4
サイズは国産と大差ない感じです。
少しほほがゆるいかなと思いますが、パッドを調節すればよいレベルと思います。
店頭で選ぶなら、前後のサイズをかぶり比べるのがいいでしょうね。

国産では自主的に規制しているワンタッチバックルが付いているので、脱着は容易です。
これは安全にも関わるのでどちらが良いかはなんとも言えませんが。
しかし、冒頭に言った「全米シェアNo.1」だけでなく、カワサキやヤマハ、ハーレーの純正ヘルメットに採用されるなどの実績があることは安心です。

梅雨明けが待ち遠しい~~~~!
自由の翼 | 投稿者 くぢらちゃん 22:05 | コメント(0)| トラックバック(0)

カーボン バイカーヘルメット

おそらく、アメリカACC社製かな?な感じのダックテールヘルメットです。
carbonhelmet1.jpg

知合いの古美術屋さんにずっと売れ残ってたので、最後の最後に処分価格になったとき、やっと買いました。
あご紐はよくあるバイカーヘルメットに比べて太くゴツイもので、取付けが2箇所になっているので、風圧でズレることもなくしっかりしたかぶり心地です。
carbonhelmet2.jpgステッカーは僕があとから貼ったもので、もちろんヘルメット自体はSIMPSON製ではありません。

しかし、トラディショナルなアメリカンバイクに似合うかは?です。
レプリカバイクでもないですよね。

ッド・ピットさんのこのバイクなら、似合いそうです。bra.jpg

僕?KSRやスクーターで公道で使っちゃダメなのでながめてます(笑)
自由の翼 | 投稿者 くぢらちゃん 08:34 | コメント(0)| トラックバック(0)

カーボン ジェットヘルメット

入梅したとたんに晴れた日が続いてるわが街ですが、皆さんのところはいかがですか?
晴れの休日が多いので、時間を見つけて近所をうろうろしている僕です。
そんなときにお気に入りの、カーボン ジェットヘルメットです。
carbon1.jpg
ミラーシールドをつけると、ちょっと無機質な感じです。

シールドを外すと、普通のシンプルなジェットヘルメット。
carbon2.jpg
ちょっと小ぶりなシェルで、浅い形でもないのでしっかりとしたホールド感があります。
ジーパンに例えれば、トラディショナルなデザインのちょっと細めのストレート、といった感じでしょうか。

内装は外して洗うことができます。
carbon3.jpg

目を三角にしてガンガン飛ばすのもバイクの楽しさですが、会話や景色を楽しみながらのんびり流すのもいいですよね。
そんなシチュエーションにはやはりジェットヘルメットです。
XR1200に乗り始めてから、そんな楽しみを少しずつ感じてる僕です。

このヘルメットにはこれといってメーカーの表示がありません。
手ごろな価格のカーボンヘルメットといえば「全米シェアNo.1」のHJCヘルメットが有名ですね。
BMWやカワサキ、ヤマハの純正ヘルメットもHJC製なんだそうです。 僕の思い込みかもしれませんが、このヘルメットのカーボンの具合は、HJCヘルメットに似ています。
けれどHJCのWebを見ても
このモデルは載っていません。 過去の製品なのかどこかのブランド向けのOEMなのかもしれませんね。

どなたか、ご存知でしたら教えてください。

てなこと言ってたら、アッサリわかりました。
リード工業さんのB1-zという商品でした。
しかも、内装を外すと内側のラベルにしっかり"リード工業"の文字が。
ツメの甘さよ~。
自由の翼 | 投稿者 くぢらちゃん 18:25 | コメント(0)| トラックバック(0)

続:XR1200のハンドルバーを交換しました。

納車から約2ヵ月後の10月に、初回点検と同時にハンドルバーを交換したマイXRちゃんですが、2度目のハンドルバー交換をしました。

前回のスポーツスター純正のローハンドルバーでも幅は狭く、かなり乗りやすくなったのですが、やはり遠いと感じていました。
今回使ったハンドルバーは、デイトナのコンフォートハンドル"56モデル"というものです。 ちなみに、"56モデル"というのはハンドルのアップ量が56ミリってことだそうです。 XR1200に適合するデイトナのコンフォートハンドルでは、一番低いモデルです。

画像はどれも、左側が交換前のスポーツスター純正のローハンドルバーです。
まずは、乗車視点から比べてみますね。
11092.JPG
スポーツスター純正のローハンドルバーではトップブリッジのヘッドナット位のところにグリップがありますが、デイトナのコンフォートハンドル"56モデル"は、1本分は手前に引いてます。

ハンドルバーの高さは、バー半分くらい高くなりました。
11102.JPG
グリップの角度を変えれば高さは変わるので、単純な比較はできないですけど。 高さだけで言えば、スポーツスター純正のローハンドルバーが低いのですね。

しかし、デイトナのコンフォートハンドル"56モデル"では今の状態よりも手前に寝かせることはできません。
僕が乗りやすいと感じる角度に取りつけてハンドルを一杯にきった状態では、もうタンクカバーとの隙間が5ミリもないのです。
1114.jpg
ひどい転倒をすると、ハンドルでタンクカバーが傷つくことがあるかもしれません。

こうして、XR1200純正⇒スポーツスター純正のローハンドル⇒デイトナのコンフォートハンドル"56モデル"と交換してきて、多くの場面で今が一番乗りやすいです。
今回の交換で、Uターンなどハンドルを切ったままのブレーキ操作が格段にラクチンになりました。
身長172センチの僕がそう感じるんで、僕より小柄な方は試してみる価値有るかもですね。
一方でワインディングの上りでは、意識してフロントに加重しなきゃ、と思うようになりました。
グリップが手前に来ると、上体が起きて後ろ重心になるのですね。

ルックスのことを言えば、XR1200純正はトラディショナルなトラックレーサーらしい感じでした。
スポーツスター純正のローハンドルは、ハンドル周りがグッとコンパクトで、ストリートファイター的です。 僕はこの見た目が好きでした。
Image11112.JPGデイトナのコンフォートハンドル"56モデル"は両者の中間的ですが、強いて言えばXR1200純正の雰囲気に少し戻った気がします。
皆さんは、どう感じられるでしょうか?

こんな記事を書くなら、XR1200の純正ハンドルと比較したかったな~。
自由の翼 | 投稿者 くぢらちゃん 19:05 | コメント(0)| トラックバック(0)

HYOD ST-X HSP706

HYOD(ヒョウドウ)のライディングパンツ、ST-X HSP706です。
ブーツアウトのタイプでスライダー付きの条件で探すとなかなかなくて、このモデルを選ぶ方が多いようですね。

僕は身長が171cm、ウエストが85㎝くらいなので、LサイズかMワイドか迷うところです。
Lサイズでは、カップが膝より下がってしまいました。
乗車姿勢ではシャーリング部分が膝にくるという具合でした。

そこで、Mワイドにしましたが。。。。。

なんだかスソが短いような。
10451044
乗車姿勢だとクルブシが出るくらいです。
できることなら、3㎝くらい膝下を長く作っていただきたいワタシです。

しかし、せっかくイケてるライディングパンツも、今のところ宝の持ち腐れです。
NSRでちょっとがんばってみましたが、膝と地面の間に子供がすわれるくらいの空間があります。(泣)
スライダー不要。(泣泣)
自由の翼 | 投稿者 くぢらちゃん 09:59 | コメント(0)| トラックバック(0)

岩国基地フレンドシップデイ

広島市内では連日、フラワーフェスティバルで盛り上がったようです。
541
僕も昨日は奥さん&イトコとでかけ、軍鶏やらそーきそばやらたらふくいただきました。


ムスメは今日からおじいちゃん&おばあちゃんと温泉にでかけたため、奥さんと一緒に岩国基地に行ってきました。
バイクに乗り始めた二十歳ごろから、ほんの2回をのぞいて毎年通っております。
なんと今年は過去最高の27万人が来場したそうですよ。

朝7時、廿日市市木材港のポプラで、モミアゲスピードモーターサイクルの皆さんと集合。
大竹市西栄を過ぎたあたりから混み始めましたが、予定通り8時過ぎにはメインゲートのちょっと西、門前町に到着しました。
正面ゲートからは徒歩(バイクなら押して)での入場しかできませんが、モンゼンゲートからはバイクに乗ったまま基地に入れます。
居住区をぬけ、パーキングへ誘導していただきます。
まずはフードコートで腹ごしらえ。 広島の街にはないタコベルでメキシカンな朝食です。551

まだまだ人はまばらですが、足早に格納庫近くのバザーエリアに向かいます。
ピザやソフトドリンク、ビールをはじめ、ミリタリーグッズや自衛隊のお土産がわんさと売られています。
僕のお目当ては、岩国基地に駐在の飛行隊の出店です。
どこの飛行隊も、オリジナルのTシャツやパッチ、メダルを売ってます。
今年のオミヤゲは、MAG-12とVMFA(AW)-224のTシャツとパッチです。
552
Tシャツは実際に隊員たちが着ているもので、画像のようなカーキのほか、定番の白、マリーンらしい青、夜間攻撃隊が使っている黒などさまざまです。
他にもポロシャツ、フリースもあったりと、好きな人にはたまりません。
かっこいい柄のTシャツは昼前にはなくなることが多いです。

お昼前には、サンダーランに参加しました。

553
朝8時半ごろまでにモンゼンゲートから入場したバイクは排気量、タンデムを問わず滑走路を走ることができます。
例年、さまざまな工夫がされていて、今年は滑走路を往復してたっぷりと走ることができました。 
毎回、エンジンがかからなくて四苦八苦するハーレーの旧車が何台かあるのですが、今年はそんな光景はほぼなし。
国産ではカスタムでも人気の高いGPz900Rニンジャは減り、ZRXの方が多く見かける感じがしました。 発売されたばかりのZRX1200ダエグもチラホラ。
僕と同じXR1200も、オリジナルカラーの方がおられました。
554
滑走路わきの戦闘機と一緒にパチリ。

正午ごろから、ジェット戦闘機のアクロバット飛行でとっても盛り上がります。
バイクや車で行った人は、帰りの渋滞をさけたければアクロバットが終わるまでに基地を出たほうがいいみたいです。

バスや電車の公共機関、ほかにも広島の宇品港から高速船やフェリーもでているので、家族連れだったらそちらのほうがラクチンと思います。
でも、バイク乗りならやっぱり愛車で行きたいものです。
僕はサンダーランの待ち時間にうっかり日なたで寝てしまい、、、、、、真っ赤に日焼けしちゃいました。
555
夕方からわが町は雷雨に見舞われたのですけど、腕のヒリヒリが今朝のアレコレを思い出させます。
自由の翼 | 投稿者 くぢらちゃん 21:47 | コメント(5)| トラックバック(0)

Kawasaki ZRX1200 DAEGに乗ってきました

ちょっと肌寒い日が続いていましたが、GW気分の盛り上がりとともにポカポカ陽気ですね。

くぢらは、午前中はムスメとお散歩してオナカをへこまして。。。。。。
いやま、たった2キロくらい歩いてもなにも変わりませんが。
けれど、ムスメは2キロの大半を自分で自転車をこぐようになって、3歳になったばかりのわりに頼もしく成長してくれてます。
Image953.jpg
偶然通りかかったレトロ電車を見つけてゴキゲンです。


お昼には居候レイモンドのオイル交換に付き合ってバイク屋へ。
くぢら家そろってがお世話になっているDS小笠原さんです。
ぼさーと待ってると、「DAEGの試乗車入ってるよ、どうぞ」とアリガタイお言葉♪

サイドカバー前半のキラキラした感じはやりすぎ?と思いましたが、そんなのはささいなこと。
GPZ900RにあったA7の黒/金カラーに似たカラーリングです。
ホイールのリムにストライプが入ってるのも今風?です。
ソリッドな紺色とワイン色のモデルは112万円、このライン入り(といっても決して派手ではないです)が114万円とほんの2万円の違いですって。
それだと、黒/金モデルと印象の大きく違うワイン色が良く売れて、紺はあまり見かけない感じなるんかな。
コックピットと呼びたくなる豪華なメーターまわりです。
0184.jpg

ZRXに乗ったといえば、カワサキ・Kittyさんのツーリングで大分のワインディングを楽しませていただいたことがあります。 
1200Sというカウル付のモデルに乗りました。 その時も普段乗っているGPZ900Rに比べて軽快でポジションのおさまりがよく、「なんでもできそうな」気がしたものです。
DAEGとZRX 1200Sはカウル以外はほとんど同じデザインなのですが、8年も新しいモデルだからでしょうかDAEGからは「佇まいからして違う」オーラが出ています。 実際、ホイールベースやトリプルツリーのオフセットなど、ディメンションは「少しずつ、でもすべてが変わっている」のですって。

おやおや、長い前置きになりました。
ただ国道をまっすぐ走ってもナンダカワカラナイので、まずは路地をクネクネ。
その日に乗っていたH-D XR1200と比べるともう。。。。。。。
「まるでCB400スーパーフォアに乗ってるみたい!」と感じるくらいコンパクトでしなやかです。
ポジションはコンパクトとはいえ、この感じはすでに95年ごろのYAMAHA XJR1200で経験したものです。
けれど、足回りが絶妙にしなやかかつ粘るのです。
ゼファーやXJRで「ネイキッドってこんなもんか」と感じた方は、ぜひDAEGを体験していただきたいです。

さすがにジムカーナみたいなことして倒すとね。。。。。
ということで東側から比治山にあがってみました。
地元の方はご存知でしょうが、この放射線影響研究所(旧ABCC)の裏側に通じる道は、かなりの傾斜でしかもS字カーブ。 正直言って、自分のXR1200だと行きたくないところです。
でも、DAEGならヒラリとやりすごせます。
出荷状態ではブレーキ&クラッチレバーが下に向きすぎていてここだけが×です。
ハンドルをフルロックに近い状態まできると、外側のレバー操作が難しいのですよ。
ぜひ、レバーは地面と水平にセットしていただきたいものです。

陸軍墓地にお参りして、緊張をほぐします。
0183.jpg
ここから見下ろすと、「安芸の小富士」似島もすぐ近くに見えます。
陸軍墓地から似島を見るなんてことをしてると、ふと、広島に鎮台がおかれてから第2次大戦までのあれこれを考えてしまいます。
広島は山陽本線開通の直後、仮の国会議事堂ができた歴史があります。
時の流れとともに確実に風化していますが、それでも瀬戸内海全体が要塞であったことから、日常的に戦争遺跡と暮らす街です。

比治山を西側にくだって川沿いのホテル街をぬけ、平塚町にでます。
左折すると、田中町のトンネル。
ちょっとアクセルをしぼると(ぐっとひねるとタイヘンです)ふっと前輪が軽くなります。
このくらいの速度でも、風に逆らう感じが少ないのです。
ビキニカウル横の張り出しが、腕周りの風防になってるんですね。
僕はZRX400のビキニカウルのシンプルなデザインが好きですが、大型車は高速も走りたいですものね。
商品性のためのデザインかとあなどっていたオポンチな僕です。

そして、そんな速度からでも指2本のブレーキでしゅるっと止まれます。
DAEGのフロントブレーキディスクは外径310mmのペタルタイプなので、ちょっと小さく見えます。
フラッグシップモデルのブレーキディスクは外径320mmってイメージですものね。
キャリパーも4POTで「見た目&押し出し」の点ではサミシイ感じだし。
けれど、こうした軽量化の積み重ねが良いバランスにつながってるのですね。
エンジン周辺のボルトも、頭は肉抜きしてあります。
細かい仕様は、kawasakiのWebで~。

ああ、スライダー付の革パンツが欲しくなっちゃった。
自由の翼 | 投稿者 くぢらちゃん 08:57 | コメント(0)| トラックバック(0)

Ninja250 ETC

くぢらの街は晴天続きで、バイクに乗るにはばっちりの天気です。
なんでか「Ninja250 ETC」で検索いただくことが多いので、取り上げてみました。

会社で仲良しのカナエ姉さんのNinja250です。
グリーンと黒のツートーンカラーがレーシーな雰囲気で、09モデルまでのソリッドカラーとはまた違ったかっこよさですね。

左のハンドルバーに一体式ETCシステムを取り付けてあります。
nin920.jpg
乗車姿勢から見ると、側面しか見えないので視界の妨げになるようなものではありません。

前から見ると、カードより2周りほど大きなケースはレーダーくらいの存在感があります。nin921.jpg

取り付け部はちょうどクラッチレバーホルダーをよけていて、不自然さはないですね。nin922.jpg
配線のあまり分が視界から隠れるところにうまく束ねてまとめてあります。
これは、トップブリッジ裏、もしくはカウルやタンクカバーの内側で処理をしてもよいですね。

走り屋ブームの80年代に青春を過ごした僕は、「余分なものはつけたくない」てなことを考えがちですが、今やETCシステムは必須ですよね。
ただ支払いがラクチンなだけでなく、土日の割引を利用してのツーリングなど魅力もいっぱいです。
かく言う僕も、ちょいと岩国まで足をのばしてまいりました。
neta173.jpg
しかし、ネイキッドバイクで横風の強い高速道路の運転はヒヤリとする場面も。
Ninjaにも付けようかな~。
いや、その前に車検だわ。
自由の翼 | 投稿者 くぢらちゃん 13:00 | コメント(2)| トラックバック(0)

XR1200にETCを付けてきました。

チラホラと桜も咲き始めた3連休、いかがお過ごしでしたか?
僕は「ETC入荷しましたよ」との知らせをいただいて、バルコム広島に取り付けに行ってまいりました。
道中、めでたく走行1000㌔をむかえました。
999

キット自体は、ゲンコが入るくらいの革ケースを使ってダウンチューブやトリプツツリーなどに取り付けるタイプです。 しかし、現物合わせで見たところ、テールカウル内に取り付けられそうだったのでメカニックの方にお願いしてがんばっていただくことに。
いくつか打ち合わせした後、僕はショールームで待たせていただきました。

3階ショールームには、せんせいのブログで紹介されていた、XL883Nスポーツスターアイアンがありました。
プロモビデオでの車両はアメリカの本国仕様でサイドナンバーですが、日本仕様は通常通りにリヤフェンダー中央にマウントされるタイプです。
shop11
しかし、画像のシルバーがめちゃくちゃかっこいいんですよ。
マットな表面仕上げとギラッとしたフレークが光るメタリックの質感はなんとも言えません。
ちなみに、黒の車両は在庫の残りがあと1台しかなく、次はしばらく待たねばならないようです。

途中、ちょいとのぞくとマイXRちゃんはすっぱだか。
etc0

ソフテイル・クロスボーンズにはカスタムペイントモデルが加わっていました。shop2
自分のバイクが1番だけど、これは2番目にイイ。。。。。。なんて負け惜しみ。

待つこと約2時間、ばっちりの仕上がりです。etc1
タンデムシートをはずすと、もうそのためにあったんじゃないかというくらいのばっちりなスペースに、キレイに収まってます。
配線を通すための穴は水抜き穴を確保した上でグロメット処理されていて、まさに純正クオリティー!
フロント側は、ちょっとセンサーの処理を考えようかとも思いますが、イージケーターはばっちり。 視認性をそこなわず、さりとて目立たず。etc2
バイクにまたがると、視界におおきな変化はありません。etc4

あ、ETCカードの手配がっ!
自由の翼 | 投稿者 くぢらちゃん 22:50 | コメント(0)| トラックバック(0)

モミアゲスピード「新春黄金ツーリング」お見送り隊

年も明けてもう4日、サラリーマンの方は5日もしくは6日からお仕事という方も多いかと思います。
僕は5日から仕事始めなのです。 なので、お休み最後の日は家族と過ごそうと思いまして。

モミアゲスピード「新春黄金ツーリング」、去年は家内と参加したのですが、今回はお見送り隊です。
集合が近所のマックだったので、家族揃って朝マック♪

いよいよ10時、みなさん呉に向かって出発です。
Image692.jpg
参加者?参加車?の中できっと一番巨大なのは西本先生のウルトラかな?

いつも親子で仲良く参加のKまつさん。
僕も、娘が大きくなったらやってみたいです。
Image693.jpg
↑は、モミスピのボス、弟さんの義孝さん。
Image695.jpg
こちらは、モミスピのキング、お兄さまの友孝さん。
相変わらずキャラのたった、イカレタイカシタ方です。

無事に見送り、くぢら一家はふたたびのんびりと朝マック。
その後のツーリングがどうなったかは、西本先生のブログをどうぞ~。




自由の翼 | 投稿者 くぢらちゃん 00:14 | コメント(0)| トラックバック(0)

ハーレーXR1200、広島に増殖!?

いやいや、いまだに道ですれ違ったことはないのです。
夕方、いつもおせわになっているバルコム広島にちょいとヤボ用ででかけました。

すると、オレンジ、シルバー、黒と全色のXR1200が展示されていました。
Image410.jpg
写真手前はXL883Rです。
これもまた、独特のカッコよさですね。

1人のお客さんが、黒いXR1200の前でお店の方と話しこんでおられたので、「こりゃお仲間が増えるかな」とわくわくしてます。

オーナーズクラブみたいのは若い頃にさんざんやって、今はそういう機会があっても積極的に出かけることはないのですが、それでも嬉しいものです。

明日、暖かかったらちょっと乗ってみようかな。
自由の翼 | 投稿者 くぢらちゃん 23:58 | コメント(0)| トラックバック(0)

ひさびさお出かけXRちゃん

さてさて、お昼ご飯の紹介を先にしてしまいましたが、マイXRちゃんは着実に距離を伸ばしております。xr2.jpg

先に紹介した太華園でシアワセになったあと、ほんの数百メートル先の「町並み保存地区」で一休み。xr1.jpg

ウルトラ、なかなか絵になりますね~。

さて、身も心も満たされ、2人は忠海を目指します。
竹原の中心部からはほんの15分くらいで忠海駅の裏側、フェリー乗り場につきました。
ここから大久野島に渡ります。
往復で420円の切符を買い、バイクは売店となりの駐車場に止めます。
島内は、一般車は乗り入れできません。

1周4キロくらいの小さな島は、ウサギでイッパイです。
せんせい、ウサギと闘い中。xr3.jpg

毒ガス貯蔵庫跡、北部砲台跡を見て、さらに島の頂上にある中部砲台跡を目指します。xr4.jpg


標高が50メートルちょっとなので、せいぜい20分くらいの道のりですが、なかなかコタエます。

頂上にある鉄塔は、建設当時は世界でも注目の存在だったようですよ。
ほんの2時間くらいでしたが、ウサギと戦争遺跡という不思議な組合せのこの島、興味ある方は是非いって見てください。

さて、くぢらのかかりつけの(要するにご近所の行きつけです)お医者様は、毒ガス被曝の遺伝的影響について研究しておられました。
大久野島でもつくられていたマスタードガスによる被害では、被曝したご本人だけでなく、子供にも血液中のたんぱく質の異常が遺伝するのだそうです。

もちろん、症状は様々ですから、「ただ血液成分の数値が正常でない」方から、「体調に異常を感じる」などひとくくりにはできないようです。
これは、「60年たった今でも影響を残している」ということですら、気付かない、でも私たちの身近なところで"終わらない戦争がある"ということですね。


自由の翼 | 投稿者 くぢらちゃん 22:50 | コメント(0)| トラックバック(0)

GT-R32のフロントディフューザー

娘ができてからなんとなくタイミングを逃して、なかなか乗れてないGT-Rでございます。
                                   gtr.jpg

僕は若いときにバイクの部品や用品を扱っていました。
そんな場面でよくお客さんにカスタムの相談をされることがありました。
バイクでオススメのパーツは?と言われればリヤショックなのですが、車ではサスペンションとこのフロントディフューザーです。
リップの下の黒いコレ↓
gtr2.jpg

装着してないと、140㌔くらいからステアリングが軽くなるのを感じると思います。 これが劇的に少なくなります。
非装着の車と乗り較べると、120㌔くらいから違いがわかると思います。
ボンネット内に巻き込む空気がフロントを持ち上げるのだそうで、これを防ぐだけ?で目からウロコの安心感が得られます。

純正リップの下にフタをしただけ、よりはこのホンの少しの追加リップ部分が効いているという人もおられますが、僕にはあまり実感ができません。
駐車時にヒットする危険を考えると、フタだけでもいいような気がします。

2000年を過ぎたあたりから、アルテッツァやレガシィ、BMWなどには純正で装備され始め、最近はファミリーカーにも見かけますね。
でも、今でも人気のスポーツカー?中古のRX-7やスープラ、この32Rくらいの世代の車にはこういうものがありませんでした。
そういうスポーツカーに乗っておられる方で、サーキットなどでフロントの接地感を増やしたい方は是非試してみてください。

フロントの接地感ということに焦点を絞ると、ノーズアップが少ない状態を作るのが良いのかと思っています。
さらに、タイヤサイズをむやみに広げないこともハンドリングがシャープで、接地感とからみあう要素がありそうです。
みなさんはどうですか?
自由の翼 | 投稿者 くぢらちゃん 18:46 | コメント(0)| トラックバック(0)

それは、Ninjaか?

nin.jpg

すでに一昨日のできごとですが。
NInja250Rに乗ってまいりました。

夕方、ちょっと時間ができたので、「たまにはエンジンかけなきゃ」と思い立ち、居候もどきのレイモン子とNSRで出かけました。ns1.jpj ns2.jpg

このところ、XRばかりだったので自分のバイクとは言えちょっと新鮮でした。
ついでにバイク屋に寄ってみると、Ninja250Rの試乗車があったのでちょいとお借りしてみました。

国道、路地、と30分くらいはうろうろしてみました。pea.jpg


最初は僕が88NSR、レイモンちゃんがNinjaに。
ところが、5分もたたないうちにレイモン子停まる。
「情けないくらい遅くて、もうイヤだよ!」ですと。
「そりゃ大げさでしょ。」と、乗り換えてみました。

過去、GPX250、ZZR250も乗ったことあるのですが、さらにマイルド。
おおがらな車体、しっかりした足回りとブレーキがさらに余裕を演出してますよ。
デザインもよくて、大人が乗っても恥ずかしくないルックスです。
250ツインって、エントリーモデルか女の子用と思っていると嬉しい裏切りですよ。
けれど、十分に消音されたエンジンと(メカノイズも先代までより静かです)そのマイルドなフィーリングはいかんせん。。。。

見た目だけ"Ninja"かよっ!


自由の翼 | 投稿者 くぢらちゃん 01:49 | コメント(0)| トラックバック(0)

お見送り隊

おはようございます。
今日も僕の街は良い天気です。

さわやかな日曜の朝、みなさんいかがお過ごしですか?
先週がハッピーマンデーでしたから、土曜に働いて今日はまだゴロゴロ、という方もおられるかと思います。

くぢらはちょっと早起きして、バイクに乗ってきました。
すると、通りがかりに見慣れたワンコ。

妻と一緒にお世話になってる、「モミアゲスピード」さん
のハンサムくんが朝のうんにょ、いやお散歩中でした。

「今日はツーリングなのですよ」という義孝さんに誘惑されそうだったのですが、家で待つ(風邪で寝ている)妻子のことを思い、お見送り隊に。
momi1

やがてお兄さんの友孝さんもこられました。momi2

モミアゲスピードさんの前の自販機は、なんともハンサムなことに、コールドドリンクしかないのです。

ウダウダもしてられないので、ご兄弟+お客さんに混じって家路についたくぢらでした。
すれちがうバイクも多く、ツーリング日よりな日曜の朝でした。

みなさんも、良い休日を~!
自由の翼 | 投稿者 くぢらちゃん 10:50 | コメント(0)| トラックバック(0)

そこがカギなのよ!~マイXRちゃん

無事に初回点検を終え、魔の666キロもなんなくやり過ごせたマイXRちゃんです。
666

先週末には家族と親戚と、半分居候のレイモンド先生を従えて山口県の大島にまいりました。

地元では有名な「たちばなや食堂」さんで絶品ラーメンを食べ、
noren
なんと会社の同僚オ○モトさんに偶然出会い(彼はそこが実家で寄生虫いや帰省中)、ワイルドな海中神輿を見ることができ、
mikoshi

画像では非常にジェントルな青年団(実は酔っ払い&お祭りハイでメチャメチャエネルギッシュ。)に海に引きずりこまれそうになり、
絶景ポイントで写真を撮ることもできました。 XR



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


そんな蜜月真っ只中のくぢらとXRちゃんですが、愛が深まるにも相応の段階がありました。
なにせ、現物も見ずに予約して買っちゃったわけですから、喜びや驚き、発見にはことかきません。
初めての外車ですし。 しかもアメリカ製。


ハーレーにお乗りの方は良くご存知でしょうが、アメリカ人気質のなせるワザなのか? このメーカー(いや、もはやブランドだ)のイベントや演出は国内メーカーとは一味違います。
そんなところも、このバイクを持つ喜びです。


(ここをお読みの皆さん、すみませんまだ前置きです)


納車時には「納車セット」なるものがあり、なんとダンボールひとかかえぶんのマニュアルやら付属物やらが付いてきます。 これで新車購入の興奮も3割り増しくらいの加減ですよ。


その中でも注目は"カギ"です。
なんと、ハーレーロゴを模ったBOXに入ってまいります。KEY1

ハーレーとしては下から数えた方が早い安さのマイXRちゃんですが、「なかなかやるのう」とご満悦な気分にさせられます。

このBOXをパカリとあけると、バイクのイグニッションを模したリング(START YOUR NEW JORNEYとか書いてあるんだから! いちいち小粋なアメリカンだ)に挿してあります。

KEY2


ここで気分は3割り増しから5割り増しに。
そしてこれがご本尊です。


















KEY3


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
What? 
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
Yo! Men,そりゃないぜセニョ~ル!!
インド人もびっくりだろ!!!

そりゃ、マイXRちゃんはハーレーとしては下から数えた方が早い安さだよ。 
だけどね、ガレージセールで買った500円のディスクロックのカギと見分けがつかねえYO☆

ディスクロックのカギはそれでも今風のBOX型なんだけども、マイXRちゃんの1200cc Vツインエンジンを目覚めさせるこのカギは、どう見ても会社の引き出しのカギ。
贔屓目に見てもディスクロックのカギより5割びき。(さっきから上がったり下がったりたいへんだ、今はいったい何合目だ)

「なんだかトホホ」な僕の顔色を見て取ったバルコム広島の西本せんせいは、分厚いオプションカタログからこんなクールなニクイヤツを探してくれました。

KEY4


「なんだよ、じらすだけじらしといて、最高のブツがあるじゃないのSA☆」
ここでも、いちいち小粋なアメリカンなセンスにご満悦度3割り増し。(だからいったい何割引、いや増しなんだ?)

ずっしりとした重さに、HDのロゴが刻まれ、ROCKなスカルの頭をなでなでしたくなりますよ。

バイクに乗れないときも、カギに視線を落とすとちょっと嬉しくなる僕でありました。
自由の翼 | 投稿者 くぢらちゃん 02:04 | コメント(0)| トラックバック(0)

MY XRちゃん、ハンドルを換えてみました。

この週末も、僕の街は良いお天気です。

午前中、XR1200の初回点検とハンドルバーの交換に行ってまいりました。

純正のハンドルバーは幅広で、約75センチくらい。
今回換えたのは、スポーツスターの純正ハンドルで約69センチくらいの幅です。

たった6センチくらいの違いですけど、ずいぶん楽になりました。
Uターンなど、外側の肘が伸びきってぎこちなかったのですが、なんとか普通に操れるようになりました。

スタイルはやはり、幅広の方が「XRらしい」のですけど。0125.jpg

下の画像が、交換後です。Image182.jpg

スッキリ狭くなりました。
本当は、もう少しバーエンドが跳ね上がってて、手前に倒れているのが好みなんですけど。

せっかちの僕はすり抜けも(時々)するので、満足です。
XRの純正状態では幅が広い上にブレーキのレバーがバーエンドより外側なので、何かにぶつかった場合、ブレーキもかかって転んじゃう危険もありそうだったのです。

なんだかちょっと凛々しくなった気がします。
Image183.jpg

今日は遠回りして帰ろ~♪

自由の翼 | 投稿者 くぢらちゃん 15:23 | コメント(0)| トラックバック(0)
<<  2011年 5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
ホビダス[趣味の総合サイト]
〇Getta Grip 9910 Long Engineer ゲッタグリップ ロングエンジニア【102/202-33vdfdp】

〇Getta Grip 9910 Long Engineer ゲッタグリップ ロングエンジニア【102/202-33vdfdp】