くぢらちゃんの西へGoGo!東へGo! Rockベースを弾きながら、Harley XR、HONDA NSR、Kawasaki Ninja & KSR、Ducati ストリートファイターに乗る私が、イケイケな奥さん、ケチンボな娘と繰り広げる、楽しい毎日をお届けします。

最近の記事
バルコム広島 福ちゃ…
05/16 13:17
ナイキ エア・ジョー…
05/13 09:43
ラクチン生活
05/10 17:22
Arai アストロ …
05/09 12:23
総本家 しなとらラー…
04/28 12:22
最近のコメント
そうなんですかー。…
くぢらちゃん 04/14 09:29
子供の頃、観音に住ん…
mark 04/14 00:12
いや、恥ずかしながら…
くぢらちゃん 04/11 09:14
かっこいいバイクを選…
mark 04/10 23:08
ぼちぼちさん、おはよ…
くぢらちゃん 03/28 09:22
最近のトラックバック
Firefox ブラウザ無料ダウンロード

GT-R32のフロントディフューザー

娘ができてからなんとなくタイミングを逃して、なかなか乗れてないGT-Rでございます。
                                   gtr.jpg

僕は若いときにバイクの部品や用品を扱っていました。
そんな場面でよくお客さんにカスタムの相談をされることがありました。
バイクでオススメのパーツは?と言われればリヤショックなのですが、車ではサスペンションとこのフロントディフューザーです。
リップの下の黒いコレ↓
gtr2.jpg

装着してないと、140㌔くらいからステアリングが軽くなるのを感じると思います。 これが劇的に少なくなります。
非装着の車と乗り較べると、120㌔くらいから違いがわかると思います。
ボンネット内に巻き込む空気がフロントを持ち上げるのだそうで、これを防ぐだけ?で目からウロコの安心感が得られます。

純正リップの下にフタをしただけ、よりはこのホンの少しの追加リップ部分が効いているという人もおられますが、僕にはあまり実感ができません。
駐車時にヒットする危険を考えると、フタだけでもいいような気がします。

2000年を過ぎたあたりから、アルテッツァやレガシィ、BMWなどには純正で装備され始め、最近はファミリーカーにも見かけますね。
でも、今でも人気のスポーツカー?中古のRX-7やスープラ、この32Rくらいの世代の車にはこういうものがありませんでした。
そういうスポーツカーに乗っておられる方で、サーキットなどでフロントの接地感を増やしたい方は是非試してみてください。

フロントの接地感ということに焦点を絞ると、ノーズアップが少ない状態を作るのが良いのかと思っています。
さらに、タイヤサイズをむやみに広げないこともハンドリングがシャープで、接地感とからみあう要素がありそうです。
みなさんはどうですか?
自由の翼 | 投稿者 くぢらちゃん 18:46 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<  2008年 11月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
ホビダス[趣味の総合サイト]
〇Getta Grip 9910 Long Engineer ゲッタグリップ ロングエンジニア【102/202-33vdfdp】

〇Getta Grip 9910 Long Engineer ゲッタグリップ ロングエンジニア【102/202-33vdfdp】