くぢらちゃんの西へGoGo!東へGo! Rockベースを弾きながら、Harley XR、HONDA NSR、Kawasaki Ninja & KSR、Ducati ストリートファイターに乗る私が、イケイケな奥さん、ケチンボな娘と繰り広げる、楽しい毎日をお届けします。

最近の記事
バルコム広島 福ちゃ…
05/16 13:17
ナイキ エア・ジョー…
05/13 09:43
ラクチン生活
05/10 17:22
Arai アストロ …
05/09 12:23
総本家 しなとらラー…
04/28 12:22
最近のコメント
そうなんですかー。…
くぢらちゃん 04/14 09:29
子供の頃、観音に住ん…
mark 04/14 00:12
いや、恥ずかしながら…
くぢらちゃん 04/11 09:14
かっこいいバイクを選…
mark 04/10 23:08
ぼちぼちさん、おはよ…
くぢらちゃん 03/28 09:22
最近のトラックバック
Firefox ブラウザ無料ダウンロード

Fernandes  ビリーシーンモデル

僕がまだ大学生の頃、20年位前に発売されたモデルです。
bpb1.jpgbpb2.jpg

フェルナンデスのプレベって、ちょっぴりボディが大きい感じがするのですが、これもそうです。 ボディが大きいというよりも、4弦側のホーンが太いといいましょうか。
当時、Fender Japanからも同様のモデルが出ていて、そちらは前後のマイクにそれぞれ独立したジャックを設けており、ステレオ出力できるようになっていたそうです。
他にもハイフレットのスキャロップ加工がなされていたりと、コピーの忠実度は高かったようです。
しかし、そちらが10万円以上したのに対してこのフェルナンデスは5万円くらいで買えましたから、リーズナブルですね。

僕のベースの先生である西本先生に弾いていただいたところ、「ビリーに近いセッティングをすれば、ビリーによく似た音が出るよ」とのこと。 なかなかやるな、フェルナンデス。
先生は、留学時代にビリー大先生のベーステックをしておられた方です。
ビリー大先生の楽器をメンテしておられ、しかもご自身もテクニカル系プレイヤーなのですから、こりゃ心強いお言葉です。
本気のレプリカを作ろうと思うと、ヒップショットDチューナーをつけたり、スキャロップ加工をしたり、配線を引きなおしたりということできっと定価より高いくらいの部品代と改造費になりそうです。
ペグの取り付け角度やらブリッジを埋めた後があったりやら、これを真似ようと思うとたいへんです。
そこまでやったら、「やっぱFenderじゃなきゃ。」となりそうなので、もちろんしません(笑)

蛇足ですが、僕はこのベースのヘッドストックの面取り具合がスキです。
左がフェルナンデス、右はFender Japanです。
bpb3.jpg

音を中心に考えると、ヘッドにある程度の質量があったほうが良いのでしょうが、ペグのベースプレートが収まりきらないくらいに削られた裏面がコケティッシュな雰囲気でなんとも言えません。
PERSONZの渡辺貢さんモデル、TB-80も同様のシェイプなので、フェルナンデスのテンプレートがこうなのでしょうね。
このモデルも渡辺貢さんモデルも、限定のアーティストモデルのためか、通常の5万円くらいのものに較べると格段にネックが鳴る感じがします。 定価も違うんだからアタリマエか。
ナット幅やネックブリップはFender JapanのOPBとそっくりですが、フレットが太めです。

僕自身はビリー大先生のようなタイプではないので、人前でこのベースを弾くことはないのですが、ベースの役割、可能性に思いを馳せることができる一本です。
MY AXE | 投稿者 くぢらちゃん 01:58 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<  2009年 2月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
ホビダス[趣味の総合サイト]
〇Getta Grip 9910 Long Engineer ゲッタグリップ ロングエンジニア【102/202-33vdfdp】

〇Getta Grip 9910 Long Engineer ゲッタグリップ ロングエンジニア【102/202-33vdfdp】