くぢらちゃんの西へGoGo!東へGo! Rockベースを弾きながら、Harley XR、HONDA NSR、Kawasaki Ninja & KSR、Ducati ストリートファイターに乗る私が、イケイケな奥さん、ケチンボな娘と繰り広げる、楽しい毎日をお届けします。

最近の記事
バルコム広島 福ちゃ…
05/16 13:17
ナイキ エア・ジョー…
05/13 09:43
ラクチン生活
05/10 17:22
Arai アストロ …
05/09 12:23
総本家 しなとらラー…
04/28 12:22
最近のコメント
そうなんですかー。…
くぢらちゃん 04/14 09:29
子供の頃、観音に住ん…
mark 04/14 00:12
いや、恥ずかしながら…
くぢらちゃん 04/11 09:14
かっこいいバイクを選…
mark 04/10 23:08
ぼちぼちさん、おはよ…
くぢらちゃん 03/28 09:22
最近のトラックバック
Firefox ブラウザ無料ダウンロード

春になれば博多ラーメン一蘭。。。。?

sakura0903すこし肌寒いですが、桜もほころぶ春ですね。 みなさんはいかがお過ごしですか?
バイクにETCもとりつけ、あとはおでかけするだけのくぢらです。

今日の出演:せんせいの足
seinsei00

せんせい「せっかくETC付けたし、高速使ってツーリングしましょうよ」
くぢら 「のぞむトコロですよ! で、ドコがいいです?」
せんせい「千円でどこまでも行けるんだし、博多に行って一蘭のラーメンが食べたい~。」
くぢら 「ナイス! 今までなら往復1万円以上ですから、ラーメンだけ食べに行くなんてゼイタクでしたもん。」
せんせい「善は急げですよ、日にち決めましょう!」
くぢら 「ETC土日割引のおかげですね!」
せんせい「あ、土日は休めない。。。。。。。。」

そんな僕のお気に入りの食べ方は、
ichi00
追加ねぎときくらげ大盛りで歯ごたえにこだわります。
そして、小ごはん。
ichi01
「いただきます」のまえに、ねぎとスープをごはんにたっぷりかけて。
らーめんのあとにねこまんま。

うおー食いたい!!!!
せんせい、土日に抜け駆けしたらゴメンナサイ。
日記 | 投稿者 くぢらちゃん 09:05 | コメント(1)| トラックバック(0)

ROLEX 1675/3 GMT-MASTER サイクロプスレンズ

相変わらず携帯画像ですが、なんだかかっこよく撮れたので見てください。(笑)
99.jpg
カレンダーを見るためのサイクロプスレンズの存在感を感じる画像です。
「サイクロプス」はギリシャ神話などに登場する一つ目の巨人のことだそうです。
ROLEX以外にもサイクロプスレンズがついてる時計はいくらでもありますが、この佇まいは「ROLEXらしい」と素直に感じます。

僕のファーストROLEXはSEADWELLERだったのですけど、その頃は「サイクロプスがないのが特徴で、ちょっと他と違ってていいじゃん」くらいに思ってたのですが。。。。。。いざサイクロプスレンズ付きのモデルを持ってみると、「これもいいなあ」なんて。

一方で、「サイクロプスレンズ撤去」なんて改造もできるんですね。
取り外したのか、ノンデイトサブマリーナ14060の風防に取り替えたのかはわからないです。
こういうサブマリーナもあっていい、かっこいいと思いますが、僕は小心者なので拝見して楽しむだけですぅ。
こちこちこっちん | 投稿者 くぢらちゃん 12:50 | コメント(0)| トラックバック(0)

XR1200にETCを付けてきました。

チラホラと桜も咲き始めた3連休、いかがお過ごしでしたか?
僕は「ETC入荷しましたよ」との知らせをいただいて、バルコム広島に取り付けに行ってまいりました。
道中、めでたく走行1000㌔をむかえました。
999

キット自体は、ゲンコが入るくらいの革ケースを使ってダウンチューブやトリプツツリーなどに取り付けるタイプです。 しかし、現物合わせで見たところ、テールカウル内に取り付けられそうだったのでメカニックの方にお願いしてがんばっていただくことに。
いくつか打ち合わせした後、僕はショールームで待たせていただきました。

3階ショールームには、せんせいのブログで紹介されていた、XL883Nスポーツスターアイアンがありました。
プロモビデオでの車両はアメリカの本国仕様でサイドナンバーですが、日本仕様は通常通りにリヤフェンダー中央にマウントされるタイプです。
shop11
しかし、画像のシルバーがめちゃくちゃかっこいいんですよ。
マットな表面仕上げとギラッとしたフレークが光るメタリックの質感はなんとも言えません。
ちなみに、黒の車両は在庫の残りがあと1台しかなく、次はしばらく待たねばならないようです。

途中、ちょいとのぞくとマイXRちゃんはすっぱだか。
etc0

ソフテイル・クロスボーンズにはカスタムペイントモデルが加わっていました。shop2
自分のバイクが1番だけど、これは2番目にイイ。。。。。。なんて負け惜しみ。

待つこと約2時間、ばっちりの仕上がりです。etc1
タンデムシートをはずすと、もうそのためにあったんじゃないかというくらいのばっちりなスペースに、キレイに収まってます。
配線を通すための穴は水抜き穴を確保した上でグロメット処理されていて、まさに純正クオリティー!
フロント側は、ちょっとセンサーの処理を考えようかとも思いますが、イージケーターはばっちり。 視認性をそこなわず、さりとて目立たず。etc2
バイクにまたがると、視界におおきな変化はありません。etc4

あ、ETCカードの手配がっ!
自由の翼 | 投稿者 くぢらちゃん 22:50 | コメント(0)| トラックバック(0)

もう遊びは終わりじゃけ~macdnald'sのQuarterPounder

僕の町では、今日の朝9時からマクドナルドのクウォーターパウンダーが発売になりました。
我が家は呑気にかまえて9時20分くらいに本通り店に到着。
「なんだ、全然並んでないじゃん」と思ったら違いました。
近隣のお店の迷惑になるので、電車どおりに並ばせて数組づつ誘導しているのでした。Image881

その時点で200人くらいは並んでいたようですが、15分くらいでお店に。 くぢらちゃん家族の後ろにいたお姉さんは、一人ぼっちで並んでお友達の分まで買っていました。
Image888
店内のディスプレイもクウォーターパウンダー一色です。
この本通店では日曜日まで「クウォーターパウンダーチーズセット680円」しか売らないので、カウンター頭上のメニューもクウォーターパウンダーだけ。
ちなみに、飲み物はホットコーヒーとコーラのどちらかが選べます。

Image889
警備スタッフもお店のスタッフの方も慣れたもので、どんどんお客さんをさばいていきます。
くぢらちゃん家族がお店を出たのは9時40分くらい。
すでに並んでる列は半分以下になってました。

先着1000名には間に合ったので、背中のプリントが広島弁になってるTシャツをいただきました。
image890

ちなみに、クウォーターパウンダーというお名前は「パティが1/4ポンド(クウォーターパウンド)」だからです。
パティがどーんとはみだしてますよ。

今日の夜12時まではもれなくTシャツがいただけるそうですから、お近くに寄られる方はのぞいてみては・・・・・・。



西ヘモ東ヘモイカズ | 投稿者 くぢらちゃん 12:45 | コメント(0)| トラックバック(0)

FOSSIL SUNDAIAL 25周年モデル

3月20日を待たずにご対面できました。
fsd1.jpg

先の記事で、「もしかしたらちょっと大きい作りなんですかね?」と書きましたが、ちょっとではありませんでした。
99年ごろ発売の旧モデルが直径36ミリ、ベルト付け根幅18ミリに対して、今回のものは直径36ミリ、ベルト付け根幅24ミリです。

バンドから尾錠までも太さが変わらないので、こんなにでっかいです。
fsd4.jpgパネライにはちょっと負けるけど、存在感アリアリですよ。

サブマリーナと較べても、2回りはデカイ感じです。fsd3.jpg
指針はやわらかい樹脂製で、ぶつけて折れるようなことはなさそうです。 旧モデルのダイバー仕様?を掲載されているサイトを見ると、当時から樹脂の指針のバリエーションはあったようですね。

パッケージもがらりと変わり、時代の流れを感じます。
fsd00.jpg
昔のは3千円くらいだったけど、今回は7350円ですし。

オモシロイ物好きにはたまらない、見つけるとトクしたような気持ちになる時計の魅力は、旧モデルのままです。 この時計を腕に、春のうららかな陽だまりでのんびりな時間を感じてみるのもいいかもしれませんね。
くぢらの町では、アルパーク東館のWachさんで扱っておられます。
こちこちこっちん | 投稿者 くぢらちゃん 19:46 | コメント(0)| トラックバック(0)

MOONネック コンポーネントベース

MOONのウォルナットモデルについていたネックと、石橋楽器店オリジナル、SELVAのウォルナットボディをくっつけたベースです。mpw0

前回のフェルナンデスのビリーシーンモデルを改造したものとただの色違い。。。。。?
そっちゃってもうアキラメと思ってたネックがなんと、TwoStep長野さんのおかげでよみがえったので、ちょっと真面目にセッティングして使えるようになるようジタバタじてみました。
80年代終わり頃のMOONやSCHECTERのネック(SELVAもMOONの工場が作ってたんですよね)は不安定なものが見受けられる印象を持っていたのです。 しかし、楽器屋さんいわく「ジャズベタイプは細いからトラブルになりやすいのであって、MOONやSCHECTERがとりたてて弱いわけではないんですよ」ですって。

ヘッドのロゴは反射が強いキラキラのデカールで、オーバースプレーがないタイプです。
前の持ち主の方がおもりでもつけようとしたのか、ヘッド表面に小さなねじ穴があいています。mpw1

ボディはMOONのものに比べてエッジのRが小さく、ちょっとスクエアな印象です。
こちらも前の持ち主の方が左用として使おうとしたのか、1弦側のホーンにエンドピンのねじ穴があります。mpw2
真面目に使う気になったので、ブリッジサドルのネジも短くしています。

泉谷しげる with LOOSERのライブ映像を見てると、吉田健さんがMOONのプレベを弾いておられました。 
健さんは常にドラムのそうる透さんの脇で弾いておられるため、ほとんどスポットライトがあたりません。 ときおりキラリとMOONのロゴマークが金色に光ります。 ウォルナットボディで黒いピックガード、OPBタイプのヘッドなど、このベースに似てるのです。
結局最後までスポットライトはほとんどあたらず、ピックアップがPなのかPJなのかなどはわかりませんでした。
どなたか吉田健さんの使用ベースをご存知の方がおられたら教えてください!

プレベがきちんとセットアップできると、ど~してもフィンガーランプが付けたくなります。
けれどピックアップがひとつでピックガードがあるスタンダードなルックスのものには。。。。。似合わない気がします。
なんでか、PJだったらイケちゃうんですけども。
へんなの。
MY AXE | 投稿者 くぢらちゃん 22:53 | コメント(0)| トラックバック(0)

Fernandes ビリーシーンモデル 改?

先に紹介したビリー大先生のモデルは、ほぼストックの状態でしたが、こちらは。。。。。
bspb0.jpg
「ソッチ方向はナシだろ!」と突っ込みをいただきそうな改造ですよね(笑)
大学2年の時に地元のカワイ楽器にて購入しました。
カワイとフェルナンデスは同じ工場だったので、カワイ楽器にはフェルナンデスのカタログに載ってないモデルがよく入荷していたのです。

当時、モトリークルーやらメタリカやらを弾いていた僕には、元々付いていたフロントピックアップのありがたみがわからず、こういうことに。
外した部品を付けさえすれば、元にもどるわけですし。
bspb1.jpg
ピックガードは、関西にあった(今でもあるんですかね?)BOSSAXEというブランドのものです。
当時行きつけであったTwoStepの長野さんに「大掃除したらでてきたからあげるよ」ってことでいただいたものです。
見たとおり木でできているのですが、ボディのフロントピックアップのザグリと相まって、少しアコースティックな響きがします。
その反響のせいか、生音がちょっと大きいのです。

こんな外観だと、ぱっと見の印象はハードロックとは程遠く、フュージョンでもやりそうな(ほんとに弾けたらいいんですけど)感じですよね。
名残?っていうか、ペグの色がひとつだけ黒でないところがビリーモデルの面影を残しています。bspb2.jpg

それまではB.C.Richのワーロックのようなトンガリ形を使ってたりしましたが、年とともにちょっと落ち着いたのでしょうか。
90年代に入ると、憧れのミュージシャン達も趣味が変わったようでした。
80年代はジャクソンやシャーベルのコンコルドヘッドが流行で、サンバーストの色なんてダサイの代名詞でしたが、RATTのウォーレンはヴィンテージのストラトを使い始め、僕のカリスマNikkiSixxもDon't Go Away Madではオリジナルプレシジョンベースを弾いていましたね。

もう一つ思い出話をさせていただくと、大学のサークルに入ってたけどメンバーが揃わなかったため、近くの工業大学のサークルのメンバーと混成のバンドをやっていました。
そちらの工業大学の先輩にタツさんとおっしゃる方がおられました。
僕より10センチは背が高くて、甘いマスクでZIGGYなどのR&Rをプレイされるのですが、これがもうかっこよくて。
そのタツさんがMOONのPJベースを使っていたのを見て、ちょっと真似してみたかったのです。 ほら、MOONといえばこのテレキャスタイプのヘッドですよね。

その後、僕は音楽から離れていき、30代までベースを手にすることはありませんでした。
現役?最後の時期を一緒に過ごした思い出の相棒です。
MY AXE | 投稿者 くぢらちゃん 18:13 | コメント(0)| トラックバック(0)

Fender Japan OPB-54? ブルーフラワー

先のペイズリーのモデルと、単なる色違いのオリジナル・プレシジョンベースです。opbf1

54年モデルのOPBに、むりやりブルーフラワーのカラーリングをほどこしたという感じのモデルです。
このカラーリングを中心に考えると、70年代のテレキャスターベースの色ですから、ペグの巻きが逆だ、とかヘッドのロゴが違うとかかなり本気度の低いコピーモデルってことに。。。。(笑)

ペイズリー同様に透明なピックガードが付いていて、カラーリングを生かす仕様になっています。
opbff2
これまたペイズリーモデル同様に下地はギラギラのスパークルシルバーです。
opbff3
なんだか、携帯の待ち受けにしてもいいくらいのポップさです。
はてさて、どんな曲に使うのが良いのでしょ~か!

このベースは、2005年ごろに手に入れたのですが、その頃は投売り状態でした。
定価はそれなりにしたのでしょうけども、新品なのに3万8千円だかで某オークションに売りに出ていました。 東北の楽器屋さんで、複数本在庫がある状態であったと記憶しています。
それが数ヶ月間売残っていて、「こりゃ僕が買わなきゃ」、、、、なんちゃって。
いかんいかん、買ってばかりいないで弾かなきゃ。

MY AXE | 投稿者 くぢらちゃん 22:37 | コメント(0)| トラックバック(0)
<<  2009年 3月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
ホビダス[趣味の総合サイト]
〇Getta Grip 9910 Long Engineer ゲッタグリップ ロングエンジニア【102/202-33vdfdp】

〇Getta Grip 9910 Long Engineer ゲッタグリップ ロングエンジニア【102/202-33vdfdp】