くぢらちゃんの西へGoGo!東へGo! Rockベースを弾きながら、Harley XR、HONDA NSR、Kawasaki Ninja & KSR、Ducati ストリートファイターに乗る私が、イケイケな奥さん、ケチンボな娘と繰り広げる、楽しい毎日をお届けします。

最近の記事
バルコム広島 福ちゃ…
05/16 13:17
ナイキ エア・ジョー…
05/13 09:43
ラクチン生活
05/10 17:22
Arai アストロ …
05/09 12:23
総本家 しなとらラー…
04/28 12:22
最近のコメント
そうなんですかー。…
くぢらちゃん 04/14 09:29
子供の頃、観音に住ん…
mark 04/14 00:12
いや、恥ずかしながら…
くぢらちゃん 04/11 09:14
かっこいいバイクを選…
mark 04/10 23:08
ぼちぼちさん、おはよ…
くぢらちゃん 03/28 09:22
最近のトラックバック
Firefox ブラウザ無料ダウンロード

おたまじゃくし コンポーネント・ベース

otama1.jpg
かれこれ20年くらい前、当時広島市内にあった「おたまじゃくし」さんで組み立てていただきました。
今、お店は広島県福山市の福山城近くで営業しておられます。otama.jpg otama2.jpg
左手の自販機横がお店、右の奥に福山城がみえますか~?
久々にお邪魔してみると、中古でおいてあったMOONのJJが売れていました。 株が上がってきたら買おうと思ってたのに~。

おやおや、話をもとに戻します。
ネックは東京・御茶ノ水のイシバシ楽器で"はごいたヘッド"のものを買い、おたまじゃくしさんでバナナヘッドに加工していただいたものです。
ota2.jpg
今ならローラータイプのストリングリテイナーにするところですが、フロイドローズのテンションバーを使っているところがいかにも80年代でしょ?
今見られるテンションバーは、もっとゴツくて厚みがあるものが多いですね。
ネックのグリップはスムースで、当時のコンポ部品の質の高さを感じます。
ナット幅はPBとJBの中間の40㎜くらいです。

ボディは、クレーマーのJKシリーズのもの。
当時、日本製のクレーマーはESP関係の工場で作っていたらしく、未塗装のB級ボディをESP御茶ノ水のジャンクフロアで買いました。 ああ、なつかしい。 
                                       ota3.jpg
このボディはプレベのものとはちょっと違い、カッタウェイが深かったり、ホーンがちょっぴり長かったりして、オシリ部分も左右非対称です。 これがなかなか具合がよくて、立っても座っても引きやすいボディです。
ちょっとオバカなイメージの黄色に塗られていますが、薄いラッカーから透けて見える木目はなんとも言えない質感を感じます。

ピックアップはMOONやディマジオなどを経て、この10数年はESPのクウォーターパウンドです。
コントロールは、ボリュームのみ。 今の僕なら、ポットを一つしか使わないならバランサーにするかな。

ブリッジはESPの"山下ブリッジ"です。
ota4.jpg

80年代半ばから90年代の初め頃まで生産されていたようです。
ラウドネスの山下昌良モデルや、アンセムの直人モデルなど、HM系のハイエンドベースに使われていました。 当時、単体で購入すると3万5千円くらいしたと思います。
モータウンで有名なボブ・バビットはFenderのプレベにつけていますね。
非常に重量があるので、軽いベースにつけるとバランスが変わるほどです。
この重さのおかげか、立ちあがりが早くしかも太い音になる感じがします。

ジャックは、抜け防止の為にロックタイプの"NEUTRIK"。 ota5.jpg今でもあるのかな。
本当にばらばらの部品を集めて組み立ててもらったのに、なかなかバランスがよくて、これとコンプがあればどこでも1曲弾きたくなる1本です。
重量は3キロ後半くらいで、長い練習も動くライブも苦になりません。
今の僕なら、もっと別の物を作るのでしょうが、"当時かっこいと思った"のはこのカタチです。

学生時代からずっと一緒な、かけがえのない相棒です。


MY AXE | 投稿者 くぢらちゃん 00:18 | コメント(0)| トラックバック(0)

素らーめん

「素うどん」ってのはよく聞きますが、「素らーめん」って言いますか?
とんちんかんな出だしですが、土曜の夜、みなさんはいかがお過ごしですか?

「夕べ寝つきが悪くて」とか言って、家内は寝室に。
もちろん、ムスメはすでにグウグウ。

そこで、サッポロ一番みそラーメンをつくってみました。
sat1.jpg
やる気ゼロなので、具もゼロです。
お気に入りのどんぶりにいれただけ。
お約束ですから、皆さんも一口どうぞ~。sat2.jpg
1人で食べて太るのは、ヤですから(笑)

雑誌も読み散らかしのまま、DVD見たりして。 WILD HOGS(邦題は"団塊ボーイズ")です。
sat3.jpg
いや、もうそんなこともどうでもいいです。 このダラケっつぷりが、画像からも伝わるでしょ?

あ~、シアワセ。
皆さんも、よい週末を・・・・・・★
日記 | 投稿者 くぢらちゃん 22:55 | コメント(0)| トラックバック(0)

DIESELベルト 革バックル

なんだよ、またDIESELかい。
しかも何も特徴もなくて、DIESELじゃなくてもいいんじゃないの?
ってな感じのフツーのベルトです。
DIE1

ちなみに、裏はこんなです。DIE2

けど、バイクに乗ったり楽器を弾いたりという場面が多い僕の休日には、大活躍です。
だって、相手を傷つけるってことがないですから。

以前、楽器屋さんで試奏をお願いすると「傷に気をつけてくださいね」といってチューニングするお兄さんのベルトは、めっちゃピラミッドスタッズ。
苦笑いのくぢらでした。
オトコはだまって | 投稿者 くぢらちゃん 15:54 | コメント(0)| トラックバック(0)

ALPHA MA-1 TIGHT

MA11.jpg
雑誌ビギンの最新号でも掲載されていましたね。
早速、新宿の三越アルコットに行ってきました。

で、Mサイズをゲット。 MA2.jpg
要するに、「ワンサイズ下の身幅」ということだそうです。
Mサイズだと、「着丈、袖丈はMサイズ、身幅はSサイズ」ということですね。
お店のお兄さんによれば、「元々、本物はいろんな体型の人に合わせるために細身や太身があります。 最近は、ジャケットの上から装備をつけるときに邪魔にならないよう、細身を選ぶ兵隊さんが多いのだそうですよ」ですって。

ビギンではLサイズ同志を比較していましたが、普段買うときには、通常モデルがSサイズ着用なら、タイトモデルではMサイズを比較するケースが多いのかな、と思います。

グランドクルー用のSサイズとタイトのMサイズを重ねてみると

MA3.jpg身幅、腕周りはほぼ同じで、タイトのほうが着丈も袖丈も約2センチ長いです。
それで、スッキリシルエットに見えるってことですね。

タイトモデルでは、前たてにさりげなくALPHAのエンブレムが刺繍されています。MA6.jpg

ラベルは、お約束のポケット内側。
MA55.jpg MA4.jpg
蛇足ですが、グランドクルーはリバーシブル仕様ではないので、ラベルはシェルの内側にあります。


ファスナーはIDEALに似た形で、刻印は通常モデルとおなじく"ALPHA"です。 MA7.jpg
このファスナー、やたら固くて引上げるのに一苦労します。
お店のお兄さんも「このモデルはなぜかどれもファスナーが固いです」とのこと。 試着した数枚も、どれも同じようでした。


さて、電車に乗ってるとさっそく数名の同志と出会います。
皆さん同じ、"レプリカグレー"。
人と違うのが欲しいと思いながら、同じのを買っちゃう。。。。。。日本人だなぁ。
オトコはだまって | 投稿者 くぢらちゃん 13:01 | コメント(0)| トラックバック(0)

たい焼き 天音 吉祥寺

久々に東京にお邪魔しました。
でも、のんびりお昼を食べる気にもならず、つまみ食い。。。

吉祥寺駅を北口側に出て、左に。
サーティーワンアイスの向かいをハモニカ横丁に入ります。
もうちょっとでアーケード、というところに看板が。
ama1.jpg
看板なくても、いつも行列があるからそれと判ります。
待つことしばし。
お店の間口にはキチンと盛り塩があり、布袋さんも。ama2.jpg 
お店の方は、誠実なお人柄なのでしょうね。

「たい菓子」1枚150円です。ama3.jpg

ぎょうざにはよく"羽根つき"なんていいますが、なんとたい焼きにも!

え? シッポの先まであんこ詰まってるか?ama4.jpg
スミマセン、シッポは先にかじっちゃった。
頭のほうを、どうぞ。

このブログ見て急に食べたくなったあなた、ごめんなさい。
夕方までにはいかなきゃ。
西へ東へ | 投稿者 くぢらちゃん 18:48 | コメント(0)| トラックバック(0)

Tatooスタジオ SUNSQLIT渋谷店

僕がいつもお世話になってる、サンスクリットタトゥーデザインさんです。

JR渋谷駅、ハチ公臨時改札を出て、原宿方向へ。
丸井やタワレコを過ぎると、ABCマートの隣のビル、4階です。
sun1.jpg

土地柄、一元さんが多いとのこと、彫り師さんたちはみんな若いけど経験バッチリのお店です。
いつもお世話になってる二瓶さん。sun2.jpg
写真ヘタクソで申し訳ない(汗)
若干24歳だけど、キャリアは6年。 アメリカンから和彫りまでなんでも相談にのってくれます。


刺青さえなければとても彫り師には見えない優しい感じのKEIさん。
sun3.jpg

お客さんも一緒にバーベキュー大会をしたり、和気あいあいを絵に描いたようなお店ですが、「このところ忙しくて」だそうです。

上野にも店舗があり、どちらも駅から近くて便利です。
相談だけでも、のぞいてみては。
投稿者 くぢらちゃん 18:34 | コメント(0)| トラックバック(0)

ベースブリッジのネジについて

以前、フェルナンデスのPJベースの記事で、
「フェンダーの純正部品で、サドル高調整のネジを売ってたので、短いものに換えました。
右手でミュートするときに、このネジが長いと痛いですもんね。」と書きました。
ちょうど、パーツが手にはいったので少し詳しく書いてみようと思います。  nob.jpg


まず、希望の弦高にしてみます。
ビビルくらい低めにしておいて、"強めに弾いたらビビルな"くらいの高さに上げながらするのが僕流です。
すると、コレくらいになりました。

1.jpg

その状態でのブリッジは、サドルから4~5ミリくらい高さ調整ネジが飛び出しています。
これでは右手でミュートするときに手が痛いです。2.jpg
ピックを使って、大きなアクションで振りぬいたりすれば、手を切ることもあるでしょう。
3.jpg短いネジを使えば、画像手前くらいになります。


スパイラルサドル用のネジは、3.5×10というサイズで、Fenderのものなら420円です。4.jpg
筒型サドル用のネジは、3.0×10のサイズとなります。
以前はなかなか流通してなかった印象ですが、この何年かは大きめの楽器屋さんにはFender純正パーツが置いてあるところが増えましたね。
ネジも、USA用のインチサイズのものもみかけます。
パッケージには該当する機種名があり「JB、PB用」「TE用」という表記がありますが、サイズが合えばどれでも用は足りると思います。
こだわるならブリッジの質感にあわせるためにニッケルやステン素材を選ぶということもできそうですね。

ネジ交換の際には一回サドルの中をグリグリまわしてアタリをつけるとよいと思います。
5.jpgネジのバリが邪魔をして、スムースに回らないことも多いです。
この工程をせずに楽器に組み込んで弦を張った状態では、ネジの頭がサドルにもぐるような場面で不具合になる可能性もあるかと思います。

ちなみに、一部の加工精度が悪いものには、この画像のようにドライバーの溝が中心からひどくずれているものも見受けられます。6.jpg
多少であれば大丈夫ですが、画像のものほどずれていると、ドライバーの先端でサドルのネジ山を傷つけたりしかねません。
正しく加工された部品を使いたいものですね。
日記 | 投稿者 くぢらちゃん 14:43 | コメント(0)| トラックバック(0)

MUSICMAN StingRay 20th

フレイムが美しい、スティングレイの20周年記念モデルです。sting1.jpg

ヘッドに20thのロゴがあります。sting2.jpg
なくても、この派手なルックスでは一目でこのモデルってわかりますね。
去年くらいからリリースされた30thは、指板がエボニーというのが特徴ですが、外見はスタンダードなスティングレイに近いですね。

バックも、電池BOXがなんだか今風になってます。sting3.jpg

トップとバックの合わせ目にはラインが入ってて、さらに豪華な感じです。sting4.jpg
ピックガードは接着されていて、取り外すことはできません。
せっかくのフレイムですから、ピックガードを外してコレを楽しみたいのですが。。。。
ネジ穴をあけるのももったいないけど、接着するのはいかがなものか。
前のオーナー方もそう思われたのか、ピックガードを剥がそうとした跡がちょっぴりあります。 傷はいただけないけど、そのキモチ、わかるぅ~。

ネックのグリップや感触をはじめ、スティングレイの美点はそのままです。 ただ生音が大きいだけでなく、立ちあがりが早い感じがして"その気にさせる"ベースです。

中学生の頃、大好きだった子がオフコースのファンで、僕も影響されていつも聞いていました。
小田和正さんのボーカルと、コーラスのハーモニーが評価の高いバンドですね。 ベーシストの清水仁さんは、ビートルズのコピーをしながらプロのキャリアをスタートされた方で、ルートだけを黙々と刻むということがほとんどなく、アンサンブルにいつも新しいアプローチのある方でした。
このモデルにはメイプルワンピースネックと、ローズかなにか判らないけど指板ありのモデルがあるようですが、僕はメイプルワンピースを選びました。 だって、清水さんのスティングレイと一緒ですから。

僕はその後、ラウドネスなんかを聞いてメタル小僧になっていくわけですが、相変わらず清水さんのことが大好きで、フェルナンデスのスティングレイのコピーモデルを手に入れてインザミラーや、オジーのクレイジートレインなんかを弾いていました。

いつか縁があったら、80年代くらいのスティングレイを弾いてみたいものです。
もしももう1本持てるなら、"裏通し"のがいいなあ、と思う僕は古い人間ですね。




MY AXE | 投稿者 くぢらちゃん 22:47 | コメント(0)| トラックバック(0)

ハーレーXR1200、広島に増殖!?

いやいや、いまだに道ですれ違ったことはないのです。
夕方、いつもおせわになっているバルコム広島にちょいとヤボ用ででかけました。

すると、オレンジ、シルバー、黒と全色のXR1200が展示されていました。
Image410.jpg
写真手前はXL883Rです。
これもまた、独特のカッコよさですね。

1人のお客さんが、黒いXR1200の前でお店の方と話しこんでおられたので、「こりゃお仲間が増えるかな」とわくわくしてます。

オーナーズクラブみたいのは若い頃にさんざんやって、今はそういう機会があっても積極的に出かけることはないのですが、それでも嬉しいものです。

明日、暖かかったらちょっと乗ってみようかな。
自由の翼 | 投稿者 くぢらちゃん 23:58 | コメント(0)| トラックバック(0)

SCHECTER PJボディ

90年ごろのプレシジョンベース型ボディです。
body1.jpg

トップのフレイムが美しく、パーツを組み込んでしまうのがもったいないくらいの美麗なボディです。
もしもこれがジャズベース型だったら、高名なプロの方が使われたのかもしれませんね。
くぢらはプレベ大好きなので、勢いあまって入手したのですが、これに見合うネックを見つけられないでいます。


ポケットにはSCHECTERの刻印があり、なんとも誇らしげですね。body2.jpg


バインディングに見えるのは実はクリアーの塗りわけです。
豪華そうにみえますが、演奏の際に腕が痛いようなことはなく、いいアイデアですよね。
body3.jpg
テール部についた2つのエンドピンがいかにもSCHECTERです。

裏のザグリは狭めです。body4.jpg
スイッチの増設にはボディ側の加工も必要な様子ですが、不必要な穴もいかがなものかと思いますから、これでいいと思います。


ここ何日か、「プレシジョンベース緑」で検索された方がおられます。
さすがにちょうど緑のプレベを持ってるわけはなく、このボディの紹介を思いついたのですが、できれば「プレシジョンベース緑」で何を探されてたのか知りたいワタシです。
ああ、それ考えると寝らんなくなっちゃう。
MY AXE | 投稿者 くぢらちゃん 12:03 | コメント(0)| トラックバック(0)

LOUIS VUITTON タンブール

3針クウォーツのベーシックモデルです。
taru1.jpg

これといったすごい機能はないのですが、100M防水なのでブレスのモデルならつけっぱなしで生活できますね。
でも、ブレスを単体で購入すると12万円だそうです。 あやや、およよ。
リューズを1段引っ張ると、短針だけが動くので(カレンダーと連動)、時間を狂わせずに日付変更もできますし、海外旅行の時差あわせにも重宝します。


裏ブタにもリューズにもモノグラム柄の刻印が入り、フェイスより裏のほうが派手?ですね。taru2.jpg
こうした演出はさすがトップブランドのチカラを感じます。
全体の作りは精緻で、LVMHグループ内のタグホイヤーの精密さ、クリスチャンディオールの華やかさ、ゼニスの演出などが融合してる(気がする)感じです。


入手時にはヌメ革のストラップが着いていたのですが、前のオーナーの方の使い方のせいかシミっぽくなっていたので付け替えました。

ヴィトン好きの方にはこのヌメ革の付き合い方に3種類おられるようです。
 1、白っぽいまま使い、できるだけ日焼けさせない
 2、気にせず使って自然に日焼け
 3、わざと日焼けさせて表面を革脂で保護して使う
後々、傷やシミを防ぐという観点では、3がよいようです。
購入スグに、窓辺など日光のあたる場所に置き、2週間くらい(向きを変えながら満遍なく日光にあてます)すると、ヌメ革から出る自然の脂で表面が保護されるとのこと。
日焼けも均一でシミもできにくくなるそうです。

でも、1でもいいかな。
「日焼けする前に最新のモデルに買い換える」
かっこいー!
こちこちこっちん | 投稿者 くぢらちゃん 12:00 | コメント(0)| トラックバック(0)

ROLEX SUBMARINER 5513 60's

60年代のサブマリーナ、5513です。
sub601.jpg

長針のデザインがよく見るサブとは違うのですが、その頃のアメリカ向けではこんなのがあったのだそうです。
このサブマリーナも、プラ風防だけでなく巻きブレスレットがいい感じです。

ちょっと残念なのは、夜光が焼けてないっていうか、焼けない?こと。
すでに光らなくなってるのに真っ白です。

日本でも、いつかの時期には「日本製のブレスをつけて出荷していた」ということがあったそうですから、このモデルも針や文字盤などがアメリカ製なんでしょうか?

数年前に、某ネットオークションで手に入れたのですが、普段は陶器などを出品しているアメリカ在住の奥様が、旦那様の代わりに出品しておられました。
メールのやり取りにも人柄が感じられるような誠実な方でした。
入手当初からブレスのセンター部分がポリッシュなのですが、「これも歴史」と思ってオーバーホールの際もそのままにしてます。
実はこの時計、僕と同い年(のはずのシリアルNo.なのです。
自分と同じ年月を過ごしてきたのかと思うと、感慨に近いものがあります。
リューズとベゼルがやけに大きく見えるくらいに研磨されて小さくなったケースですが、このままにしておこうと思います。

でも、僕は腕が細いので巻きブレスを詰めなければフィットしません。
sub602.jpg
ブレスの側面が段付きになって不細工、というのもあるけど、今となっては歴史的な価値が出てきたアンティークのパーツに後戻りできないことをするのは心苦しい今日この頃です。
こちこちこっちん | 投稿者 くぢらちゃん 13:15 | コメント(0)| トラックバック(0)

冬になると エスキモー「チェリオ」

くぢらの街もすっかり寒くなって、昨日は市内でも少し雪がチラホラでした。
そんな僕の冬の楽しみは、アイスバーの「チェリオ」。

セブンイレブンや、ヤマザキデイリー系のお店で売ってます。
スーパーでも、見つけやすいですよ。

今年の冬限定チェリオは左側の「生チョコ入り」です。cherio.jpg
スタンダードなチェリオより、ちょっと高いのですが、生チョコうまうまです。
去年の生チョコ入りは、外側のコーティングチョコもビターで、とっても大人の味でした。
今年のはナッツが入っててまろやか&ちょっとお得な感じですが。。。。
僕は去年のオトナな生チョコチェリオが好きだな~。
日記 | 投稿者 くぢらちゃん 12:55 | コメント(0)| トラックバック(0)

ラーメン 「龍の家族」広島市安佐南区

こんち、昨日のお昼ゴハンは将軍さまとご一緒でした。

お昼に祇園のお世話になってるお客様にお邪魔するため、将軍さまの車は一路北へ。
安佐南区西原にある、「龍の家族」に。
駐車場もたくさんあって角地だし、入りやすいお店です。

しょうゆと塩が選べるので、僕は迷わず塩。
ダシのかおりがタマランですよ。
ryuu1.jpg

ここはひとつ、みなさんにもオスソワケ。
ryuu2.jpg


どうですか、プリプリの麺がお昼時のペコペコオナカにガツンでとくるでしょ~?
二人とも、完食でにこにこ。ryuu3.jpg どんぶりのメッセージがうれしいですね。

食べ終り近くなって、「とんかつラーメン」のメニューを見つけた将軍さまは「ああ、あっちにすればよかった。。。。」と。
お支払いを済ませると「大人のクジ」とひかせていただきました。

将軍さまは「ぎょうざサービス」、僕は「味玉子サービス」があたりました。
次はとんかつラーメンに味玉子のせよう♪
西ヘモ東ヘモイカズ | 投稿者 くぢらちゃん 12:50 | コメント(0)| トラックバック(0)

グレコ サンダーバード2号

ブログのアクセス履歴を見ていると、意外と「グレコサンダーバード」「サンダーバードリバース」で検索いただいてます。
もちろん、僕の記事が目的かは?ですが、せっかくですからまたサンダーバードを登場させてみます。

1本目があまりに気に入ったのでイキオイあまって購入した2号、画像右側です。
TB1.jpg

ネットのシリアル番号情報では両方88年製造ですが、1号が20フレットなのに対してこちらは22フレット。
                                          TB2.jpg
この形のベースにそこまであっても普段の演奏では使わないけど、タッピングのときには便利そうです。。。。。。
と思っていましたが、ストラップピンを改造したことで左手がネックを支えなくても良いため、動くフレーズを「ついつい弾いちゃう」ときがあります。
すると、Eのフィルを入れやすいので、やはり22フレットはありがたいです。

色は、1号がオレンジの強いサンバーストなのに較べて、こちらは茶系の落ち着いた色味です。
ボディが大きい分、重量は4キロと1号より100グラムくらい重いです。

入手時に、ナット部分の塗装にヒビがあって修理しました。
修理をお願いしたのは奈良県のO2ファクトリーさんです。
http://o2web.hp.infoseek.co.jp/
代表の岡村さんはとっても誠実な対応をされる方です。
この依頼のときも、「ひびが木部の深くまで達しているわけではないので、
もっと大きなダメージがあってからでもいいのでは」とご提案いただきました。
しかし、ライブで気にせず使いたかったですし、何より「この方に直していただきたい」と思える素晴らしい方でした。
固体、症状ごとに料金は違うと思うので書きませんが、クラックの修復と塗装をしていただき、「ほんとにこれでいいんですか?」の価格でした。
塗装も、サンダーバードのデザインにあわせたサンバースト具合が絶妙で、、、、、ホメすぎではないんですよ。
お金に困っても、これは手放したくないベースになりました。


その後、①と同じくエクステンションストラップピンを付け、ジャックも裏に移しました。
ボディ裏のザグリの形が少し違います。TB3.jpg


こちらのジャックプレートは水牛です。ま、これはまったく意味がないですが。(笑)
1本目の記事では特に触れませんでしたが、このベースをライブで使いたいので、ボディ前面に垂直にプラグが出てる(そりゃ、L型ジャックを使えばいいのでしょうが、僕は西本先生が開発された"トーンエレメンツ"を愛用してます)のはトラブルの元なので、これで対策としています。
通常のサンダーバードベースでは、この場所にジャックを設けるとオマタから右足に当たりまくって難しいと思います。

その他の改造は、コントロールを
バランサー、マスターボリューム、マスタートーンとしています。
「FERNANDES PJベース」の記事でも書きましたが、音量と音質を独立してコントロールできるのは便利です。

全体的に1号に較べれば傷が少なく、パーツの曇りや錆も少ないです。
ボディが若干大きいせいか、あくまでも1号に較べれば、「枯れてないのに生音が大きい」感じです。
ネックにほんの少し厚みがあることも関係しているのでしょうか?

ルックスは1号、機能で2号という感じです。


MY AXE | 投稿者 くぢらちゃん 11:18 | コメント(0)| トラックバック(0)

Red Bull、効く~!!

いや、こんなの紹介してると、宣伝ブログみたいで逆にアヤシイと思われ、発売元さんに迷惑だったりして。

F-1でもお馴染みのRed Bullですが、僕はなぜかず~~~~~~っとオーストラリア産と思い込んでました。 しかしオーストリア産だとわかった今でも、コレ支持派でございます。
RB.jpg

日本人のイメージでは、「工業国ってアメリカとドイツと我が日本、最近は中国も」くらいの感覚でしょうか。
でも、オーストラリアやスウェーデンにも自動車メーカーはありますし、マレーシアでG-SHOCKも作ってます。

おやおや、話しが横道にそれやすいこと。


チマタでは、ROCK★STARやSHARKなど「エナジードリンク」ってのが人気のようですね。
どれも対して変わりゃーしないと思う反面、試してみたいオヤジ心。
Red Bullをコップに注いでみると。。。。。RB2.jpg

キメの細かい生ビールみたいな泡がたくさんで、液体が見えるまでずいぶん待ちます。
この泡が、なめらか口当たりの正体でしょうか。
ウイスキーくらいの琥珀色で、なんだか高級な感じがしますよ。
お味の方は「オロナミンCの味が濃い版?」by女子社員フクちゃん
だそうで、この濃い感じがいかにも"効く"気にさせますよ。

くぢらはリポビタンでも風邪がよくなるくらい薬など効きやすいので、コレ飲んだ日には19時に飲んでも夜中まで元気です。

あ、エネルギーのやりばが、、、、、ない。


日記 | 投稿者 くぢらちゃん 18:37 | コメント(2)| トラックバック(0)

AKATSUKI ランチカレー500円

相棒の正やんが急遽お仕事で行けなくなったので、今日の相方は女子社員のフクちゃん。
セクハラ発言の地雷を踏まないように、いつもよりギコチないわたしです。

中区橋本町、ファミマの向かいにある公園の北隣です。
一見、住居のみのマンションの1階奥にあります。
AKA1.jpg

夜はおしゃれな居酒屋って感じですが、お昼にはカレーとハヤシライスをいただくことができます。

お見せに入ると、カレーかハヤシ、さらに大盛りやらタマゴやらのお札を取って、カウンターに並びます。
カレーかハヤシならサラダがついて500円という、オナカも財布も満足なお店です。

AKA2.jpg

よーく煮込んでお肉がバラバラになってます。
ほとんど待たずに食べることができますから、ランチのあとに川辺を散歩したり、近隣の喫茶店で一服したり、、、、のんびりお昼を過ごしてみてはいかがでしょうか。
西へ東へ | 投稿者 くぢらちゃん 12:46 | コメント(0)| トラックバック(0)

広島駅 広島駅弁 スペシャルうどん

広島駅南口の在来線ホームに、ある立ち食いうどんです。
僕の住まいは市内なので、ここで食べる機会といえば「新幹線での出張帰りにちょっと寄る」って感じで、旅の締めくくりのイメージです。
本来なら「西へも東へもイカズ」のカテゴリですが、駅のうどんってホラ、旅と切り離せないじゃないですか。 ここはやっぱり「西へ東へ」ですよ。

入り口の券売機で食券を買って、お店に入りました。
ほとんどのメニューが300円ソコソコで、お安いです。
更に月曜日は「うどんの日」で天婦羅うどんが270円ですって。

ここは迷わずスペシャルうどん。これは600円とちょっとお高いのです。
0097.jpg


肉、たまご、きつね、海老天 が入ってます。
うどんが見えませんね、嬉しいですね。
広島のうどんってのは、讃岐系ではなくて麺がやわらかくて魚貝のあっさりスープが特徴です。
四国や岡山で食べる麺にのどごしや香りがあるうどんも大好きですが、やはり地元の味はホッとします。

しかしこのお店、看板にものれんにも名前がない。。。。。
西へ東へ | 投稿者 くぢらちゃん 12:40 | コメント(0)| トラックバック(0)

G-SHOCK AW-560

イワユル、3代目アナログの蓄光文字盤です。Gana.jpg

肩肘張らずにつけることができ、ちょっぴり個性的な1本です。
廊下や倉庫にちょいと入っちゃった、みたいな暗い時には便利ですよ。 ボタンなんか押さなくても文字盤が光ってて時間が読み取れます。

機能は初代、2代目とあまり変わらないらしいです。
デジタルも2つの時間を独立してセットできますから、アナログと合わせれば合計3つの時間を知ることができます。 海外旅行なんかには重宝します。
という機能は初代アナログのAW-500と同じです。

裏ブタがスクリューバックでないのが不人気の理由だと思いますが、このフェイスはなかなかトボケた感じでイケてます。
ハイカットのナイキをはいて、55DSLなんかの、80'sポップなファッションに合わせてみてください。
Back to the Future!って感じでしょ!?
こちこちこっちん | 投稿者 くぢらちゃん 22:59 | コメント(0)| トラックバック(0)

京都 四条 あさぬま

相変わらず西へ東へでかけているワタクシですが、久しぶりに京都に降り立ちました。
わが社の京都営業所が地下鉄の四条駅に隣接してるビルにあるのです。

なんと便利なことに、地下鉄のホームから営業所まで、1歩も外に出ずに通えます。
ウチの営業所には窓がないモンで、(別にアヤシイものなんか作ってないですよ)途中で雨が降っても地元の駅につくまでわからないという。

そんな我が京都営業所の地下鉄との連絡通路にあるのが「あさぬま」です。asa1.jpg

ちょっぴり昭和の香りがするつくりですが、ちょいと奥まったBOX席があったりして、悪いコトするにはちょうどいい落着けるお店でございます。

看板には「珈琲・スパゲティ・ケーキ」とありますが、カレーが! カレーがなかなかなのですよ。asa2.jpg

画像とは違いますが、なすカレー650円がワタシのお気に入りです。

駅から雨に濡れずに行ける隠れ家喫茶店、悪だくみ静かにすごしたい時に、是非。
西へ東へ | 投稿者 くぢらちゃん 22:41 | コメント(0)| トラックバック(0)

ROLEX SUBMARINER 16800 '80s

前回のシードと同時期、80年代前半のサブマリーナ16800です。
                                        16800.jpg

こうして二つを比較してみると、ベゼル内径=風防直径および、インデックスなど、シードのほうが少し小さいのがわかっていただけると思います。

雑誌などでは「ケースの厚みとヘリウムガス・エスケイプバルブの有無」がよく取り上げられ、この風防やダイヤル直径の違いにはあまり言及されませんよね。
けれど僕は、この点もサブとシードのイメージを大きく左右していると思います。

インデックスの間隔が広いサブは、優しい印象。
対してシードは、ギュッとつまってスパルタンな印象です。
最近の緑サブはインデックスが大きく、シードみたいな印象を受けますよね。

くぢらは若い頃シード大好きでしたが、この頃はサブの力の抜けた感じも大好きです。

こちこちこっちん | 投稿者 くぢらちゃん 18:33 | コメント(0)| トラックバック(0)

フライケーキ 福住

大久野島をあとにした我々は、西へ家路につきました。
日暮れまでは少し時間があったので、呉に寄り道♪

呉中通の真中よりちょっと北あたり、ふんわり香ばしいにおいの一角があります。fuku2.jpg

おばちゃんがコシアンをケーキの生地で包んだタネをせっせと揚げています。
今日のはいつもより皮がパリッとしていてウマウマでした。
fuku1.jpg fuku3.jpg

ぽつぽつ灯り始めた屋台の明りを横目に、マイXRちゃんとせんせいのウルトラは呉の街をあとにしたのでした。
西へ東へ | 投稿者 くぢらちゃん 22:59 | コメント(0)| トラックバック(0)

ひさびさお出かけXRちゃん

さてさて、お昼ご飯の紹介を先にしてしまいましたが、マイXRちゃんは着実に距離を伸ばしております。xr2.jpg

先に紹介した太華園でシアワセになったあと、ほんの数百メートル先の「町並み保存地区」で一休み。xr1.jpg

ウルトラ、なかなか絵になりますね~。

さて、身も心も満たされ、2人は忠海を目指します。
竹原の中心部からはほんの15分くらいで忠海駅の裏側、フェリー乗り場につきました。
ここから大久野島に渡ります。
往復で420円の切符を買い、バイクは売店となりの駐車場に止めます。
島内は、一般車は乗り入れできません。

1周4キロくらいの小さな島は、ウサギでイッパイです。
せんせい、ウサギと闘い中。xr3.jpg

毒ガス貯蔵庫跡、北部砲台跡を見て、さらに島の頂上にある中部砲台跡を目指します。xr4.jpg


標高が50メートルちょっとなので、せいぜい20分くらいの道のりですが、なかなかコタエます。

頂上にある鉄塔は、建設当時は世界でも注目の存在だったようですよ。
ほんの2時間くらいでしたが、ウサギと戦争遺跡という不思議な組合せのこの島、興味ある方は是非いって見てください。

さて、くぢらのかかりつけの(要するにご近所の行きつけです)お医者様は、毒ガス被曝の遺伝的影響について研究しておられました。
大久野島でもつくられていたマスタードガスによる被害では、被曝したご本人だけでなく、子供にも血液中のたんぱく質の異常が遺伝するのだそうです。

もちろん、症状は様々ですから、「ただ血液成分の数値が正常でない」方から、「体調に異常を感じる」などひとくくりにはできないようです。
これは、「60年たった今でも影響を残している」ということですら、気付かない、でも私たちの身近なところで"終わらない戦争がある"ということですね。


自由の翼 | 投稿者 くぢらちゃん 22:50 | コメント(0)| トラックバック(0)

ラーメン 太華園 広島県竹原市

今日はベースのせんせいと一緒に、バイクで出かけてまいりました。
竹原市の大久野島をめざし、一路東へ。

島に渡って国民宿舎の食事でもよかったのですが、ネタ的に。。。。

安浦から竹原に向かい、短いトンネルを抜けると、やがて左手にエネオスのガソリンスタンドが見えます。
次の交差点には「竹原高校前」とあり、さらに1つ向こうの道を左折すると、左手にみえます。
taika1.jpg

お昼にはチョット早かったのですが、すでにお客さんが多く、仕事中のサラリーマンさんから近所のおばあちゃんまで。 地元に愛されているお店なのですね。

僕は、ラーメンとご飯のセット「中華セット」750円をいただきました。
尾道ラーメンみたいに平べったい麺で背脂が浮き、しょうゆ系のスープです。
taika2.jpg

せんせいが食べてるコレは、なんとどんぶりからはみだしたチャーシューです。taika3.jpg
こちらも750円。

もう、満足しまくってやさしい気持ちでお店をあとにした二人でした。

西へ東へ | 投稿者 くぢらちゃん 22:27 | コメント(0)| トラックバック(0)

ROLEX SEA-DWELLER 16660 '80s

81年ごろのROLEX SEA-DWELLERです。
sea.jpg
16660を、トリプルシックスとか言うらしいですね。
なんか、かっこいい♪

裏ブタに刻印があるのも、エスケイプバルブがあるのも、シードだけ。
                             seaback.jpg
なんだか、スカイラインに対してGT-Rみたいでトクベツな感じがします。

フチなしなのにサファイヤクリスタルの風防で、ちょっと変わってるところがお気に入りです。

20代の後半に初めて手にしたROLEXがこれの後のモデル、90年ごろのシードウェラーでした。
それはもう嬉しくて、お風呂も一緒、寝るのも一緒でした。
今でも、時計を外している時間は少ないのですが。


こちこちこっちん | 投稿者 くぢらちゃん 11:17 | コメント(0)| トラックバック(0)

GMTマスターが、主役ではなくて

Image316.jpg

最近、雑貨屋さんでよく見かけるソファー形の小物入れです。
座布団部分はフタになっていて、本体に指輪やピアスを入れておくジュエリーケースなのでしょうね。
3千円くらいと、ちょっとお高いのですが迷わず買ってしまいました。
画像では雰囲気が出てないのが本当に残念です。

2人がけみたいな横長のタイプもあるのですが、そちらは座布団部分に蝶番がついていて開閉する構造です。
座布団を取り外して、時計を巻きつけて飾りたいのでこっちにしました。
ネジを外せば、同様な使い方ができる構造だとは思うのですが。

サブやシードのステンモデルにも似合う黒革タイプなんかあればいいな、と思います。
こちこちこっちん | 投稿者 くぢらちゃん 23:30 | コメント(0)| トラックバック(0)

MOON PJベース①

昔から、MOONのPJといえば、これを想像する人は多いと思います。Image306.jpg

このモデルが出た当初は、Fenderのように板を曲げたタイプのブリッジでしたね。
tail.jpg
このダイキャストのブリッジの頃、ヘッドもFenderの形のものもあったと思います。

ウォルナットにも、「トラ目」みたいな杢があるんですね。Image310.jpg

EMGのピックアップだからなのか、ベースらしいくせのない感じの音です。
けれど、重量が約5,2キロもあります。
くぢらはもう若くないので、これを抱えて練習はツライです。
以前紹介したMOONのプレベは約3,2キロくらいですから、えらい違いですよ。


そうそう、前のMOONプレベの記事でロゴについて書いたので、比べてみます。
                   rogoP.jpg rogoPJ.jpg

プレベのほうは"MOON CUSTOM BASS"、PJの方は"MOON CUSTOM GUITERS"となっております。
MY AXE | 投稿者 くぢらちゃん 22:51 | コメント(0)| トラックバック(0)

SCHECTER たち。

僕はSCHECTERで、しかもテレキャスターの形のヘッドが好きなのです。
で、ついつい似たようなベースを買ってしまい、奥さんにあきれられます。
というのは今日のお話とは関係ないのです。

左からFender70年代、SCHECTERのジャズベースPU搭載のプレベ、SCHECTERのスタンダードなウォルナットボディのプレベです。
hikaku1.jpg

入手時から気付いていたのですが、ウォルナットボディのプレベはコントロールノブの位置が微妙にヘンなんです。
それで、3本並べて較べてみました。
                                   hikaku2.jpg

アッシュボディのベースのノブの位置は、Fenderの位置とほぼ同じ。
ウォルナットボディのベースのノブは、下の2つがボディ中心に向かってずれてます。
だから、どうだということはないのですが、「ちょっとずれた」ってかんじでもなく、裏面のザグリもこの位置になるべくあいてます。
hikaku3.jpg

このことに何の意味があるのか僕にはわかりません。
不思議だぁ。


MY AXE | 投稿者 くぢらちゃん 14:15 | コメント(0)| トラックバック(0)

樹脂リングたち

ここ2年くらい、休日には樹脂リングを愛用しています。
                                       0094.jpg

軽くて邪魔にならないし、子供といても傷つける心配は少ないし、バイクや車ももちろん、シルバーなんかに比べれば傷つける心配はぐーんと減ります。
シルバーだと、"ちょっと無理して悪ぶってる"感じが苦手になっちゃて。

ほんの数百円くらいなので、色を揃えたりして結構な数になりました。
オトコはだまって | 投稿者 くぢらちゃん 01:10 | コメント(0)| トラックバック(0)

熊本 CROWN VICTORIA

くぢらは仕事柄出張が多いのですが、7年位前から2~3年は毎週のように福岡~佐賀~熊本あたりを旅しておりました。
仕事が終われば後は自由ですから、それぞれの街のホテル周辺はけっこうウロウロしました。

そんな頃、ふらりと立ち寄ったこのお店「CROWN VICTORIA」。
Rockなグッズから、服、ブーツ、アクセサリーなどてんこもりで、まるでおもちゃ箱を見つけたような気持ちになります。

上通りのアーケードからほんのちょっとだけ外れたとこで、Rockでキッチュな香りを振りまいてます。
crovic.jpg

ふと見あげれば熊本城の天守閣も見え、なんとも言えない風情?なのですよ。

旅先ですから大きな買い物はできませんが、ちょこちょこ通ううちに親しくしていただいて、オーナーの二郎さんとは時々飲みに行くくらいの仲になりました。

ここに行きたいから仕事もかんばるってくらい、熊本大好きなくぢらでした。

でも、このイカレ、いやイカシタおみせも今月24日で店じまいとのこと。
二郎さんにはいつでも会えるのだろうけど、ジワッと感じるものがあります。

ぼくにとって熊本は、パルコ前の石のクルクルまわるやつ、駕町通りの蕎麦屋さん、そして「CROWN VICTORIA」なのでした。

オトコはだまって | 投稿者 くぢらちゃん 18:57 | コメント(0)| トラックバック(0)

キャセロール スパイシーな白カレー

久々に白カレーが食べたくなりました。
ちょっと肌寒くなったからですかね。

以前は並木通りという繁華街の中心からちょっと離れたところにあったこのレストランですが、移転されておりました。

嬉しいことに、ちょっとちかくなって我が社からは徒歩10分ほど。
路面電車 胡町(えびすちょう)電停近く、マツダビルの裏手にあります。
Image290.jpg

入り口の黒板にも「スパイシーな白カレー」の文字を発見♪
こりゃもうタマランと、勢い込んで突撃しました。
以前の隠れ家的なフンイキもなかなか良かったですが、今の明るく開放的で広い店内もグーです。

でもちょっと違和感を感じ。。。。。。
お姉さんお姉さんお姉さんお姉さんお姉さんお姉さんお兄さんお姉さんお姉さんお兄さんお姉さんお姉さんお姉さんお姉さん くらいの感じ。
おじさんは僕らだけ。

仕方ないよね、オフィス街真っ只中でこんなにおしゃれですから。

まずは、前菜。
さすが、850円するだけあってどれも美味しいです。
Image291.jpg

そして、サラダ。

Image292.jpg


画像でもわかるように、ミニではないのです。
小食な女性なら、ここまでで「もう8分目です」って量ですよ。


そして真打の白カレー♪
画像ではただの白いゴハンですが、これがもう、ウマウマです。

Image294.jpgミンチの甘みとスパイスと、クリームっぽさのハーモニーが~。

こりゃもう、説明できませんよ。
お近くの方は、是非。
西ヘモ東ヘモイカズ | 投稿者 くぢらちゃん 18:39 | コメント(0)| トラックバック(0)

GT-R32のフロントディフューザー

娘ができてからなんとなくタイミングを逃して、なかなか乗れてないGT-Rでございます。
                                   gtr.jpg

僕は若いときにバイクの部品や用品を扱っていました。
そんな場面でよくお客さんにカスタムの相談をされることがありました。
バイクでオススメのパーツは?と言われればリヤショックなのですが、車ではサスペンションとこのフロントディフューザーです。
リップの下の黒いコレ↓
gtr2.jpg

装着してないと、140㌔くらいからステアリングが軽くなるのを感じると思います。 これが劇的に少なくなります。
非装着の車と乗り較べると、120㌔くらいから違いがわかると思います。
ボンネット内に巻き込む空気がフロントを持ち上げるのだそうで、これを防ぐだけ?で目からウロコの安心感が得られます。

純正リップの下にフタをしただけ、よりはこのホンの少しの追加リップ部分が効いているという人もおられますが、僕にはあまり実感ができません。
駐車時にヒットする危険を考えると、フタだけでもいいような気がします。

2000年を過ぎたあたりから、アルテッツァやレガシィ、BMWなどには純正で装備され始め、最近はファミリーカーにも見かけますね。
でも、今でも人気のスポーツカー?中古のRX-7やスープラ、この32Rくらいの世代の車にはこういうものがありませんでした。
そういうスポーツカーに乗っておられる方で、サーキットなどでフロントの接地感を増やしたい方は是非試してみてください。

フロントの接地感ということに焦点を絞ると、ノーズアップが少ない状態を作るのが良いのかと思っています。
さらに、タイヤサイズをむやみに広げないこともハンドリングがシャープで、接地感とからみあう要素がありそうです。
みなさんはどうですか?
自由の翼 | 投稿者 くぢらちゃん 18:46 | コメント(0)| トラックバック(0)

SCHECTER PJベース

ネックがウォールナット、さらにボディがディンキースタイルという変り種です。
PJ1.jpg PJ4.jpg

このボディのせいか、よくあるSCHECTERのベースはフュージョンやジャズっぽいイメージですが、ちょっぴり80年代ハードロックの香りがしますね。

ボディを裏から見ると、センターの継ぎ目がはっきりわかり、(材の左右で色味が違う) PJ2.jpg
ちょっといびつなシェイプなので、ボディはSCHECTER製でないのかもしれません。
正面を見ても、ノブの配列が等間隔でなく、レイアウトも不自然です。
PJ3.jpg

僕はカタログを集めたりなどしないので判断できませんが、とてもSCHECTERのセンスで作られたボディには見えません。 
どなたかご存知の方がおられましたら、是非お教えいただきたいトコロです。

けれど、音は至ってまともです。
PJピックアップなので対応範囲も広く、ツブシがきく一本です。
フロントピックアップは、近年交換されていると思います。

MOONのプレシジョンベースのところでも書きましたが、SCHECTER製のオープンボビンのピックアップは、経年変化で不具合があるものが多いです。

でも、ボディが小さいせいで軽く、その割りにバランスが良くてヘッド落ちがありません。
ステージ上で動きたくなるロックな一本です。
MY AXE | 投稿者 くぢらちゃん 19:33 | コメント(0)| トラックバック(0)

TUDOR SUBMARINER '90s

90年代のサブマリーナ、メンズモデルです。
tuder1.jpg
青ベゼルやイカ針なんかの個性的なモデルもまた、人気がありますよね。

当時の僕はROLEXサブマリーナが大好きだったので、そのバリエーションという感覚で買ったのです。
今となっては、青やイカのような個性的な物でもよかったのかなと思いますが。

ROLEXは80年代の初め頃にプラスチックの風防でなくなるのですが、TUDERはその後もしばらくプラ風防だったようですね。
比較的高年式のモデルでも、アンティークROLEXのフンイキを持ってます。
このサブマリーナも、プラ風防だけでなく巻きブレスレットがいい感じです。

ROLEXの5513や1680のように軽くて、"つけやすい"と言いますか、"気軽に使いたい"感じです。
ここがサファイヤクリスタル以降のスポーツROLEXと大きな違いかと思います。
サファイヤクリスタルのモデルたちは、インデックスの白金のふちどりと相まって、シャープで高級感があり、腕につけた感触も程よい"ずっしり感"があります。
ベゼルの厚みも違いがあるので、このあたりも影響があるのでしょうね。
でも、プラ風防のモデルはもうちょっと気軽な。。。。。。カジュアルな服装に似合うと思います。
仕事で"デキル男風"だったり、夜のお仕事の"華やかさ"を演出しようとすると、これはやはりサファイヤクリスタルのモデルに軍配が上がりますね。
僕のファーストROLEXは90年代のシードウェラーだったので、この軽さは新鮮でした。

おやおや、わき道にそれました。


裏ブタには
「ORIGINAL OYSTER CASE BY ROLEX GENEVA」と刻印があり、ふくらみがないです。
tuder2.jpg
ここもROLEXの5513や1680と違っています。
ぽっこりふくらんだ裏ブタのモデルも、つけごこちは良いので、どっちがどうとは言えないですね。
シードウェラもですが、日本ROLEXにオーバーホール依頼をすると、「刻印が消える恐れがあるので、裏ブタは研磨なしでよいですね?」と確認されました。

「ROLEXが買えなかったから」というよりも、「ちょっとコジャレたのしてますね、お兄さん」って感じでつけられたらいいな、と思います。

こちこちこっちん | 投稿者 くぢらちゃん 13:29 | コメント(0)| トラックバック(0)

それは、Ninjaか?

nin.jpg

すでに一昨日のできごとですが。
NInja250Rに乗ってまいりました。

夕方、ちょっと時間ができたので、「たまにはエンジンかけなきゃ」と思い立ち、居候もどきのレイモン子とNSRで出かけました。ns1.jpj ns2.jpg

このところ、XRばかりだったので自分のバイクとは言えちょっと新鮮でした。
ついでにバイク屋に寄ってみると、Ninja250Rの試乗車があったのでちょいとお借りしてみました。

国道、路地、と30分くらいはうろうろしてみました。pea.jpg


最初は僕が88NSR、レイモンちゃんがNinjaに。
ところが、5分もたたないうちにレイモン子停まる。
「情けないくらい遅くて、もうイヤだよ!」ですと。
「そりゃ大げさでしょ。」と、乗り換えてみました。

過去、GPX250、ZZR250も乗ったことあるのですが、さらにマイルド。
おおがらな車体、しっかりした足回りとブレーキがさらに余裕を演出してますよ。
デザインもよくて、大人が乗っても恥ずかしくないルックスです。
250ツインって、エントリーモデルか女の子用と思っていると嬉しい裏切りですよ。
けれど、十分に消音されたエンジンと(メカノイズも先代までより静かです)そのマイルドなフィーリングはいかんせん。。。。

見た目だけ"Ninja"かよっ!


自由の翼 | 投稿者 くぢらちゃん 01:49 | コメント(0)| トラックバック(0)

DIESEL ベルト ピラミッドスタッズ

きっと、品番なんかあるのでしょうけど頓着がないです。 スミマセン。

ローライズとは言わないまでも、デニムもワークパンツもまだまだ股上が浅いものが多いですね。
なので、くぢらはDIESELのベルトのサイズは85か90か、微妙なあたりです。
そのうち、ウエストサイズもこんなんなったりして。
これは、85です。
Image271.jpg
丸いバックルでちょっと力が抜けた感じがお気に入りです。


去年あたりからDIESELは「Rockっぽい」というよりも「もろにRockな」アイテムが多いですね。
これ、くぢらは大好物なのです。

この4~5年くらい、「お兄系」というのが流行ってからというもの、「もろにRockな」アイテムもずいぶん流通していました。
でもこの「お兄」をターゲットにした商品って、「若者向けでちょっと安っぽい」か、「やりすぎ」な感じで、必ずしもストライクではなかったのです。
服にいたっては、「無理して若く見せてるオッサン」になってましたもの。
渋谷あたりに買い物に行くのも恥ずかしい年齢ですし。

DIESELや55DSL、メロディメイカーくらいの「細身でRockでさりげない」感じ、大歓迎してます。

こっちは、バックルのデザインが違います。Image272.jpg

ちょっとおおげさなデザインだけど、これもまたヨシ、です。

オトコはだまって | 投稿者 くぢらちゃん 23:28 | コメント(0)| トラックバック(0)
<<  2008年 11月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
ホビダス[趣味の総合サイト]
〇Getta Grip 9910 Long Engineer ゲッタグリップ ロングエンジニア【102/202-33vdfdp】

〇Getta Grip 9910 Long Engineer ゲッタグリップ ロングエンジニア【102/202-33vdfdp】