くぢらちゃんの西へGoGo!東へGo! Rockベースを弾きながら、Harley XR、HONDA NSR、Kawasaki Ninja & KSR、Ducati ストリートファイターに乗る私が、イケイケな奥さん、ケチンボな娘と繰り広げる、楽しい毎日をお届けします。

最近の記事
バルコム広島 福ちゃ…
05/16 13:17
ナイキ エア・ジョー…
05/13 09:43
ラクチン生活
05/10 17:22
Arai アストロ …
05/09 12:23
総本家 しなとらラー…
04/28 12:22
最近のコメント
そうなんですかー。…
くぢらちゃん 04/14 09:29
子供の頃、観音に住ん…
mark 04/14 00:12
いや、恥ずかしながら…
くぢらちゃん 04/11 09:14
かっこいいバイクを選…
mark 04/10 23:08
ぼちぼちさん、おはよ…
くぢらちゃん 03/28 09:22
最近のトラックバック
Firefox ブラウザ無料ダウンロード

またまたぶらり街歩き

今日もまた、申し訳程度に健康を気にして歩いてる僕ですが。

以前のぶらりは⇒コチラ。

昼休みには、おじさんもOLさん(これって死語?)も日向ぼっこしながらお花見。
僕もぶらぶらしながらお花見。
bura0412.JPG
京橋の東詰め、ガンギあたりから。 川と電車って、広島っぽいなあ。

対岸からもパチリ。bura0413.JPG
ガンギに腰掛けてお弁当を食べてるお姉さん達も楽しそうです。
いくつかのガンギには入れないように囲いができていました。
ちょうど水に浸かっている部分の階段が崩れていて、足元が悪いと滑って川に落ちちゃいます。
今となっては実用の役のないガンギですが、修復して後世に伝えたい物の一つです。

京橋を渡っていると、サラリーマンの方が掃除をしておられました。
こういう方がおられるおかげで、我々は気持ちよく過ごせているのですね。
僕も、ムスメを幼稚園に送っていくと、目の前の公園をちょびっとだけ掃除します。
子ども達が気持ち良く遊べますように、と思います。

震災だ不景気だと暗い報道が多いですが、日々を楽しく過ごせるようにしたいですよねー。
日記 | 投稿者 くぢらちゃん 12:51 | コメント(0) | トラックバック(0)

サンダーバードベースは弾きにくいのか?

thunderH4.jpg
ブログを書いていて、僕がネタ元とするものの一つに「検索ワード」があります。
これには大きく2の特徴があります。
「サンダーバードベース」「サブマリーナ」「NSR250」のように、"名詞で検索して、対象物が「それはどんなものなのか」、世の評価を知りたい"というもの。
もう一つは「サンダーバードベース 改造」「PJベース 配線」「KSR 膝スリ」など、複数の単語を組み合わせた検索で、"アレのこんなところはどうなんだ"というもの。
「コレのココが知りたい」という点で、求める答えがはっきりしているとも言えそうです。

僕のブログは商業的、広報的な意味合いのなったく無い個人ものなので、何を書くのも自分の気持ち次第なのですが、こんな僕の意見でも参考にされていると思うと気にはなります。

その中の一つが、今回のタイトル「サンダーバードベースは弾きにくいのか?」です。
理由は後述しますが、僕の結論は「世間で言うほど弾きにくくない」です。
一般的なデザインのサンダーバードベースでの弾きにくさの要因は2つ。
・ヘッド下がり
・ローポジションの遠さ
これに尽きると思います。
どちらも、4弦側にホーンが無いというボディ形状が原因です。
右利きプレーヤーの場合、ストラップは肩からほぼ垂直に楽器まで垂れるのですが、ホーンがないから左手側に楽器が突き出してしまう。
だから、上の2点の不具合が起こるのです。
本来であれば運指に専念したい左手ですが、サンダーバードの場合はさらに、下がろうとするヘッドを持ち上げる役目も必要となります。
どうせ力を入れるのなら、と軽く体幹側に引き寄せながら弾いてみると、、、「ちょっとコツは必要だが大概の曲は弾ける」と感じると思います。

これを楽器側で改善したければ、
エクステンド・ストラップピン by西本圭介
など、ホーンの役目をするものを作る。
・4弦側にホーンを持つ「ノンリバース」と呼ばれるサンダーバードベースを使う。
・上の2つを両方やっちゃう。
thunderH1.JPG
指弾きだってスラップだってフェンダー系とさして変わらない感覚で弾けますよ。

Web上では「まるで長刀」「下がるヘッドより更にボディを下げて」「弾きにくさに換えられないルックス」など、まるで欠点を美化しているようなご意見の方々も。
サンダーバードベースのヘッドの質量は、フェンダー系ベースとさほど差はありません。
thunderH0.JPG
左から、Gibson Black Bird、Greco サンダーバード、一般的なフェンダータイプのクローシャンヘッドのSCHECTER。

サンダーバードのネックは細めで、握りやすいくらいです。
ブリッジ近辺でのミュートもやりやすいです。 そういう美点もしっかりあるんですよ。

本当に気を使わなくてはいけないのは、ヘッドの付け根部分のヒビや折れなど、運搬時の扱いだと僕は思います。 その他は普通のベースを普通に扱えれば、大丈夫です。
もちろん、これからベースを弾き始める初心者の方にはオススメしませんが。
サンダーバードベースを買いたいな、でも、、、と迷っている方、もう騙されてはイケマセンよ(笑)
MY AXE | 投稿者 くぢらちゃん 07:39 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<  2011年 4月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ホビダス[趣味の総合サイト]
〇Getta Grip 9910 Long Engineer ゲッタグリップ ロングエンジニア【102/202-33vdfdp】

〇Getta Grip 9910 Long Engineer ゲッタグリップ ロングエンジニア【102/202-33vdfdp】