くぢらちゃんの西へGoGo!東へGo! Rockベースを弾きながら、Harley XR、HONDA NSR、Kawasaki Ninja & KSR、Ducati ストリートファイターに乗る私が、イケイケな奥さん、ケチンボな娘と繰り広げる、楽しい毎日をお届けします。

最近の記事
バルコム広島 福ちゃ…
05/16 13:17
ナイキ エア・ジョー…
05/13 09:43
ラクチン生活
05/10 17:22
Arai アストロ …
05/09 12:23
総本家 しなとらラー…
04/28 12:22
最近のコメント
そうなんですかー。…
くぢらちゃん 04/14 09:29
子供の頃、観音に住ん…
mark 04/14 00:12
いや、恥ずかしながら…
くぢらちゃん 04/11 09:14
かっこいいバイクを選…
mark 04/10 23:08
ぼちぼちさん、おはよ…
くぢらちゃん 03/28 09:22
最近のトラックバック
Firefox ブラウザ無料ダウンロード

OGKカブト FF4R Flame & Astral

なんでですかね、書こうと思って書けないネタってありまして、この記事も半年以上寝かせてました。
ま、仕事じゃないんだし、ユルシテクダサイ。

いくつかカーボンヘルメットについて書きましたが、2輪用カーボンヘルメットといえばこれは避けて通れないネタですよね。

と言っても、発売はもう4年も前ですし、メーカーが推奨する期限は切れてます。

けれど、このカーボン柄、やっぱり抗いがたい。。。。
画像ではわかりにくいですけど、星柄の部分は粗いスパークルシルバーで塗装されていて、カーボン地とのコントラストもなかなかです。
お盆前に、Astralのディフューザーに誤ってヒビをいれてしまい、メーカーに修理に出しました。
「チェックの結果、実用限度を超えていると判断した場合は修理できません」と言われましたが、大丈夫だったようです。 ホッ。

FF-5が発売になってずいぶん経ちますし、販売当初には「1年くらい待てばFF-5にもカーボンモデルが出るんじゃないか」と思っていた皆さんも、すでにアキラメモードでしょ?
修理を依頼した際に、担当の方に「FF-5にもカーボンモデルが出ますか?」と聞いてみましたが「今のところ予定は無いです、問合わせはけっこういただくのですが」とのことでした。

後発のAstralの方がカーボンが見える面積が多いような気がします。
けれど、Flameの白いラインを配したデザインもなかなかで、レーシングスーツを着てレプリカやスーパースポーツに乗るなら、こっちかなあ。


使用感について比べたくなるのはアライのディフューザー付きモデルですよね。
あくまでもアライに比べれば、ですが全体の印象は「ちょっと軽い気がするけどあんまり変わらないなあ」くらいです。
でも、シールドの交換は断然FF-4のほうがラクチンです。
シールドを全開にして、ホルダーのボタンをグッと押してシールドを引き抜くだけですから。

FF-5はSHOEIのようにシールドとホルダーが一体になってるから違う方法なのでしょうね。

これは無理な相談でしょうが、できることならS、M、Lの帽体を作りわけていただきたいです。
FF-4はS~Lまでは同じ帽体、XLだけ別の型だそうです。
コストはかかるけど、コンパクトな方が利点が多いこともありますし。
いや、でも内装を取り替えるだけでS~Lまで対応できるのも大きな利点ですね。

オーストラリアのスーパーバイクレースでも、OGKライダーがいましたよ。

自由の翼 | 投稿者 くぢらちゃん 18:31 | コメント(0) | トラックバック(0)

メルボルンへ行ってまいりました。

仕事柄出張は珍しくないのですが、今回は4年ぶりのオーストラリアです。
シドニーから850キロほど南に位置する歴史の街、メルボルンに行ってまいりました。

毎日娘とじゃれたり楽器を弾いたりバイクに乗ったりしていれば満足な僕にとって、旅っていうのはそれほど”うぉー!行きたい~~~~!!”というものではありません。
少しは英語も喋りますが、うちの会社には僕より英語が堪能な社員は掃いて捨てるほどいるので、巡りあわせというものはフシギなものですよね。

お母さん&娘に見送られ、いざ17日間の旅へ!
成田で荷物を預けるときに、3キロほどオーバーしていたので1万2千円くらい払いました。
けれど、飛行機に搭乗中に近くに座ってたおばさん2人組みは、ドチラもお一方120キロ以上はあろうかと。。。。。
「僕の体重と荷物の合計よりもこのおばちゃん1人の方が重いですよね」と思いましたよ。
これって、体重+荷物の合計で課金してくれればいいのに。
しかもこのおばちゃん、「私らデカくて窮屈だから、空いてる席に移らせて」とアテンダントの方に交渉してました。 もちろん、OK。
なんだかな~、どうかんがえてもアナタ、エコノミークラスの座席に座るの無理ってわかってて予約したでしょ? 確信犯だよね。
てなこともありましたが、機内ではヴィンディーゼルの最新作、ワイルド・スピード MAXを見ることもでき、「久々空の旅も悪くないじゃ~ん」と能天気な僕でした。


空港から会社までは上司が車で連れて行ってくれました。

ハイウェイからの眺めはなんだかおしゃれな感じでしたよ。
おうちを出てから会社までは、たっぷり27時間の道のりでした。


会社に着くと、オーストラリアでの僕のアニキとブラザーがにこり。

二人とも、いつも僕を気にかけてくれる本当に優しくて頼れる兄弟です。

メルボルンの町の中心は、このフリンダースストリート駅の北に広がる"シティ"と呼ばれる1キロ~2キロ四方くらいの地域です。


街ができてから200年ほどですから、街の中心にでっかい教会と現代的なビルが並んで建っています。
路地の石畳も、そのころのものなのでしょうね。

現代と歴史の情緒が混在する街、メルボルンって感じです。
できれば郊外の大自然とシティの両方を楽しむため、余裕のある旅程で楽しみたい街です。
日記 | 投稿者 くぢらちゃん 18:15 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<  2009年 9月  >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
ホビダス[趣味の総合サイト]
〇Getta Grip 9910 Long Engineer ゲッタグリップ ロングエンジニア【102/202-33vdfdp】

〇Getta Grip 9910 Long Engineer ゲッタグリップ ロングエンジニア【102/202-33vdfdp】